« Berliner (ベルリ~ナ) | トップページ | die Nase voll »

2006年7月26日 (水)

Zwieback (ツヴィーバック、ラスク)

ろこちゃん様からいただいたコメントで、また「おおっ」ということを発見いたしました。板東俘虜収容所で発行されていた新聞「Die Baracke」に出ていたそうですが、スペイン風邪が猛威を振るった際、菓子職人が病人のためにラスクを焼いていたとのこと。

ラスク? もしかして、ツヴィーバック???な、な、懐かしい・・・Zwieback

そこで思い出しました。ドイツの方々は風邪や熱で食欲がなくなると、ツヴィーバックを食べる習慣があると聞いたことを。以前、私が「お腹の調子が悪くて何も食べられない~」と言ったところ、「じゃ、私のロッカーにツヴィーバックがあるから、それを食べたら?」と、ドイツ人の同僚が勧めてくれたんです。具合が悪いときに パサパサのラスクはちょっと・・・と思ったのですが、申し訳ないのでいただきました。それは おやつ用のゴージャス版で、ココナッツとチョコが入っていました。元気だったら美味しくいただいたと思うのですが、調子が悪いときは・・・うぷっ。

********************************

このツヴィーバックのことは20年くらい忘れておりました。早速 検索してみたところ・・・やっぱりウィキペディアにありました。

Zwieback というのは、2回(zwei)焼く(backen)ことから、そう呼ばれるようになったとか。本来は保存性をよくするという目的で、パンを二度焼きしてカリカリにしていたそうです。消化がいいということで、子供のおやつや病人食としても利用されるようになったとか。

***********************************

祖国を遠く離れ、囚われの身となった俘虜たち。異国の地で病気になるほど心細いことはないですよね。ツヴィーバックを食べては母親を思い出し、祖国に思いを馳せていたのでしょうか。ろこちゃん様、ありがとうございます。

|
|

« Berliner (ベルリ~ナ) | トップページ | die Nase voll »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

「ドイツ史がらみのこと」カテゴリの記事

「俘虜収容所」カテゴリの記事

コメント

お、これ、ホテルでばりばり食べてました。外へ持っていって、おなかのすいたとき食べてもいました。ドイツのラスクは日本みたいにクリームがついてななくて、お菓子ではありませんでした(笑)。「食糧」って感じ。

投稿: Auty | 2006年7月27日 (木) 08時16分

はじめまして、ありちゃん☆私もドイツ&ドイツ語が好きな女の子です。前にちょっと住んでたこともあるよ。で、今年また行こっかな~?って。こころぐでブログ書こっかな~?って思ってたらこのブログにたどり着いたの。すっごくかわいくて楽しいブログだね。これからも読ませてもらいま~す!よろしくね☆

投稿: rui | 2006年7月27日 (木) 11時11分

食べ物ネタは盛り上がりますね?♪って言うか、書き出すときりがなくなります(笑)。

ツヴィーバック、わたしはそのままではちょっと苦手だったかも?たまにMilchに浸けて食べてました。「うぷっ」て書いてありましたけど、ドイツ人の知人の子が、ぱさぱさした水気のないものを食べると「うっぷすっぷ」するから嫌だ、と言ってました。Up sup とでも書くのかな?

投稿: 樅の木 | 2006年7月27日 (木) 11時24分

>Autyさん
ホテルで出たんですか?すごい。「おやつ」用なら、甘いのを塗ったやつとか、中にナッツが入っているのとか、いろいろあるみたいなのですが、基本形はあくまでも「乾いたパン」。ま、バターとか混ぜると劣化が早いですもんね。長くもたせるには、余計なものを混ぜないほうがいいんでしょうね。

>rui さん
はじめまして~ ようこそいらっしゃいました。ご訪問、ありがとうございます。ドイツ語とドイツが大好きな女の子さんなんですね。私は、ドイツ語とドイツが大好きな元(モト)女の子です~(汗)。ココログなさるんですか?始めたらURL教えてくださいね。遊びにお邪魔します。これからもよろしくお願いいたします♪

>樅の木さん
そーなんです、食べ物について書き出すと、いろいろ思い出されて・・・日ごろは忘れていても、食ったものは忘れない~舌が覚えてる~♪ ツヴィーバックなんて、ホント20年くらい忘れていました。もっと美味しいものが一杯ありますもんね。

