« 美味しいHPのご紹介 | トップページ | Saure Gurken (塩漬けきゅうり) »

2006年5月29日 (月)

Gewürzgurken (酢漬けキュウリ)

すみません、食べかけの写真なんか載せちゃって・・・

P5280014

P5280013

Gewürzegurken (酢漬けキュウリ、ピクルス)。

ドイツオリジナルの物ではないと思いますが、向こうの方はよく召し上がるので、載せちゃいました。ちなみに、これはドイツ製です。

ピクルスについては思い出が…。(また思い出話です・・・恐縮ですが)昔、デュッセルドルフに住んでいた頃、私はバスと市電で通勤しておりました。家の近所のバス停では、毎朝近所の小学生何人かと一緒になりました。彼らの手にはビニール袋が。中身は、ピクルス(丸のまま)、Möhren(細めのニンジン。生です。)、そしてハムかチーズをはさんだ黒パンでした。

ドイツの小学校って、午前中だけなんですよね、確か。で、午前中に軽食を食べる時間があるそうなんです。そのためにちょっとしたものを持っていくわけなのですが、近所の子供たちは判で押したように、同じ「お弁当」を持っていました。今はどうなんでしょ?友人のお子さんは今でも午前中で帰るみたいですが、お弁当の中身までは聞かなかったなぁ・・・ドイツ在住の方がもしこれを読んでくださっていたら、教えてくださいね。今はもっとゴーカなのかな。)

毎朝会う子供たちの一人にNikolas (ニコラス)君という子がいて、とても人懐っこいんです。で、私によく話しかけてくれるんですが、大人と違って 外国人向けにゆっくり話す、といったことはしないので、早口+舌足らず+子供言葉+流行語=意味不明。半分も分からなかったのです・・・なぜか彼はいつも、Onkel Benjamin sagt,... (ベンヤミンおじさんが言ったんだけどね・・・) Onkel Benjamin ist...(ベンヤミンおじさんってね・・・)と話してくれるのです。これも意味不明。あの「ベンヤミンおじさん」って誰だったんだろう・・・

そうだ!明日にも近所のスーパーへ行って、ドイツの黒パンを買ってこよっと。(輸入した黒パンが売ってます)それにサラミをはさみ、このピクルスとニンジンで、彼らのお弁当を再現してみます~~~~

|
|

« 美味しいHPのご紹介 | トップページ | Saure Gurken (塩漬けきゅうり) »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

あかん、完全にありちゅんさんのブログの中毒になってます。これ書いたら仕事します。
私がドイツにいたのは5年前ですが、ドイツ人の子供たちの朝のおやつは丸ごとトマト、丸ごと人参、パンにAnanas Kaese(綴りは自信ない)をはさんだものを持ってきててドイツの子はほぼ同じでした。
私はいつもおにぎりとGuten Morgenって書いてたヤクルトを持たせてやりました。Realというスーパーでこのヤクルトを見つけたときは感動しました!
ただドイツの子たちは家では甘い物を禁じられていたので彼らが家に来ると甘い物を催促されました。
私のほかにも他の外国人のお母さんも同じような状況だったようでちょっと困りました。
酢漬けのきゅうりは私もたまーに買って、マッシュポテトとハムをそえて食べたりしますよ。私のお気に入りはSchaf Kaeseだったんですけど日本にはないみたいです。

投稿: みみ | 2006年5月29日 (月) 09時52分

みみさ~ん、コメントありがとうございます!!ドイツのこんなオタク話で盛り上がれるなんて、本当にうれしいです。そっかー トマトもあるんですね。書いた後に思い出しましたが、青くて小さなリンゴも よくビニール袋に入ってました。庭で採れたりするんですよね。Schafkaese って、ギリシア料理屋さんとかでよく出てきませんでした?ドイツに多いですよね、ギリシア料理屋さんとか トルコ料理屋さんとか。ヤクルトまで売ってたんですかー 驚き(@o@)! フランスに遊びに行ったとき、食事に「紀文のカニかま」が出てきてビックリしました。「これ、日本のよ~」と言ったら、知らなかったみたいで、「これ?これはカニのテリーヌよ」といわれました。確かにテリーヌといわれれば、味は似てなくもない・・・ みみさん、また遊びにいらしてくださいね。

