« Laugenbrezel ブレーツェル | トップページ | こんなことを聞いて恐縮ですが »

2006年7月20日 (木)

ドイツ兵士の見たニッポン

先日ご紹介した習志野市教育委員会編「ドイツ兵士の見たニッポン」を一気に読みました。

Photo

とても感心しましたのは、

・情報(データ、人名など)の豊富さ、正確さ
・写真の豊富さ(←見ているだけで面白いもの多数)
ほほえましいエピソードなども織り交ぜた、分かりやすい文章
・当時の時代背景の正確な説明
・ドイツ語表記や その翻訳の正確さ
・・・などです。

私は軍事関連のことに疎く、Uボートや戦艦もすべて同じに見えてしまうのですが(すみません・・)、この本には当時のメニューですとか、彼らがどんな生活をしていたかなどが詳しく書かれており、女性も面白く読めます。後半に2名の兵士の日記が載っています。当時の生活が手に取るように分かり、頬がゆるんだり、じーんときてしまったり。「ユーバーシャール博士が、日本人の目立った特徴、中でも脚が曲がっていて内股であることについて(収容所内で)講演を行った」という日記には思わず苦笑。X-Beine ってやつでしょうか。内股についての講演?大きなお世話じゃ!と つい思ってしまいました。

こうした俘虜たちの生活についてご興味のある方は、是非このご本をお読みになってみてくださいね。 著者でいらっしゃる「おそるべきアマチュア様」は、執筆にあたり、相当な調べ物&検証をされたはずです。当時のことを話してくださった方々もご高齢のはず。貴重な証言を丹念に検証されたご努力に敬意を表したいと思います。

なお、「おそるべきアマチュア」様が快く「いいですよ~^^」と言ってくださいましたので、別の記事で当時のメニューとおやつについて書かせていただこうと思います。「おそるべきアマチュア」様、ありがとうございます。

|
|

« Laugenbrezel ブレーツェル | トップページ | こんなことを聞いて恐縮ですが »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

「ドイツ史がらみのこと」カテゴリの記事

「俘虜収容所」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん
徳島だけでなく関東にも同じような施設があったのですね。可能ならいつか見学してみたいです。。

投稿: Auty | 2006年7月20日 (木) 07時55分

Autyさん、いつもありがとうございます。私も見学したいのですが、もうないんですって・・・(メールをご覧ください♪)ところでお疲れ様です。

投稿: ありちゅん | 2006年7月20日 (木) 16時06分

はい~疲れました。某所にレポートを書きましたのでどうぞ。。

投稿: Auty | 2006年7月21日 (金) 00時48分

Autyさん、お疲れ様です。私はもう長いこと
『試験』というものを受けていないので、もうあの緊張には耐えられないかもしれません・・・。最後に受けたのはいつだったかなぁ・・・思い出せないくらい昔。まずはゆっくりお休みくださいね。

投稿: ありちゅん | 2006年7月21日 (金) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Laugenbrezel ブレーツェル | トップページ | こんなことを聞いて恐縮ですが »