« 祝 ドイツ2勝目 | トップページ | GEISHA »

2006年6月17日 (土)

ハリボとアリボ

皆様、もう飽きてしまわれたでしょうか。またまたグミの話です。ワールドカップ・フェアの売れ残り(?)か、ハリボのグミがワゴンに残っていました。

P6090032

P6160004

気持ち悪いですね~ 寄生虫みたい。長さは10センチくらいあります。味はクマのグミと同じでした。ただし、合成着色料を使っているので、しょっちゅうは食べたくないですね。

P6090036

P6130002

表がイチゴ、裏がミルク。イチゴ味のかき氷に練乳をかけた味です。世界的な味だったんですね、あのイチゴミルクって。

私はてっきり、イチゴのハリボもドイツ製だと思っていたのです。ところが袋をよく見ると、スペイン語・・・!Made in Spain になっていました。いまやハリボは世界的な企業なんですね。そこでふと思ったのは、スペインの人たちは HARIBO を「アリボ」と読むんじゃないかということ。どうなんでしょうか?

|
|

« 祝 ドイツ2勝目 | トップページ | GEISHA »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

このグミはちょっとキモイですね・・・・。以前釣り道具の店をのぞいたとき、擬餌にこんなのがありました。ムカデだかゴカイだかに似せたものでしたが、それを彷彿させます。なすびは足が多い生き物が大嫌いなので(足のない生き物-ヘビ-も嫌いだ!)、見た瞬間、全身に鳥肌が立ってしまいましたよ。そのときを思い出してしまいました。ひえぇ・・・・。

投稿: なすび | 2006年6月17日 (土) 05時31分

うわー、気持ち悪いですぅ♪目黒寄生虫館(未見、一度行ってみたい)を思い出しました。よくめしあがりましたねーーー☆彡

投稿: Papagena | 2006年6月17日 (土) 09時05分

WUMMISはWurm+Gummisの複合語でしょうか。ドイツ語おそるべし!

投稿: Papagena | 2006年6月17日 (土) 09時06分

なすびさん、「クロイロコウガイビル」って蛭をご存知ですか?じめじめしたところにいるんです。昔、実家でソファが壊れてしまったため、廃品回収に出そうと庭先に出しておいたんです。そのうち雨が降り、木がじめじめしてきました。そしたら、このグミを黒くぬめぬめさせたようなヒルが・・・!あの気持ち悪さ、たとえようもないくらいです。「クロイロコウガイビル」で検索してみてね(無理にとは言いませんが)先日も子供と検索したら、写真がいっぱい出てきました。密かに有名なんですね、このヒル。あれを彷彿とさせます。ちなみに私も虫の足は6本でないと耐えられません。それより少なくても、多くてもイヤ。

投稿: ありちゅん | 2006年6月17日 (土) 10時38分

Papagenaさん、目黒寄生虫館、私も気になっていました。寄生虫の形をした銀色のキーホルダーがカップルに人気なんですって。確か、メスとオスの仲がいい寄生虫じゃなかったっけ・・。あれ目当てに行く人もいるとかいないとか。Wummis はWurm とGummiの合体型、それが複数になったものでしょうね。ストレートでかえっていいかも。男の子向けでしょうね。あごの鍛錬にいいです。

投稿: ありちゅん | 2006年6月17日 (土) 10時40分

ありちゅんさんって「グミおたく」ですね。カテゴリー追加でグミって作って下さいよ(笑)
そのグミを食べる勇気はありません。ほんとにそれで魚釣れるかもしれませんよ。

投稿: みみ | 2006年6月17日 (土) 10時57分

みみさん、コメントありがとうございます~。ホント、「グミおたく」なのでございます。でもね、昔を懐かしんでたまに食べるくらいならいいんですけど、こうしょっちゅうだと さすがに飽きてきました。子供たちも食べません・・・。しばらく買うのはやめておこうっと。グミにこんなに惹かれるのは、初めて見たときのショーゲキが忘れられないからです。今でこそ日本でも様々なグミが売っていますが、20年くらい前はこういうのってなかったですよね。でもね、正直な話、日本のグミのほうが美味しいかも。味がナチュラルだと思います。

投稿: ありちゅん | 2006年6月17日 (土) 11時42分

ありちゅんさんのばかー!!!!(涙)(笑)
怖いもの見たさで検索しちゃったじゃないかー!!。
一瞬で消しましたけど、夢に出たらどうしよう。(泣いてしまうかもしれん)

投稿: なすび | 2006年6月17日 (土) 12時50分

グロ系グミは、大きいし、味も似てるしで、
買うのは楽しいんですが(笑)イマイチですよね。
HARIBOは、スペイン、イタリア、イギリス、オーストリア、オランダでも、ちょっとずつ違う種類を出しています。(他の国は行った事ないのでわかりません)
スペインは、マシュマロがついているのが多かったような。各国人、好みにあわせてHARIBOも開発しているのでしょうね。ドイツではイチゴミルク、みかけません。
オランダはラクリッツが多いんですよねー。
イギリスでは、やはり、イングリッシュ・ワイングミでした♪後は、ジェリー・ベイビーズという、オリジナルものもあって、それはHARIBOが真似して、似たものを出しています。イギリスグミレポート2
に写真をアップしているのでよろしければ・・☆
グログミもまとめたことがあり、色々食べて(見て)楽しみましたが、個人的には、やはり、ワニ型が好き♥です。ミミズ系は、ドイツの子どもたちが、きゃーきゃー言いながら、口からはみ出させて食べてますよ(笑)

投稿: kio | 2006年6月17日 (土) 18時47分

なすびさん、ホントに検索したんですかぁ~?(←無責任。)なんちって。キモいでしょ、クロイロコウガイビルって。あれで茶色いのもあるんですよー ぬめぬめしたところが、このグミにそっくり。でもね、このヒルは血は吸わないそうですよ。よかったですね。(何がよいのか・・・)

投稿: ありちゅん | 2006年6月17日 (土) 20時30分

kio さん、こんにちは~ イギリスグミレポート、ありがとうございました。見ました、見ました。HARIBOだけでなく、Katjes も進出してたんですね。その国の嗜好を調べて、そこで売れる商品を開発するあたり、偉いです!普通は、「これ、本国では大人気だから、ここでもきっと売れるはず」って感じで押し付けたりするんですが。今日、またお店に行ってみたら、Bretzel の形をしたHARIBOも売られていました。でも、もうさすがに買わなかった・・・だって誰も食べてくれないんだもん。

投稿: ありちゅん | 2006年6月17日 (土) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祝 ドイツ2勝目 | トップページ | GEISHA »