« 版画 | トップページ | Holunder (ホルンダー) »

2006年6月 7日 (水)

瓶詰め

ドイツの人たちは昔、冬に備えるために夏場~秋に採れた野菜をビン詰めにして保存していたそうです。(ドイツに限りませんが・・・フランスだってイギリスだって きっと同じですよね。)もちろん、今でも昔と変わらず保存食品を作っている家庭も多いかもしれません。私が学生の頃お世話になったご家庭は、今もせっせとビン詰めを作っているみたいです。材料はすべて、庭で取れた野菜や果物。これって、とても豊かなことですよね。今、思いついたものだけでも、

ジャム多種類:Erdbeeren(イチゴ)、Himbeeren(ラズベリー)、Brombeeren(ブラックベリー)、Johannisbeeren (これ、ナンだろ?辞書ですと、「スグリ」と出てますが。赤くてきれいな実です。鳥とかが好きそうな。)、Rhabarber (ルバーブ)、Apfelmus (リンゴのビューレ)

ジュース:Johannisbeersaft(スグリの果汁)、Holundersaft (Holunderってナンだろ?辞書で引くと「ニワトコ」って出てますが。赤黒い果汁でした。) 砂糖を加えて煮出して、煮沸したビンに詰めるみたいです。ジャムみたいに煮詰めず液体のままです。これらをSprudelwasser (炭酸水)で割って飲むと絶品。

野菜の水煮grüne Bohnen(インゲン)、Möhren(ニンジン)、Erbsen(グリンピース)(くたくたに似てあったので、日本人の口にはちょっと合いにくいかも。)

野菜の酢漬け:ピクルスの素を買ってきて、様々な野菜を水と一緒にさっと一煮立ちさせてビン詰めに。

**********************************************

Vater が庭から採ってきて、Mutter がキッチンで下ごしらえ。煮たり、ビンに詰めたり、煮沸したりする作業は2人で行っていました。なにしろ、量が半端じゃないので。

もっとも、今じゃ冬場でも新鮮な野菜や果物が手に入りますし、様々なビン詰めやカン詰めがスーパーで手に入りますので、今はもっぱら趣味で作っているみたいです。

手作りが一番美味しいのですが、残念ながら私はなかなか作れないので、市販のもの↓を買って、楽しんでいます。

P6040015

P6050020 

入っているのは、キュウリ、赤ピーマン(パプリカ)、カリフラワー、小さなタマネギ、ヤングコーン、そしてニンジン。ワインビネガーに漬けてあります。珍しいものではありませんが・・・

|
|

« 版画 | トップページ | Holunder (ホルンダー) »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

漬物がないと生きていけないなすびは、ピクルスやザワークラウトも好きです。近所のコンビニで置いてくれたらいいのになといつも思っています。
近所のブライトンホテルで、6/1からドイツフェアをやっていることを知りました。ビールとワインが飲めます。今度行こうかな。

投稿: なすび | 2006年6月 7日 (水) 09時59分

ありちゅんさん
キューネはフライドオニオンをときどき使ってます!
なすびさん
ブライトンも成城石井もドイツフェアをやっていたような気がします。オリエンタルも夜、いつまでかわすれましたが、デザートにシュヴァルツヴァルト(黒い森)のさくらんぼケーキが!(ローカルですみません)

WMは金曜日からでしたね。便乗商品をチェックしなくちゃ!

投稿: Papagena | 2006年6月 7日 (水) 10時30分

私もキューネのフライドオニオンは大好きでドイツのEuro Sparというスーパーのフライドオニオンを買い占めてました!私のおすすめは紅茶のティーパックくらいの大きさで、イタリアン味とかフランス味とかいろんなタイプの味がある粉末のドレッシングの粉です。キューネ製品だったと思う。オリーブオイル、水で溶いてドレッシングを作るんだけどお好みでごま油としょうゆをまぜると和風味になっておいしかったですよ。

投稿: みみ | 2006年6月 7日 (水) 17時46分

なすびさん、コメントありがとうございます!お漬物がお好きなんですね。私も和洋を問わず、漬けたモノは好きです。和風の酢漬けも美味しいですよね。ふと思ったんですが、Uボートの特典で、パンにカビが生えるシーンを再現するため、本物のカビを生やした、といったくだりがなかったでしたっけ?瓶詰めなんかも積んでいったんでしょうか?重いかな。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 7日 (水) 20時49分

Papagenaさん、コメント感謝です。ふふふ、WM準備、抜かりはないワヨ!ってウソですが。便乗商品探しは楽しいです。今日は、Katjes のグミを4種類も買ってしまいました。こんなにグミばっかり買ってどうする~。そのうちUPしまーす。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 7日 (水) 20時51分

みみさん、キューネの丸秘ドレッシングの作り方、教えていただきありがとうございました。ドイツの調理材料もいろんなものがありますよね。キューネのフライドオニオンって、茶色になって乾いたたまねぎが入っているやつでしょうか?時々売ってますよね。気になってはいたものの、買ったことないんですが、何に入れると美味しいんですか?

投稿: ありちゅん | 2006年6月 7日 (水) 20時53分

ありちゅんさん、
フライドオニオンは多分書いておられるやつで、たまねぎがカリカリになってるやつです。ドイツ語でローストツビーベルンって書いてます。普通のサラダのトッピングにつかうとサラダがおいしくなります。冷奴でもいいと思いますよ。ドレッシングの粉は日本では売ってないんじゃないでしょうか?見たことないです。キューネの商品一覧とかのページにもなかったです。

投稿: みみ | 2006年6月 7日 (水) 22時54分

ありちゅんさん、どうもです。
Uボートでパンにカビが生えるシーンは、本物のかびだと信じて疑わなかったです。次席仕官(マルティン・ゼメルロッゲ。童顔の憎めない人柄を好演してましたね)がカビている部分をナイフで削り落としながら、「これも美しい花だ」とか言っているシーンも、大好きです。

投稿: なすび | 2006年6月 8日 (木) 09時50分

ありちゅんさん、特典映像、今度見直してみます。
Uボートに瓶詰めが積み込まれていたかどうかは、どうなんでしょうね。重さは問題にはならないと思いますが、衝撃で割れたりするほうが問題なので、通常は缶詰が基本のような気がします。でも敵船を撃沈したときの祝杯用に、ビールやワインを積んだ例もあるので、まったくないとは言い切れないかも。U96のサイトで質問してみようかな。

投稿: なすび | 2006年6月 8日 (木) 12時16分

みみさん、コメント遅くなってしまってすみません。Rostzwiebeln ってヤツですよね!私が思ってたのと同じだと思います。でも試したことがなかったんです。どうやって食べていいか、分からなかったので・・・。今度トライしてみよっと。家でタマネギをあめ色になるまで炒めたりするの、タイヘンなんですよね。あれなら楽ちんかも。ありがとうございました。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 8日 (木) 17時57分

なすびさん、コメントありがとうございます。その後、「魔女の一撃」から立ち直れましたでしょうか?お大事になさってください。私も今度、Uボートの特典を見てみます。あ、本編でもいいんですよね。カビの生えたパンを削っているシーン、私も覚えています。あの中って、汗だとかカビだとか体臭だとかが混じって、くさかったでしょうね・・・。それから「ぴーーーん ぴーーーーん」という音、「ギシギシギシ・・・」という音とともに耳に残りますよね。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 8日 (木) 18時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 版画 | トップページ | Holunder (ホルンダー) »