« Saure Gurken (塩漬けきゅうり) | トップページ | オーザック ドイツ味 »

2006年5月29日 (月)

Sauregurkenzeit (塩漬けキュウリの時期)=夏枯れの時期

酢漬けキューリ塩漬けキューリに続くキューリ話3連発です!

調べていたところ、Sauregurkenzeit なる言葉に遭遇。直訳しますと、「塩漬けキュウリの時期」になります。商売や政治などの夏枯れ時を指すそうです。ちょうどキューリを漬ける頃に重なるからだそうで。なお、独和辞典では、「酢漬けキュウリを漬ける時期云々」という説明が出ていましたが、正しくは「酢漬けキュウリ」ではなく「発酵して酸っぱくなるまで塩に漬けたキュウリ」ですよね。

そういえば、Sauerkraut (ザウアークラウト)も、「酢漬けキャベツ」という訳を見かけることがありますが、正しくは「塩漬けの結果、発酵して酸っぱくなったキャベツ」ですよね。

|
|

« Saure Gurken (塩漬けきゅうり) | トップページ | オーザック ドイツ味 »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

Sauergurkeは、大好物です♪
一番好きなのは、やはりSpreewaldgurkenですよ。
地元ですから(笑) こぶりのキュウリのものは、太めのより、歯ごたえがよくて、いくらでも食べられてしまいます。
Spreewaldにいった時、樽を並べて売っていて、一本から買えるんです。美味しかった〜

投稿: kio | 2006年6月 1日 (木) 16時27分

私ったら、バカなことに、Sauergurkeと Gewuerzegurkeの区別がついていませんでした。惜しいことをした・・・もっと味わって食べていればよかった!Gewuertzegurkenは日本でも簡単に手に入りますが、Sauergurke は、まだ見たことないなぁ・・・Sauerkraut は、近所のスーパーでも売ってるんですが。Spreewaldgurkgen って、グッバイ、レーニンに出てきませんでしたっけ?

投稿: ありちゅん | 2006年6月 1日 (木) 17時18分

そうそう、グッバイレーニンにでてきたものですよ♪
ブリュール君が、ゴミ箱あさって瓶を探してた、アレです。
映画公開前にはすみっこにあって、探すのも大変だったけれど、映画の公開以降、ぐーんと売り上げがアップしたのか、
棚の真ん中に他のブランドを大幅にしのぐ大きさで、鎮座しています。でも、確かに他のより、歯ごたえが良いんですよ。
ぽりぽりっと。
名前は、色々です。
辛子の粒が入ってるのとか、タマネギ入りとか、小ぶりのもの、確か、ハンガリー風、とかもあったはず。色々試して、
こぶりの、Spreewaldにおちついています。

投稿: kio | 2006年6月 2日 (金) 05時15分

いいなぁ・・・憧れのSpreewaldgurken。・・・と、夢は膨らむのであった。きっと原料のキュウリが美味しいんでしょうね。あと、漬けるのに使うSalzwasser と、加える香辛料が秘伝なのかも。代々伝わる秘伝の漬け汁だったりして。日本のお漬物でも、おいしい店とおいしくないお店がありますもんね。あぁ、食べたい!

投稿: ありちゅん | 2006年6月 2日 (金) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Saure Gurken (塩漬けきゅうり) | トップページ | オーザック ドイツ味 »