« 久々にグミ | トップページ | Leibniz のギザギザ »

2006年8月22日 (火)

Bahlsen の Keks (ビスケット)

またまたお菓子の話・・・。知る人ぞ知る、Bahlsen (バールセン)のKeks(ビスケット)。その名も「LEIBNIZ(ライプニッツ)」。

P8060040

これは近所のお店で買ったものです。日本で手に入るものは輸出仕様なので「BUTTER BISCUITS」(バター・ビスケット)と、英語で書かれていますが、ドイツ国内のものは「Butterkeks」となっているみたいです。「バールセン」も、本当は「バールゼン」のほうが原語に近い表記になります。

このバールセン社のお菓子、安いわりには美味しいと私は思っておりました。あの頃は若かったし、今にもましてビンボーだったからな~。特にこの「ライプニッツ」の上に板チョコが載った「Leibniz Choco」(ライプニッツ・チョコ)を好んで買っていました。冬になると日本でも手に入ります。

***********************************

Hermann Bahlsen(ヘルマン・バールゼン)氏が 1889年7月1日に Hannoversche Cakes-Fabrik H. Bahlsen を創立した時から、Keks の歴史は始まるとのこと。たまたまイギリスのビスケット「Cakes」を知ったバールゼンは、ドイツにはそういったものがないことに目をつけ、製造を始めたたそうです。初期の頃はKeks ではなく、Englische Cakes と呼ばれていたとか。その後の1892年、バールゼンはバターをたっぷり混ぜ込んだ生地から作られた「Leibniz」を発売。なお、この商品名は哲学者 ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツにちなんだものだそうです。

その後、バールゼン自ら Cakes を改め Keks と呼ぶようになりました。1911年のことだそうです。その後1915年になって DUDEN にもこの言葉がドイツ語として載るようになったとのこと。なお、新鮮さを保つパッケージも同社オリジナルとか。今はビニール包装ですが、当時はパラフィン紙で包装されていたそうです。会社のマークのロゴは、バールゼン氏の直筆をデザインしたもの。

****************************************

P8060042 この「ライプニッツ」、上述のライプニッツ・チョコ のほかにも、ミニとか、動物形とか いろいろバリエーションがあります。その他にもいろいろなお菓子があって、眺めるだけで楽しいです。

P1010025_2 ****************

<おまけ>1枚目の写真に写っているタオルの文字は・・・

お客を5人招待したら
10人やってまいりました
スープに水を足しましょう
ようこそ みんな大歓迎

(スープ、水っぽくないのかな・・・(汗))

|
|

« 久々にグミ | トップページ | Leibniz のギザギザ »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

芳香探知器が作動してやって参りました(謎爆)。

このLeibnizやっぱりあのLeibnizにちなんだ名前なんですか?でも何故哲学者にちなんだのでしょう?ファンだったとか?

この4行詩は結構有名ですね。この饗応方法を実際に実行されたことは?(笑)

投稿: 樅の木 | 2006年8月22日 (火) 14時31分

★樅の木さん

探知しました?やっぱし。ちょうど封を開けたばかりだったので、匂ったでしょ。スルメの腐敗臭だけでなく、芳香もOK なんですね。
>このLeibnizやっぱりあのLeibnizにちなんだ名前なんですか?でも何故哲学者にちなんだのでしょう?ファンだったとか?

よくぞ聞いてくれました。バールゼンの会社のHPを覗いたら、載ってました。この会社、ハノーファーにあるんですが、ハノーファーが生んだ最大の著名人が哲学者の Leibniz なんだそうですよ。「漱石饅頭」とか「小泉八雲せんべい」(あるかどうか知らないけど)と同じ発想ですな。

投稿: ありちゅん | 2006年8月22日 (火) 15時36分

kioさんのリンクからお邪魔しました。
日本でも触れられるたくさんのドイツをこちらで拝見できて、楽しいです。
これからもちょくちょくお邪魔したいと思います。よろしくお願いします。

投稿: まがり | 2006年8月22日 (火) 17時42分

ありちゅんさん、

検索してみましたら(暇な筈は・・・・・)漱石饅頭は熊本の方で売られていますね。小泉八雲せんべいはこのキーワードではありませんでしたが・・・・・オランダに行けばあるかも?

