« Leihen Sie mir mal Ihr Ohr.~ ちょっと耳を貸してくれたまえ | トップページ | ドイツ映画祭 座談会 »

2006年7月17日 (月)

ドイツのパン数種

ドイツ映画祭の座談会を見た(聴いた)後、デパ地下で何か買って帰ろうと思い、有楽町阪急の地下へ。ところが食料品が見当たらない・・・!店員のお姉さんに「あのう・・・食料品売り場は?」と訊くと、「当店ではお取り扱いがございません」。

ガーン!と思いましたが、気を取り直してお向かいの西武へ。「あのう・・・」と同じ質問をしたところ、「当店では・・・」と同じ答え。


ガガーン!有楽町や銀座には、デパ地下で買う人はいないのでしょうか?そんなはずないよね。ちぇっっ と思いつつも、結局は行きなれた新宿小田急の地下へ。そこに「リンデ」というドイツパンの売り場がありました。売り場は小さかったけど、見た目はドイツパン。味もドイツしているかどうか、明日の朝 食べてみます。

ちゃんとキッチン辞典で調べたいところですが、今は時間がないので写真だけ。後日調べます。

P7170046

Laugenbrezel (ラウゲン・ブレーツェル)とSchweineohr (シュヴァイネオアー=ブタの耳)。このブタちゃんの耳は、本場(?)の耳より広がっているような気がします。気のせいかな? この名前については、kio さんのブログでも話題になりました♪

P7170047

Kaisersemmel (カイザー・ゼンメル)2種。mit Mohn (ケシつき)と mit Sesam (ゴマつき)。Semmel は南部やオーストリアの呼び名で、北部では Brötchen と呼ぶのはよく知られています。

P7170049

Quarkplunder (クヴァルク・プルンダー)とVanilletasche (ヴァニレ・タッシェ)という名で売られていました。Plunder はデニッシュ生地のことだそう。Tasche というのは、デニッシュ生地を△に折って、中に何かを詰めたものだと思っていたのですが、どうなんでしょう・・・?Apfeltasche(アプフェル・タッシェ・・・△で中に煮たリンゴが入ってる)なんて有名ですよね。

|
|

« Leihen Sie mir mal Ihr Ohr.~ ちょっと耳を貸してくれたまえ | トップページ | ドイツ映画祭 座談会 »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

リンデのパンを買っている、とドイツ人の先生がおっしゃってました。物凄い思いRoggenbrotより、軽めのパンのほうがお勧めだそうです。

リンデは吉祥寺で行けないと思っていたら、南船橋のららぽーと「パン屋ストリート」に入ってます。一度カビを生やしました。最近は冷蔵庫に入れないとダメですね。。

Kaisersemmel (カイザー・ゼンメル)大好きです。が、ユーハイムにはなかったですね。ユーハイムのパンは、あんまりドイツっぽくなくて食指が動きません。

投稿: Auty | 2006年7月18日 (火) 08時41分

わたしの住んでいたのは、カールスルーエのあたりで、南部とも言い難い地域です。そこではやはり、Broetchenと言っていましたね。
行きつけのパン屋さんに朝一番で、その日の朝食べる分を買いに行きました。いつも5~6人は並んでいて、その時間はまだBroetchenしかないので、皆、個数しか言わないで、粛々と販売されていましたね。
焼きたてのまだ暖かいBroetchenは美味しかったな~・・・

投稿: 樅の木 | 2006年7月18日 (火) 08時55分

>Autyさん
Lindeって有名なんですか?知りませんでした。お味はまあまあかな・・・。Brezelが美味しかったけど、ブタ耳ちゃんはイマイチ・・・

>樅の木さん
Karlsruhe だったんですね!私の友人が、バイオリンの留学で行ってました。ご存じだったりして・・・彼女は今も日本でバリバリ演奏活動しているようです。あそこでは、まだBroetchenなんですね。Linde のSemmel は不味くはなかったけど、焼きたてじゃないので しなっとしていました。バゲットもそうですが、やっぱり焼きたてが美味しいですよね。

投稿: ありちゅん | 2006年7月18日 (火) 12時08分

忙しくてちゃんとチェックしていない間に色んな話題ですごくもりあがっているーと驚愕すると同時に、皆が集まる場所での、それぞれの方がもちよる情報量のすごさにも驚かされます。集まってくる方が個々のフィールドを持っててドイツで結ばれながらも嗜好の異なるアンテナを張ってるからね~と思いました。
ここ数日のいろんな話題に乗り遅れてますが…
朝のNHK子供番組、くるくる変わりますが、つい最近から、「あれ?このキャラドイツの雑誌とかでよくみかける…ドイツものか?」と思ったものがありました。以下参照。このネズミキャラ日本でももしかして人気なのかしら?(…でしたら無知ですみません)
http://www3.nhk.or.jp/anime/mouse/
で、なぜいきなり書いたかと申しますと、丁度先日、この番組で「プレッツェルの作り方」の回を偶然みたのであります。Die Sendung mit der Mausていうみたいです、ドイツでは。
パン職人さんが上手に形を作っているシーンや、機械で同じことが行われているシーンがでていました。

てあんまりたいした情報じゃないですね。日本語吹き替えだからドイツ語なんてカケラもでてきませんが、勿論取材先はドイツみたいですよ~
教育テレビ(月~金)午前7:25~7:30、午後5:00~5:05

投稿: spatz | 2006年7月19日 (水) 23時08分

Spatzさん、こんばんは~ 元気ですか?お仕事お忙しそうですね。体には気をつけてください。ところでMaus、私も好きです。あのオトボケキャラがかわいいですよね。NHKで放映してるってことは知りませんでした。さすがに子供はNHKを卒業したので・・・(でも、「おかあさんといっしょ」は時々見ているのです。歌が懐かしいって。)「プレッツェル」って、今回写真に撮った、アレですか?ぱりぱりっとしたクラッカー状のもありますもんね。今でもやっているんですか?明日チェックしてみよっと。Spatzさん、いつもありがとうございます。掲示板形式にしたほうが、皆さんの交流がしやすくていいのかな、とも思うんですが・・・。世界が広がって楽しいですよね。

投稿: ありちゅん | 2006年7月19日 (水) 23時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Leihen Sie mir mal Ihr Ohr.~ ちょっと耳を貸してくれたまえ | トップページ | ドイツ映画祭 座談会 »