« Reibekuchen / Kartoffelpuffer (ジャガイモのパンケ~キ) | トップページ | 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) »

2006年7月30日 (日)

Trabant (トラバント)

トラバント(Trabant)、愛称トラビが出てくるドラマに出会ったので、ちょっとトラビについて書かせてくださいね♪ トラビをご存じない方もいらっしゃると思います。旧東ドイツの自家用車です。DDR時代は あちこちで見かけました。コレ↓に詳しい情報が載っています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%88

私もDDRに遊びにいった際、友人のトラビに乗せてもらい、Hiddensee という北端に近い島までドライブしました。バタバタバタバタ・・・と轟音(?)をたて、荒れたアウトバーンを時速100キロで疾走。怖いのなんのって、も~生きた心地しませんぜ。途中で車両がバラバラになるんじゃないか、マンガじゃないけどウワモノが吹っ飛んで車台だけになるんじゃないか、とか。

車の翻訳となると、樅の木さんやAutyさんの専門分野ですよね。私は詳しくないので、日独の Wiki から抜粋。

********************************

Trabi の製造元:VEB Sachsenring Automobilwerke Zwickau
VEB・・・当時、東ドイツのあらゆる企業にこれがついていました。Volkseigener Betrieb。「国営企業」ですね。無理に訳すと「国営企業ザクセンリング自動車製造会社、在ツヴィッカウ」かな。映画「トンネル」でも出てきました。主人公の妹の夫が、確かここに勤めることになりましたよね。

製造年、製造台数:1957年~1991年 の間に製造された台数は 3,051,385台とのこと。34年間でこの数ってどうなんでしょう?年間10万台弱ってことですよね。

私、車の性能などについては詳しくないのですが、言葉にはとても興味があります。Wikiによると、「トラビ」のほかにも様々な呼び名があったとか。自嘲的なものが多いようですが。「ダンボールでできている」という噂がありましたが(私も信じていました)実際は樹脂製だったそうです。DDR時代のベルリンで、友人のトラビの隣にアウディのスポーツ車が停まっていたのを見たことがあります。その友人は、若いのにマイ・トラビを持っていたのが自慢だったのですが、その自慢のトラビが霞んで見えて、何とも気の毒&気まずい空気が流れたのを覚えています・・・

Trabbi:トラビ(トラバントから来た愛称ですね)
Rennpappe:直訳すると「走るダンボール」
westsächsischer Lumpenpressling:西ザクセンのオンボロ・プレスリング・・・「プレス」はガラクタをプレスして作ったという意味なのかな?「リング」は「ザクセンリング」をもじったんでしょうね。
Gehhilfe :「歩行の補助」・・・歩く手助け程度にしかならない、って自嘲的な呼び名?
überdachte Zündkerze :「屋根つき点火プラグ」
Zwickauer Hangziege :「ツヴィッカウのヤギ」?Hang は「斜面」だけどこれは意味不明。
Asphaltblase :「アスファルトの泡? アスファルトの膀胱?これも意味不明。
Fluchtkoffer :「逃亡用トランク」 DDRから逃亡する際、これに隠れて国境越えを試みたからかな?)
Arbeiter- und Bauernmercedes :「労働者と農民のメルセデス」笑える!
Plastikbomber bzw. Duroplastbomber :「プラスチック爆撃機」?「Duroplast」は不明。どなたかご存じの方、お教えください。
Golf des Ostens :「東のゴルフ」(VWのゴルフは若い人の憧れだったもんなぁ~
DDR-VW :「DDRのフォルクスワーゲン」(うーん VWはもともと「国民車」って意味だもんなぁ。)

|
|

« Reibekuchen / Kartoffelpuffer (ジャガイモのパンケ~キ) | トップページ | 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) »

「DDR(ドイツ民主共和国、旧東ドイツ)」カテゴリの記事

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

トラビに乗られたのですね。うーん、凄そうな乗り心地! 生きて帰ってこられてよかったです(汗)。

投稿: Auty | 2006年7月30日 (日) 16時03分

トラビの別名・・・・・笑えます!!

Duroplast と言うのは英語だとThermoset です。Thermosetting resin で「熱硬化性樹脂」だったはず。Duroplastkunststoffが「熱硬化性プラスチック」です。
これは一度加熱して硬化する(高分子化する)と、どんな溶媒を使っても二度と溶けないし、軟化もしないというモノです。この用例では、おそらくどちらにしても「プラスチック」を指すのでしょうね。強度とか考えずに、あり合わせの材料で作ったという感じかな?(普通の板金ではない)。Bomberってのは、音がうるさいからではないでしょうか?「トラビは500m先から音が聞こえる、100m先から臭う」とか、言われてたりもしましたね。

