« Holunder (ホルンダー) | トップページ | Ersatzkaffee (代用コーヒー) »

2006年6月 8日 (木)

エルツ山地の人形たち

とあるドイツ人のお宅に人形が飾ってありました。旧東独のErzgebirge (エルツ山地)伝統の木工細工です。一目で気に入ってしまいました。その後、再びドイツへ行ったとき、近所にこういった伝統工芸品を売っているお店を見つけまして、嬉々として店内に飛び込みました。

で、買ったのが下の中央の2体。

P1010026_2

20年前の人形ですので、こんなに色が濃くなってしまいました。白っぽいのは埃ではなく、塗装が白っぽくなってしまったものです。ハワイ帰りか?ってくらい日に焼けてます。 アロハ~。両端の2体は、昨年のクリスマスにいただいたもの。色白ですね~。P1010027

その後、こういったエルツ系が日本でも買えるようになり、少しずつ買い集めたものが上の人形です。こういった木工細工に関しては、すばらしいサイトがあります↓個人の方が作ったサイトで、昨年これを見つけたとき、感動して管理人さんにメールを出してしまいました。

http://homepage2.nifty.com/erz-collection/

今でこそ、こういった工芸品はあちこちで簡単に手に入りますが、当時は東独の貴重な外貨獲得手段だったため、東独では買えませんでした。西側でも大きさの割に高く(今も高いけど)、ビンボーだった私はたったの2体ぽっちしか買えなかったのです。

ところがこういった木工品を私のホストファミリーはたくさん持っていました。実は彼らの親戚がこの地方に住んでいて、例の“Beziehung(コネ)”で製造元から手に入れていたそうなんです。当時の東独でよく聞かれた言葉、Beziehung。コネがあれば何でも手に入るけど、ないと何にも手に入らない。

で、その東独の親戚は人形を西ドイツの知り合いや親戚に送り、東独では貴重品だったコーヒーとかチョコレートとかを送ってもらっていたわけでした。

話はDDR話とカブりますが、東独が舞台の映画のセリフによく出てくるのは、Echter Bohnenkaffee (本物のコーヒー)という言葉。戦時中ならいざしらず。当時の東独では Ersatzkaffee (代用コーヒー)が主流だったんですよね。本物のコーヒーを飲んで「おいしい・・・!」と言うシーンがよく出てきました。

|
|

« Holunder (ホルンダー) | トップページ | Ersatzkaffee (代用コーヒー) »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん
すずらんの花(?)の形がかわいいですね。
私もいろいろ見ましたが、持っているのは
1)Florenaのクリーム
2)小さい缶に入った冷凍食品の野菜
です。
どちらも日本の店で買いました。
いろいろ集めたらWeckの瓶にでも入れて飾りたいんですが、数がまだありません。

投稿: Papagena | 2006年6月 8日 (木) 08時07分

ありちゅんさん
エキサイトのほうに私のエルツ木のおもちゃと、Weckのガラス瓶を載せました。
お仕事の息抜きにでもご覧ください♪

20の「ベーベル広場」の下に、「焚書の警告碑」の写真を追加しました。

投稿: Papagena | 2006年6月 8日 (木) 09時53分

豊かな日本に住むなすびとしては、「代用コーヒー」をいちど飲んでみたい気がします。でもきっとまずいのでしょうね。
コーヒー豆の代用品、ってなんでしょうね。愛読するパウル・カレルの『焦土作戦』のなかに、「麦芽コーヒー」なるものが出てきます。うまいのかな。

投稿: なすび | 2006年6月 8日 (木) 11時28分

Papagena さん、早速見ましたよ~。充実してますね、エキサイトのほうも。でもとにかく高いですよね。最近、デザインが垢抜けてきたけど(でも垢抜けてないデザインのほうが好き)値段も垢抜けちゃって、ビックリです。小さなフィギュアでも3000円くらいするんですよー

投稿: ありちゅん | 2006年6月 8日 (木) 18時03分

なすびさん、私も「代用コーヒー」が何か、分からないんです。でもね、昔ドイツ人が遊びに来てくれたとき、麦茶を出したんです。そしたら、「あら、これは子供用コーヒーだわ!」といって、なんとお砂糖を入れてました・・・!麦茶って、大麦ですよね。代用コーヒーは何でできているかわからないのですが、子供用コーヒーは「麦茶」みたいです(^^;

投稿: ありちゅん | 2006年6月 8日 (木) 18時05分

ありちゅんさん。私もエルツ木のおもちゃ大好きでした。でも高かったのでハンブルグのアルトナ博物館にあった、ありちゅんさんたちが持っているエルツ木のおもちゃを作ったあとの残り木でさらに小さな人形をドイツのマッチ箱にはめた飾りを持っています。また写真をアップしますね。紹介して下さっているHPにはアドベンツカレンダーがあり、とても懐かしかったです。
PS:ドイツの子供たちに麦茶を飲ませてみたかったです。

投稿: みみ | 2006年6月 8日 (木) 19時51分

みみさん、そのおもちゃ見せて、見せて~♪かわいいですよね。どれも手が込んでいて。でも、ホントに高い・・・!あのHP素敵ですよね。管理人さんも、とても感じのいい方でした。でも、個人の方が集めたとは思えないほど充実していて驚きました。

投稿: ありちゅん | 2006年6月 9日 (金) 07時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Holunder (ホルンダー) | トップページ | Ersatzkaffee (代用コーヒー) »