« エルツ山地の人形たち | トップページ | Reichssicherheitsdienst って? »

2006年6月 9日 (金)

Ersatzkaffee (代用コーヒー)

昨日、東ドイツの代用コーヒーについて触れました。なすびさんが「コーヒー豆の代用品って何でしょう?」とコメントしてくださったのですが、私もよく知りませんでした。

で、検索してみたところ・・・

・・・出てくる、出てくる。代用コーヒーは戦時中によく飲まれたそうですが、外貨が乏しかった東ドイツでは、最近まで飲まれていました。

ドイツ語の記事ですが

Muckefuck (『ムッケフック』と読んでよいものかどうか・・・。フランス語のMocca faux (コーヒーもどき?)が なまったという説もあるそうです。主な材料は:

・チコリの根っこを乾燥させ、砕いてローストしたもの
・大麦や小麦、小麦胚芽(モルト)、どんぐり(!)、ブナの実(!!)などの穀類をローストしたもの

これらから代用コーヒーは作られるそうです。でもまずそう・・・。チコリの根っこって、苦い味がするそうです。それがコーヒーに似ているということから、代用品に使われるとか。そういえば昔、「チコリのコーヒー」という言葉が映画に出てきました。カフェインが含まれていないから体にはいいでしょうけど・・・。コーヒーなしでは生きられない私にとって、代用コーヒーで我慢するのはツラいかも。

>なすびさん
 「麦芽コーヒー」って、まさにこの「ムッケフック」でしょうね。昔の人は上記の穀類以外にも、いろいろな植物や木の実で試したみたいなのですが、結局上の材料に落ち着いたみたいです・・・。

P1010023

チェコやポーランドの国境にも近い、Oberlausitz (オーバーラウズィッツ)という地方にある Kannegiesser (カンネギーサー)社の陶器。昔ながらの伝統的な柄です。ラウズィッツ地方には、ソルブ人というスラブ系民族が住んでいます。

カンネギーサー社のHPよ♪

いきなりカップの写真なんて載せてしまいました。唐突ですがコーヒーとカップは切り離せないですもんね。

|
|

« エルツ山地の人形たち | トップページ | Reichssicherheitsdienst って? »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん>>
代用、ではありませんが、
最近のヘルシーブームで、ノン・カフェインのカロカフェ、ってのもよく飲まれています。これは大麦なので、世が世なら、代用カフェってことですよね。
美味しい店なら、そこそこイケます。それに豆乳でカプチーノとか飲んでいるのをみると、『なぜそこまでしてコーヒーが飲みたいのか』と聞きたくなりますが。
飲むなら、美味しいカプチーノが飲みたい!ベルリンにはちなみに、ヨーロッパのバリスタコンテストで一位の人がやってるカフェがあります。自転車で30分くらいのところなんですが、時々、行ってしまいます。。。
お仕事、お疲れさまです。頑張って下さいね〜〜!

投稿: kio | 2006年6月 9日 (金) 04時27分

kio さん、コメントありがとうございます。カロって、もとは代用コーヒーだったらしいです。で、発想を変えて、「ヘルシー」を前面に打ち出すようになったとか。でもね、私もkio さんと同じく、そこまでして飲むか~?と思ってしまいます。一日3杯を1杯に減らして美味しいコーヒーを飲んだほうがいいような気が・・・。ところでドイツでも豆乳って飲まれるんね。私が日本に帰る頃(18年前!)ぼちぼちトーフが店頭で見られるようになったんですが・・・。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 9日 (金) 07時11分

ありちゅんさんとかは、もしかしてドイツに駐在されてたんですか。
私は駐在も留学もなく、独文でもないのにドイツ語やってます。やっぱり時間がかかるのは仕方ないのかな。

投稿: Papagena | 2006年6月 9日 (金) 08時21分

>ありちゅんさんとかは

「ありちゅんさんは」
すみません、筆がすべって何やら失礼な書き方になってしまいました。お詫びいたします。

投稿: Papagena | 2006年6月 9日 (金) 08時22分

わたしの何気ない書き込みから、わざわざ詳しく調べてくださり、大変恐縮です。どうもありがとうございました。どんぐり、は聞いたことあるような気がします。しかしどれも、まずそうですね。
麦茶も代用コーヒー(アメリカン?)だったのですね。ということは、私も代用コーヒーの愛好者です。今度から代用コーヒーと呼ぶことにしよう。しかし誰も理解してくれんだろうな・・・・。

投稿: なすび | 2006年6月 9日 (金) 09時31分

駐在というより、現地雇いという形で邦銀のドイツ支店に勤めてました。大学卒業してすぐです。この2年は大きかったと思いますが、大学でドイツ語を専攻したのは、ドイツ語勉強の導入にしかなりませんでした。ただね、今はZDFだって聞けちゃうし、安くドイツへ旅行できちゃうし、必ずしもドイツ滞在経験が必要ではないかも。私の友人で、通訳としてバリバリに活躍している人は、日本で勉強して通訳になりました。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 9日 (金) 13時20分

なすびさん、コメントありがとうございます。いえいえ、なすびさんが聞いてくださって、私も「そう言えば、なんでできてるんだろ・・・」と思い、調べたというわけです。調べるったって、検索かけただけですので5分で終わり。便利な世の中ですよね。記事に「なすびさん」なんて書いちゃって、お気を遣わせてしまい、すみませんでした。ところでさきほど、Papagena さんのブログでヨコから割り込んでしまいました。話していらした本って、私がさきほどUPしたものと同じでしょうか?内容が違うのかな。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 9日 (金) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エルツ山地の人形たち | トップページ | Reichssicherheitsdienst って? »