Rennpappeはよく耳にしましたよ♪

投稿: 樅の木 | 2006年7月30日 (日) 16時07分

あれ? リンクをクリックしたら「この項目はありません」になってしまいました。削除されたのかな。

浦沢直樹の漫画『マスターキートン』のなかに、トラバントが出てきます。主人公のキートンが東独で国家警察だかスパイだかに追われていて、トラバントで逃げるのですが前に橋のない河が。しかし無事逃げ切れます。どうやったかは忘れましたが、「トラバントは紙製なので、水に浮く」という筋書きでした。ほんまかいなと思いました。

投稿: なすび | 2006年7月30日 (日) 16時12分

>Autyさん
西ドイツのアウトバーンを時速200キロで走ったこともありましたが、それよりもコワかったです。東ドイツのアウトバーン+トラビ。道はガタガタだし、車の振動もすごいし・・・

>樅の木さん
お忙しいのにすみません。やっぱりよくご存じですね。なるほど、ありあわせの材料で作ったというのは、Lumpenpressling にも出てますもんね。慢性的な原料不足でしたから、とにかくありあわせで作ったって感じでしょうか。

>なすびさん
おっかしいな~ 記事を書いたときはちゃんと飛んだのに・・・何がおかしいんでしょう?不思議です。ところで「水に浮く」っておかしいですよね。当時、トラビはダンボールでできているって、まことしやかに語られてましたもん。マッ●のハンバーガーがネコ肉だって言われた時代もありましたよね。あんな感じでしょか。

投稿: ありちゅん | 2006年7月30日 (日) 20時46分

ありちゅんさん
再生紙のようなものを芯にして、プラスチックで固めた素材でできているので、紙製、といわれるのだと思いますよ♪

DDR 博物館で、トラビをじっくり観察したので、
トラビのことをコンテンツにまとめようかな、と思っていた矢先の、タイムリーなブログでした!!まとめたらこちらにリンクさせていただきますね!!
この別名、面白いです!

なすびさんのおっしゃっている、マスターキートンの号、
わたしもあれでトラビ、を初めて知りました。ヘッドランプが手動、とかそういうことも・・。
重さは大体600キロ前後なので、浮き袋を入れても浮くかどうか・・ってところでしょうか。

投稿: kio | 2006年7月31日 (月) 00時57分

kioさん
わーい トラビをコンテンツにまとめられるんですね!楽しみにしています。「トラバント」でちょっと検索しただけでも、情報がわんさか出る、出る!DDRの象徴の1つなんだなーと改めて実感しました。紙でできているってウワサじゃなくて、本当だったんですね・・・!芯が紙だったとは。だから、樅の木さんが教えてくださったように、「サーモスタッド」みたいな言葉で揶揄されちゃうんですね。サーモスタッドも2種類の金属をはり合わせたものですし。恐るべし、トラビ。

投稿: ありちゅん | 2006年7月31日 (月) 08時07分

こんにちは、初めまして。
いつも楽しく、そして興味深く拝見しています。

何年か前、帯広にある『グリュック王国』に行った時、トラバントがぽつんと置かれてました。友だちが「わ~い、ホンモノのトラビだぁ!」とはしゃぐ横で、私は「なんだ、このチンケ(失礼)な車は?」と思っていたのですが、こうしてみなさんが書かれていることを読んでみると、なかなか奥の深い(?)車だったんですねぇ。

投稿: ぷらりん | 2006年7月31日 (月) 09時20分

ぶらりん様
こんにちは~ はじめまして。拙宅へ ようこそおいでくださいました。面白いコメント、ありがとうございます^^。『グリュック王国』にトラビがあったんですか・・!お友達が「ホンモノだ~」と はしゃがれたとのこと、スゴイ!東独通ですね。でも「チンケでショボい」のも確かです、はい。ましてダンボール製なんですもん・・・。叩くと変わった音がしました。パコパコって。旧東ドイツでは、車は羨望の的で、「憧れのトラビ」であると同時に、「西側の車に比べるとチンケで恥ずかしい」という、相反する複雑な感情がからみあった矛盾の車でもあったんでしょうね。極めるには奥が深すぎる車だと痛感いたしました。ぶらりんさん、コメントありがとうございました。もしよろしければ、また遊びにいらしてくださいね。

投稿: ありちゅん | 2006年7月31日 (月) 09時31分

ありちゅんさん、ありがとうございます、
トラビのコンテンツ、がんばってアップします!
でもいつになることやら・・。

投稿: kio | 2006年8月 1日 (火) 01時52分

kio さん
お忙しいでしょうし、お時間のある時にでも。調べだすと奥が深くて簡単には終わらなさそうですよね、トラビ(笑)

投稿: ありちゅん | 2006年8月 1日 (火) 09時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Reibekuchen / Kartoffelpuffer (ジャガイモのパンケ~キ) | トップページ | 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) »