« 俘虜収容所での食材 | トップページ | Schweinebraten (シュヴァイネ・ブラ~テン)西独版 »

2006年7月25日 (火)

Schweinebraten(シュヴァイネ・ブラーテン) 東独版

すみません、ついでにSchweinebraten の東独版をご紹介。DDR時代に友人からいただいたレシピ本のレシピを載せちゃいます。わら半紙の本です。物不足を反映してか、どのレシピも質素・・・。

P7250010_2

P7250005_3 

<Schweinebraten>

材料:
豚肉750グラム
水 500cc

リンゴ 100グラム
タマネギ 1個
デンプン
好みでクローブ(タマネギに刺す)

作り方:
鍋で水125ccを沸かし、沸騰したら肉を入れ、塩を加える。

余分な脂を取り除きながら30分、蒸し煮。

4つに切ったリンゴと薄切りのタマネギを加え、さらに煮る。汁が焦げ付かないよう、少しずつ水を足す。

中まで火が通ったら肉を取り出す。肉汁に水250を加えて煮立て、漉す。再び火にかけ、デンプンで とろみをつける。

*********************************

う~ん、ちょっとショボいかも・・・。別にご紹介した西独のレシピも かなりシンプルなものなのですが、こっちはさらにシャビ~・・・

|
|

« 俘虜収容所での食材 | トップページ | Schweinebraten (シュヴァイネ・ブラ~テン)西独版 »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

「俘虜収容所」カテゴリの記事

コメント

本の体裁が渋いです。ペーパーバックの辞書みたい。。時代を反映してますね。
シャビー、肉が少ない>DDR!

投稿: Auty | 2006年7月25日 (火) 09時13分

Autyさん
そ、そーなんです(汗)この写真を見ていただければ分かると思うんですが、新品同様!ほとんど開いたことがありませんでした・・・。だってねー あんまし美味しそうじゃないんだもん。リンゴって、どの家庭でも庭になってますしね。ジャガイモやタマネギといった基本的な食材はめちゃくちゃ安いですもんね、共産圏は。ぜいたく品が高い。だけど、「基本的食材」と「ぜいたく品」の線引きが、我々西側の国とは違ってました。チョコレートもコーヒーも西では「基本的食材」。東では「ぜいたく品」。

投稿: ありちゅん | 2006年7月25日 (火) 09時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 俘虜収容所での食材 | トップページ | Schweinebraten (シュヴァイネ・ブラ~テン)西独版 »