投稿: ありちゅん | 2006年5月29日 (月) 10時43分

そうそう、SchafkaeseはスーパーのKasse近くにあった惣菜屋?みたいなとこにあり、たしかギリシャのサラダと書いてありました。あとドイツの小さな青いりんご。なつかし~い。あのちょっとすっぱくて変なものがはいってない自然のままのりんごが懐かしい。
日本のリンゴってやたら甘くありません?まあ私はどっちもすきですけど。
しっかしこんなマイナーな話題を理解していただけるなんてありちゅんさんがはじめてでとてもうれしいです。フランスでは紀文のかにかままで売っていたんですね。さすが食の国、フランス。デュッセルはよくメロンパンとか日本食を買いに週末に行きましたよ。
ほんで日系ホテルでドイツにはない氷の入ったアイスコーヒーを飲んでました。

投稿: みみ | 2006年5月29日 (月) 18時54分

みみさ~ん、コメントありがとうございます。デュッセルまでいらしたんですね。日系のホテルって、ホテルNikko ですよね。お買い物をなさったのは日本館でしょうか?メロンパンまで売ってたんですか!それってOststrasse のパン屋さんですか?そこは私がいた頃、アンパンを売り始めたんです。それが日本人に好評で、そのうちアンドーナツも売り始めました。それを見たドイツ人が、「アン入りベルリーナ」と命名。(ベルリーナってご存知ですか?ジャムの入った揚げパンです)わーい 懐かしい!ドイツの青いりんごも美味しいですよね。でも、あれでジャムを作ろうとすると、溶けてしまいますよね。しゃきしゃきっとはならないんです。。。みみさん、またマイナーな話題で一緒に盛り上がってくださいね。

投稿: ありちゅん | 2006年5月29日 (月) 21時44分

 まともに料理の出来ない私は食べる物には苦労しました。
 1989年当時ハイデルベルクに住んでいて、あるスーパーでモヤシを見つけたのですよね。それで、学生寮のキッチンでバター炒めにしてコショウをかけて食べていました。そこへポーランドからきていた学生が何をたべているのとそれを試食して、それから時々彼がモヤシを食べているのを見かけました。
 あと、どうしても納豆が食べたくなって、納豆を手に入れるためだけにハイデルベルクからフランクフルトの日本食材店まで行ったことがあります。
 アンパンを食べたくなったこともありましたが、それは手に入れることができなかった。ところが、その頃知り合ったドイツ人が日本に遊びに来て、アンパンにはまって2週間の日本旅行の行く先々でアンパンを食べまくっていた。絵描き屋

投稿: 絵描き屋 Yoshimi | 2006年5月30日 (火) 00時23分

絵描き屋 Yoshimi さん、ご来訪ありがとうございます!さらには詳しいコメントもいただきまして、感謝です。今じゃドイツのあちこちで日本の食材が手に入るみたいですが、当時は日本人が多く進出している大都市じゃないと手に入らなかったですよね。私が住んでいたところはデュッセルドルフでしたので、お金さえ払えばなんでも手に入りました。でも、私は初任給で生活するビンボーだったため、高い日本の食材なんて夢また夢・・・。ドイツで安く暮らすには、ドイツ食を食べるのが一番ですよね。ですので、来る日も来る日も黒パンを食べておりました・・・。一番食べたかったのは、おすしでした(おすし屋さんもあったけど、とにかく高かったです)ドイツ人のお知り合いがアンパンにハマったなんて、面白いですね。安いし、おなかがいっぱいになりますし。絵描き屋 Yoshimi さん、これからもよろしければ、また遊びにいらしてくださいね。私もお邪魔いたします。

投稿: ありちゅん | 2006年5月30日 (火) 06時54分

このピクルス、昨日買いました。新浦安駅のショッピングモールにある「成城石井」というスーパー(?)で。おいしかったですよ。夜、ビールをのみながらポリポリ食べました。ウマー。

投稿: なすび | 2006年7月18日 (火) 12時50分

なすびさん、新浦安駅にも成城石井が入っているんですね。おっしゃれ~!これと同じメーカーでした?私は是非、塩漬けですっぱくなったほうのキューリも食べてみたいなーと思っているのですが、塩漬けのほうはなかなか売っていません。

投稿: ありちゅん | 2006年7月18日 (火) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しいHPのご紹介 | トップページ | Saure Gurken (塩漬けきゅうり) »