投稿: 樅の木 | 2006年8月22日 (火) 18時12分

★まがり様

はじめまして^^。kio さんのブログでお名前は拝見しておりました。いらしてくださり、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします! 本当は本場ドイツでドイツ三昧したいのですが、諸事情のためそれがかなわず、こうしてドイツのことをダラダラ書いております・・・。大した内容ではないのですが、よろしければまた遊びにいらしてくださいね。実は私、まがり様のお宅にもお邪魔したことがあるんですよーー また私も伺いますね~。

投稿: ありちゅん | 2006年8月22日 (火) 20時20分

グミといい、ビスケットといい私好みの話題です~。私もドイツに行くと必ずスーパーでお菓子を買いまくりお土産あんど軽食にします。このビスケットは食べたことないので(行く予定はないけど)かなり気になります。成城石井あたりに売ってるかな~?チェックしてみま~す。いつも面白い話題ありがとう^^

投稿: Munchen大好き | 2006年8月22日 (火) 20時21分

★樅の木さん

おぉ~ 漱石饅頭、やっぱりありますか!「ぼっちゃん饅頭」とか「三四郎饅頭」とかもありそうですね。小泉八雲せんべいは ヒットしませんでした?小泉純一郎せんべいならあるかも(汗) それにしても、なぜ小泉八雲を引き合いに出したのか、自分でも疑問です。漱石と来たら、普通 鴎外とか言いそうですよね~ 先日、「耳なしほういち」がいかにコワいか、という話が家で出たのですが、それが脳に残っていたのかも・・・

投稿: ありちゅん | 2006年8月22日 (火) 20時23分

★Munchen大好きさん

こんばんは~ グミだの駄菓子だのと、食べ物ばっかりで自分でも恥ずかしくなるのですが、好みの話題と書いてくださり、ありがとうございます~ ついつい調子に乗ってしまいそうです。記事にも書きましたが、チョコが載っているやつのほうが ずっと美味しいんです(力説)!でもやっぱり溶けやすいから夏場は売らないんでしょうね。何も載っていないライプニッツは、ちょっと歯にくっつく・・・というか、少しモソモソする感じです。森永のマリービスケットに似たお味。一番上に載せた写真のような四角いライプニッツより、下の
「ミニーズ」のほうをよく見かけます。こっちのほうが食べやすいような気が。成城石井なら売っていると思います!

投稿: ありちゅん | 2006年8月22日 (火) 20時30分

このLeibnizのビスケット、Minisのほうも鳴門市ドイツ館のショップにも売ってましたよ。一緒に働いていたドイツから来ていた国際交流員は「ドイツのお菓子が懐かしい」とよく買っていて、時々試食させてもらいました。前に写真にあったグミも何種類か食べたけど、最初は食感が微妙とか思ったんだけど結構はまって自分でも買った時期も。瓶詰めのソーセージとかピクルスもあったっけ。私が一番買っていたのは、ジャム。Schwartau(これがたぶん会社名と思うんだけど)ブルーベリーやミックスベリージャム。今でも行ったらこれだけは買って帰ってきます。でも、ありちゅんさんや読者の方たちには鳴門は遠すぎますね。

投稿: ろこちゃん | 2006年8月22日 (火) 21時54分

おおおっ
ちょうどわたしがライプニッツのビスケットを食べている時に、ありちゅんさんも食べていらっしゃった!!
(と時差をこえて、リンクしている気持ちになっています(笑))
ライプニッツのバタービスケットは類似品が沢山ありますが、本物だけが、52のギザギザがあるんですよね♪
数えた事はありませんが・・

私は、普通のブッターケークスじゃなくって、ランドケークスという、オートミールが配合されたほうがお気に入りです。
さっくさくで、もう、美味しくてとまりません♪

グミの話題にもお邪魔したいんですが、最近歯医者で仮の詰め物が取れてしまい、『グミ禁止令』が出されてしまいました・・涙・・

投稿: kio | 2006年8月22日 (火) 22時55分

★ろこちゃん様

こんばんは。コメントありがとうございます。そうですか、このビスケットもドイツ館で売っているんですね。スゴイ!販売する商品を選んだ方はお目が高い!! うちの近所に輸入食材を売っているお店がありまして、少しではありますがドイツのものも売っています。イタリア食材やエスニックの食材が多いのですが、それでもグミとかビスケットとかも置いてあるんですよ。ジャムもチェックしてみますね。鳴門、一度でいいので行ってみたいです。うちのお隣の方がこの春、お遍路で巡ったとおっしゃっていました。桜の頃で、とても美しかったそうですよ~~~

★kio さん

わーい kio さんもライプニッツがお好きなんですね。ちょうど同じ頃に食べていたなんて、運命のつながり(?)を感じております・・・。グミといい、ライプニッツといい、どうも好みが似ているみたいですね♪だけど残念ながら、オートミール配合のバージョンは東京では見たことがありません。味を想像するしかないので悲しい・・・ギザギザが52個という貴重な情報、ありがとうございました。早速数えて載せてしまいました!本当に52個ありましたよ~。kio さん、いつもありがとうございます。気をつけて出張に行ってらしてくださいね。スイスの最新情報、楽しみにしていま~す♪五感を働かせてきてくださいね!

投稿: ありちゅん | 2006年8月22日 (火) 23時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 久々にグミ | トップページ | Leibniz のギザギザ »