« 色に関係する言葉 ~ その4 BLAU | トップページ | Gouvernante (家庭教師) »

2006年7月 1日 (土)

面白い広告

ドイツの試合を再放送で見ました。すごかったですね。このままいっちゃいそうな予感がします。無邪気に喜ぶクリンスマン、ほほえましいですね。

****************************************

先日ご紹介した歴史の本♪に出ていました。こういうのって勝手にブログに載せていいのかなぁ・・・と心配になるのですが、でも古いものだから大丈夫かな?

P7010028

いつの時代か、はっきりは書かれていないのですが、第一次大戦前の時代のページに掲載されていますので、おそらく1910年代のものかと。

左は、ハムのかたまりに有名人の写真をプリントしてくれるお肉屋さんみたいです。皇帝の写真とかビスマルクの写真とか。この絵は、皇帝ヴィルヘルム2世のようです。「バルト」が立派。お値段はハムの重さによって違うみたいですが、ひとかたまりで12~15マルクだそうです。ちなみに着払いで送ってくれるそうです。進んでますね。それにしても写真のインキ、万が一 口に入っても大丈夫なのかしら?

右はちょっと笑える広告。Pilules Orientales という薬(?)で、2ヵ月後には「ホーマンな胸」になれるそうです。なんでも、この薬は健康を害することなくバストを「発達させ、固め、再生(!)し、すばらしく豊かにする」のだそーです。Arsenik(三酸化砒素)は含みません!秘密厳守!! この薬の名前で検索をかけたら、けっこうヒットしました。外国語も多かったです。各国で売られていたんでしょうか。まさか今でも売っているわけではないと思うのですが・・・

|
|

« 色に関係する言葉 ~ その4 BLAU | トップページ | Gouvernante (家庭教師) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

いまもむかしも。。豊胸願望ってあるんですね。私はいらないです。。軽いほうがいいじゃん(笑)。

投稿: Auty | 2006年7月 2日 (日) 15時09分

Autyさん、いつもありがとうございます♪ ね、おかしですよね。でも「砒素は含まれていません」ということは、従来の薬には砒素が含まれていたんでしょうか・・・こわい。胸を大きくする前に死んでしまったら何にもならないのにね。

そういえば20世紀初頭の女性の服って、ふくよかじゃないと着こなせないデザインですもんね。貧弱だとガバガバになっちゃいそう。だから、細い女性はこういう薬を飲もうと思うのかも。

投稿: ありちゅん | 2006年7月 2日 (日) 20時50分

死んでもいいから胸を大きくしたい!、と思う女性が多かったのでしょうか。
子供がときどき、おデフななすびの胸をさわって「ママよりおっきい」と言います。普段はかわいい子供たちですが、一瞬、殺意が・・・・。

投稿: なすび | 2006年7月 3日 (月) 07時25分

なすびさん、おかしい。笑っちゃいました。子供の頃、おすもうさんをテレビで見て「うちのママよりおっきい♪」と思ってました。まさかなすびさん、おすもうさんくらい大っきいわけじゃ・・・・?!(あ、つい言い過ぎちゃった。許して~^^)

投稿: ありちゅん | 2006年7月 3日 (月) 10時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 色に関係する言葉 ~ その4 BLAU | トップページ | Gouvernante (家庭教師) »