« Ersatzkaffee (代用コーヒー) | トップページ | Katjes のグミ »

2006年6月 9日 (金)

Reichssicherheitsdienst って?

突然話がカタくなってすみません。とある映画に、Reichssicherheitsdienst という言葉が出てきます。ヒトラーが晩年、フューラーブンカーという地下壕にこもっていたことは有名ですよね。ここでの最期の12日間を描いた映画が、昨年の大ヒット「ヒトラー 最期の12日間」でした。

で、その際に地下壕の警備に当たった人たちが、Reichssicherheitsdienst だったそうなんです。ところがこの訳が どうも分かりません・・・。この方面にお詳しい方、いらっしゃいませんか?(って、ブログで聞いてしまうのも申し訳ないのですが)

ウィキに出ているとおり、ウィキペディア♪「秘密情報機関」というのは、Sicherheitsdienst(SD)と混同している訳で、警備にあたった組織とは別の機関だと思うのですが・・・

ナチス関係にお詳しい方がいらっしゃいましたら、教えてくださいませ。

|
|

« Ersatzkaffee (代用コーヒー) | トップページ | Katjes のグミ »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん
Wikiの訳の中の「総統官邸警備隊」は、どうでしょうか。定訳がないようですし、これがいちばんわかりやすいです。ただ、もし連発で出てくるなら長い訳語なので「官邸警備隊」とか短くするのもいいかもしれません。個人的には「SS」くらい有名ならともかく、字幕で「RSD」と言われてわかる人は、ナチスドイツ歴史専門家ぐらいじゃないでしょうか。「SS」だって「親衛隊」に「SS」のルビが振ってあったような気がします。とにかく超有名でなければ日本語のほうがよいと思います。

投稿: Papagena | 2006年6月 9日 (金) 19時52分

追伸です。でも総統官邸警備以外にもしこの名称が使われるなら「護衛警察隊」もありかもしれません。文脈に合いますか?

投稿: Papagena | 2006年6月 9日 (金) 19時56分

Papagenaさん、いつもありがとうございます。こういうのって難しいですよね。第三帝国の仕組みなどについては翻訳されつくしているようで、まだまだ手付かずの部分も多いみたいです。メジャーな分野なので、間違えると困るし・・・。「総統官邸警備隊」いけそうですね。これにしようかな。親身になって一緒に考えてくださり、ありがとうございます(^^)

投稿: ありちゅん | 2006年6月 9日 (金) 22時55分

ITとかでも、英語ではググると何百件もヒットするのに日本語の定訳とかないというのは、しょっちゅうありました。そういうときは、普通の文書ならコメントを付けますが、みんなが楽しみで見る映画だとそういうわけにもいかないので、定訳がなければ日本人が直感で見てわかるものがよいような気がします。

お仕事がんばってください。応援してます。

投稿: Papagena | 2006年6月10日 (土) 05時48分

Papagenaさん、コメントありがとうございます。そうですよね、こういう場合って困りますよね。IT分野なんて、日進月歩だから翻訳が追いつかない面もあるでしょうね。一応 訳をつけて、最後の判断はクライアントに委ねようかな。

Papagenaさん、私も応援しています♪

投稿: ありちゅん | 2006年6月10日 (土) 12時39分

ヒトラー最後の日々に触れている本で、なすびが持っているのはコーネリアス・ライアンの『ヒトラー最後の戦闘』とデビッド・アーヴィングの『ヒトラーの戦争』(いずれもハヤカワ文庫)くらいなのですが、どういう訳語になっているのか、あとで調べてみたいと思います。ちなみに東部戦線がまだロシアの奥深くにあったころの総統本営はヴォルフスシャンツェっていったかな?たしか訳語は「狼の巣」が一般的でした。
ところでありちゅんさんは、「Panzer Division」を訳したことありますか? 松谷健二さんの名訳『バルバロッサ作戦』や『焦土作戦』をバイブルに育ったなすびは、「装甲師団」がもっともしっくりきます。戦車師団、機甲師団などと訳されるとちょっと興ざめしてしまいます。気難しいファンでごめんなさい。翻訳者はほんとに大変ですよね。

投稿: なすび | 2006年6月11日 (日) 11時57分

なすびさん、コメントありがとうございました。ナチス関連は詳しい方が多いので、訳す際に非常に気を使います。どの映画だったか忘れましたが、昔何作かドイツの戦争映画を訳しました。その際、Panzerdivision が出てきました。その映画では専門家の方に監修をしていただいたので、確か「装甲師団」と訳した記憶があります。戦争映画って、前にも書かせていただきましたが、本当に難しいです。でもね、見ているお客さまが「へ?」と思うとアウトなので、詳しい方々が集まるサイトは時々チェックしています。「狼の巣」、「ヒトラー 最後の12日間」の冒頭で出てきますよね。

投稿: ありちゅん | 2006年6月11日 (日) 20時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Ersatzkaffee (代用コーヒー) | トップページ | Katjes のグミ »