投稿: ありちゅん | 2006年7月27日 (木) 11時50分

わぁ!何という早業!
ありちゅんさんってすごい!
一日たたないうちにラスク=ツヴィーバックの詳しい記事ができている!
ラスクは病人食だったんですねぇ。フムフム。それで先日紹介した『ディ・バラッケ』の文、その前に「病人への援助(滋養に富んだブイヨンの納入)に全力を尽くしてくれた厨房、大量のラスクを供給してくれたゲーバ~」ってなってた文のつながりがはっきりしました。病人たちは、ブイヨンのスープとツヴィーバックで栄養をつけていたんですね。

投稿: ろこちゃん | 2006年7月27日 (木) 17時19分

日本人のなすびには、ラスクが病人食だという感覚が理解できません。今度ツマが風邪で寝込んだら、おかゆの代わりにラスクを出してみよう、フフフ。(渾身の力で殴られそうだにゃー)

投稿: なすび | 2006年7月27日 (木) 17時36分

Zwieback! 出ましたよこれ、入院中に!最初に食べさせてもらった固形物でした。なんか非常食みたい、と思いました・・・。
これとBruehe(具なしコンソメ)とFencheltee(ハーブティの一種)は私の中で分かち難く病院と結びついております。

投稿: mau | 2006年7月27日 (木) 17時40分

樅の木さん、
私も何かにひたさないと辛いです。とくに、風邪ひきのときはのどにひっかかって痛い事・・・。

ありちゅんさん、
最近では、チョコ付き、ココナッツまぶし、などのほか、
オリーブオイルに塩という、ちょっとスナックっぽいものまで色々でています。
私は、限定ものの、ツヴィーバック缶が欲しくって、一時期やたら食べていましたけれど、ちょっと味が単調かも・・
というか、もしかして毎日のように食べるものではないのか??
プレーンは病気の時に、というのがわかる、優しい味ですよね。

mauさん、
私はこちらで入院したことはないんですが、
Fenchenteeは、飲むと、ああ、病気の(時の)味だ、と思いますね、確かに。。なんででしょう?

投稿: | 2006年7月27日 (木) 22時05分

あっ、名前を忘れました。上のコメントは、kioです。
すみません!

投稿: kio | 2006年7月27日 (木) 22時05分

>ろこちゃん様
昨日は面白いお話をありがとうございました。さらに今日のコメントでも、興味深い発見が・・・!ブイヨンですか。ドイツ語だとBrühe(ブリューエ)ですね。これが次のmau さんへのコメントに続きま~す↓

>mauさん
ひゃ~ mau さんのコメント、タイムリ~!ろこちゃん様から、当時、病気になった俘虜はブイヨンとラスクを食べていた、という内容のコメントをいただいたばかり。その伝統が80年経った今でもドイツでは生きているんですね。私たちがお粥を食べるのと同じ感覚でしょうか。Fenchelteeですか。なるほど。メモメモ。いつもありがとうございます。

>なすびさん
うふふ。ツマにラスク、出してみてくださいね。もしかして仕返しに、なすびさんが具合悪いときに うなぎ が出てくるかも・・・病気のときは食べられないですね、うなぎ。

>kio さん
お~ オリーブオイルと塩ですか。うちの近所のパンやさんでもラスクを売っているのですが、砂糖+シナモンと、オリーブオイル+ガーリックのバージョンがあります。お腹がすいているときは美味しいですよね。でも、やっぱり具合が悪いときは 汁気の多いものを食べたいなぁ・・・あ、そうか。だからBrühe も一緒に出されるんですね。納得。

投稿: ありちゅん | 2006年7月27日 (木) 22時47分

これだけたくさんありちゅんさんのサイトでドイツの食べ物について知識を得ると、あとは紀伊国屋とかに行って、ゲットして試すしかないですね(笑)。

Deutschland über alles!

投稿: Auty | 2006年7月27日 (木) 23時31分

ありちゅんさん~

そうなんですか!!こんな面白い話びっくりしました。あまり美味しそうには見えない(笑)けど探して買ってしまいそうです。
すごくいろいろ充実したブログ(っていうの?)で感動してます...あうちゅんさん尊敬です^^

投稿: MUNCHEN大好き | 2006年7月28日 (金) 00時26分

>Autyさん
いつもありがとうございます♪うふふ、Zwieback って、モソモソするので、体調がいいときに食べてくださいね!口の中の水分、マジで奪われますから・・・脱水に注意!

>MUNCHEN大好きさん
こんにちは~ またまた来てくださり、ありがとうございます。はい、あんまり美味しくないかもです。ドイツ在住の方もコメントをくださいましたが、やはり最新のツヴィーバックも私が食べていた頃のものと あまり変わっていないようですし・・・パサパサしているんです。保存食ですから仕方ないと思うんですが。またいらしてくださいね♪

投稿: ありちゅん | 2006年7月28日 (金) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Berliner (ベルリ~ナ) | トップページ | die Nase voll »