« 調理用語 (1/5) | トップページ | 調理用語 (2/5) »

2006年5月18日 (木)

Schinken (ハム)

ここのところ、食べ物の話ばかり。もうすぐドイツ映画祭ですので、また映画の話も盛り込みたいな~と思っているのですが、食欲には勝てず。これを書いたら、次の作品のハコ書き作業に入ります。

****************************************

近所のドイツ・ソーセージ屋さんでは、ハムも売っています。かなり本場に近い味のような気がします。下のハムは、Jagdwurst(ヤークトヴルスト、左) と Bierschinken (ビアーシンケン、右)。

P5030052

この2種類は有名ですよね。で、例によって キッチン辞典で定義を調べてみました。

Jagdwurst : Brühwurst aus Rind- oder Kalbfleisch sowie durchwachsenem Schweinefleisch, geräuchert und gebrüht. (牛肉または子牛肉、そして豚のバラ肉で作られたソーセージ。燻製し、茹でて加熱してあるもの。)

Biershinken:Brühwurst aus feingemahlenem Rind- und Kalbfleisch, grobgeschnittenem Schweine- und Kalbfleisch sowie Speck, geräuchert und gebrüht.(細かく挽いた牛肉と子牛肉、荒く刻んだ豚肉と子牛肉、そして脂身を加えたソーセージ。燻製し、茹でて加熱してあるもの。)

・・・どう違うんだ? 私の印象では、ビアーヴルストのほうが木目が細かい・・・といいますか、細かい肉や脂がモザイク状になっているように思います。で、ヤークトヴルストのほうが目が粗いと言いますか・・・そのう・・あのう・・・(言葉に詰まった!)このソーセージ屋さんのハムは、かなり本場の物に近いと思うのですが、いかがでしょ?

今のドイツでも同じ製法が守られていると思うのですが、ドイツにお住まいの方、万が一私が間違ったことを書いておりましたら、そ~~~っと(笑)教えてくださいね。こっそり直しちゃいます。

|
|

« 調理用語 (1/5) | トップページ | 調理用語 (2/5) »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

「レシピのドイツ語」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。キッチン辞典いいですねー。
料理大好きです(主にお菓子ですが)。
よく語学の勉強に辞書を読むといいって言いますけどそういう辞書ならおもしろそうですね!

投稿: チキ | 2006年5月18日 (木) 15時18分

ブログからソーセージやハムが出てきたらいいのに。。(拙俗呆第二式)!
おなかすいてきました。これからスウェーデンミートボールを「加熱」しまあす。

投稿: Papagena | 2006年5月18日 (木) 18時02分

チキさん、コメントありがとうございます!キッチン辞典、面白いですよ。これ以外にも結構 料理本を買い集めたのですが、当時はよく読みフケっていました。もう10年くらい、本棚に入れっぱなしでしたが、今回ひさしぶりに引っ張り出しました。読み返してみると、やっぱり面白いです。実はイタリア語とかフランス語の料理本もあります。読めないのですが、写真を見ていると楽しいので。

投稿: ありちゅん | 2006年5月18日 (木) 21時15分

踊る阿呆に拙俗呆~♪ ところがですねー どうもうまく写真が撮れないのが悩みです。Papagena さんみたいに撮るのってコツが要るのかな~ フラッシュをたくと反射しちゃうし、たかないと このハムの写真みたいに暗くなってしまうし。難しいですよね。あと、構図も私はどうもヘタクソ・・・

投稿: ありちゅん | 2006年5月18日 (木) 21時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 調理用語 (1/5) | トップページ | 調理用語 (2/5) »