« Dominostein (ドミノシュタイン) | トップページ | DDR(旧東独)の食器 »

2006年4月19日 (水)

HARIBO

P1010026_1

今から20年以上前、ホームステイしたドイツ人のファミリーから Gummibaerchen をいただきました。初めて口にした感想は「???何だコレ?」 今でこそ、日本でも「グミ」は一般的になりましたが、その当時はまだ知られていませんでした。ゼリービーンズとも違うし、セロファンとオブラートに包まれた日本の極甘ゼリーとも違うし…。しかしその不思議な食感に病みつきとなりました。その後、ちょくちょくKaufhof のGummi 売り場(様々な形のGummi がむき出しで量り売りされています。乾燥しているドイツならでは。)で様々な味や色のGummi を買っていました。

このGummi、例の「Made in Germany」の本によると、「最初のGummibaerchen が日の目を浴びたのは、1921年のこと」とあります。製造したのが、その前年に設立されたHARIBO 社。創始者の名前と地名・・・Hans Riegel Bonn から名づけられたそうです。ちなみにこのリーゲル家のハンス君は、学校を卒業してから「Bonbonkocher(飴職人ということでしょうか?Bonbon をKochen して作るってちょっとヘン。白飴を煮詰めるからかな。)」としての職業訓練を受けた、とHaribo のホームページに書いてあります。

最初は「Tanzbaer」として売り出したそうです。当初からクマの形をしていたんですね。

昔、ドイツのTVコマーシャルで「♪Haribo macht Kinder froh und Erwachsene ebenso♪」という歌がよく流れていましたが、今でも変わらないのでしょうか・・・。Haribo 社のホームページによると、このキャッチコピーは1930年代の半ばに作られたとか。最初はfroh までの部分だけ。1960年代半ばに後半のund Erwachsene ebenso が加えられたそうな。

Gummibaerchen はドイツ人なら誰でも知っているお菓子です。映画「Das Experiment (邦題:「es 」(エス))で、囚人役の被験者たちが調子に乗って騒ぐシーンで、一人が「Gummibaerchen をよこせ!」と言います。それ以外にも、Gummibaerchen はドイツの映画で随所にさりげなーく出てきます。

|
|

« Dominostein (ドミノシュタイン) | トップページ | DDR(旧東独)の食器 »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

こうやって見るとおなじみのグミベアもとってもかわいいですね!
グミって不思議な感触ですが(ドイツ語ではグミ=ゴムですよね)慣れると不思議に嬉しいかもしれません。

投稿: Papagena | 2006年4月26日 (水) 15時10分

Papagena さん、ありがとうございます~♪ 実はこの写真、「カワイイ・・・」と密かに自画自賛しておりました。今でこそグミって誰でも知っているお菓子ですが、当時はビックリしました。私的には桃の形をしたグミがお気に入りです。輸入食材などを扱っているお店に行くと、いつも買うんです。

投稿: ありちゅん | 2006年4月26日 (水) 17時03分

ハリボは・・・私も会社の席に常備してます。
ついつい後を引くのであっという間に食べ終えてしまいますが、これって結構カロリー高いから危険なんですよ(笑)

投稿: Augenstern | 2006年4月28日 (金) 12時23分

げげっ これ、カロリー高いんですか?知らなかった!ついクチャクチャぱくぱく食べてしまって・・・。「固いため、あごを使うから体にいい」って聞いたんですが。さらには「ゼラチンが多く含まれ、コラーゲンでお肌ぴちぴち」という説もあるんですが・・・。

投稿: ありちゅん | 2006年4月28日 (金) 13時00分

ベルリンでハリボーを買って、次の週に喜び勇んでゲーテで配ろうとしたら、2人の人に「いらん!」と冷たく断られたので、その後、人にあげるのはやめました。トラウマかも(T_T)。。

投稿: Papagena | 2006年4月28日 (金) 22時58分

へ?この味を理解するのは難しいのかしら。「おみやげ」で思い出しましたが、昔 勤めていたドイツ系企業で、ドイツへ一時帰国したドイツ人の同僚が、みんなのお土産にHARIBO 1袋だけ買ってきてくれました。(ひとり1袋じゃなくて、40名で1袋。)で、私に「コレ、みんなに配って。いいの、いいの、遠慮しなくても」と言うんです。で、Gummibaerchen をひとり1~2個くらいずつ、社員全員に私が配って歩きました。普通、同僚へのお土産は温泉饅頭とかモーツァルトクーゲルとか、もちっと大きめなんですが・・・

投稿: ありちゅん | 2006年4月28日 (金) 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dominostein (ドミノシュタイン) | トップページ | DDR(旧東独)の食器 »