« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) | トップページ | TOFU (豆腐) »

2006年8月 1日 (火)

Bunte Papiertaschentücher (カラフルなポケットティッシュ)

昨日、雑貨屋さんで見つけてしまいました。ドイツのカラフルなポケットティッシュ。以前、ブログを書き始めたばかりの頃にTempoについて ちょこっと書きました。慣れてなかったもので、写真の載せ方もヘタクソです。昨日見かけたのは、この会社のものではないのですが、サイズや使い勝手はソックリ。Tempo のブランドじゃなくても、ポケットティッシュのことをドイツ人は「テンポ」って言いますよね。今でもそうかな。

P8010022

↑1コ100円のセール品。食事用の「ナプキン」コーナーにありました。
↓広げると、こんな感じ。

P8010024

↑上はピノキオ、下はドイツでも人気の「Biene Maja(みつばちマーヤ)」。でも、これってかなり古いアニメですよね。私が子供の頃、放送していたアニメだもん。

P8010025

↑ドイツでも(たぶん)人気のSesamstraße。あれ?バートがいないぞ。アーニーだけ?

先日、「die Nase voll」のコメント欄でも盛り上がり(?)ましたが、ドイツの方々は鼻をすする音が苦手。私も「日本人が鼻をずるっと吸い上げると、鼻水が脳みそに行くんじゃないかと、ゾッとする」と言われたことがあります。日本人にしてみれば、あんなスゴイ勢いで鼻をブブブブ~ン!と かんだら、脳みそまで出ちゃうんじゃないかと・・・。習慣の違いですから仕方ないのですが、そんなワケでドイツの「鼻紙」は風圧に耐えられる強さにできております・・・。

|
|

« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) | トップページ | TOFU (豆腐) »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

tempo、は今でも言いますよ♪
ティッシュ、と言わずに、商品名のクリネックス、と言うような感じでしょうかね?
sniffはずっと、海外のブランドだと思っていました!
でも調べたら、Paperproducts Design GmbHという、Meckenheim(西ドイツ)にある会社が作ってるものでした。
sniffはでも、tempoよりさらに固いし、プリントもかわいいので、
私はナプキン仕様にしていますよ♪
鼻をかむほうは、tempoの、カモミールエキス配合とかで、しっとりしてて多少肌にやさしいものを使ってます。気休めですが・・

投稿: kio | 2006年8月 1日 (火) 15時41分

kio さん、化学調味料なら「味の素」と言うのと同じですね。最近は「宅急便」とは言わず、「宅配便」といいます。「宅急便」はクロネコちゃんのみなので。 私もsniffって知らないなーと思ったのですが、パッケージに「made in Germany」と出ていて「おお~」と思った次第です。おっしゃるとおり、紙が固いです。でもね、パッケージに日本語のシールが貼ってあり、「食品と一緒に使わないでください」と書いてあるのです。色素が落ちるのかな。なのにナプキン売り場にあるのが不思議。tempoにカモミールエキス配合のものがあるんですか!進化しましたね。会社も確か今は米系の会社の傘下でしたよね。記憶違いかな?

投稿: ありちゅん | 2006年8月 1日 (火) 16時10分

「テンポ」というのは、キャラメルを「グリコ」と言う感覚ですな。

とってもかわいいです! セサミストリートとかもあって。

こういうティッシュ、日本と違って硬いですよね。ドイツの人が迫力で鼻をチーンとかむには硬さが必要なのか。。

>最近は「宅急便」とは言わず、「宅配便」といいます。「宅急便」はクロネコちゃんのみなので。

これは、何かで文章を見てもらったとき「宅配便」に直されました。「宅急便」は商品名だから、という理由でした。 

投稿: Auty | 2006年8月 1日 (火) 19時05分

わたしの知人ではTempotaschentuecherとアホ丁寧に言う人が結構いました。が、あれはもしかすると(日本人が居るからきちんと喋ってあげないと・・・・・)という思ひやりだったのかも知れません。
Sniffは見たことありませんでしたが、わたしもあの手の紙の厚さが勿体なくて、半分に裂いて使っていました。知り合いのドイツ人達は、1回使ったTempoをポケットにくしゃくしゃ入れて、もうあと2~3回使っていたんですけど、アレは驚きました。つまり、ハンカチで洟をかむってのが最初にあって、それを紙で代用するようになったんでしょうかねぇ?

投稿: 樅の木 | 2006年8月 1日 (火) 19時06分

わたしもよく鼻をかみますが、風圧が強いのか、いつもティッシュが破れて鼻水が手についたりします(汚い話で失礼)。ご紹介いただいたドイツのティッシュなら、長年の不満が解消されるかにゃー。

投稿: なすび | 2006年8月 1日 (火) 20時58分

>Autyさん
そーなんですよね。「宅急便」。これで定着してしまいましたが、最近では「宅配便」と呼ぶようにしています。そういえば小さい容器に入った乳酸飲料も、みんな「ヤクルト」って呼びますよね。

>樅の木さん
いろいろお世話になります・・・。年配のドイツ人って、今でもハンカチでかみますよね。テンポは「すぐに取り出せて、衛生的なもの」というコンセプトの元に生まれたって話ですから、やっぱりドイツの方々って鼻をかむときは同じハンカチやティッシュで何度もやるんでしょうか。あれ、4枚重ねでしたよね、確か。私もよく、もったいないから2枚ずつに分けていました。

>なすびさん
なすびさんったら面白すぎ。ドイツのティッシュなら問題解決、ツマも大喜び、家庭円満、パパさいこー、今夜もうなぎ!

投稿: ありちゅん | 2006年8月 1日 (火) 21時40分

かわいい~~ですね!!
みつばちマーヤ私も子供のころみましたよ。懐かしい。
子供の頃こうゆうかわいい紙を使えずに取っておいて母に捨てられてしまったのを思い出しました。
雑貨屋さん探してみま~す。

投稿: MUNCHEN大好き | 2006年8月 1日 (火) 22時51分

MUNCHEN大好きさん
コメントありがとうございます!みつばちマーヤ、ご覧になりました?私も見ました。当時、ドイツで私が実際に見た日本のアニメは、ハイジ、マーヤ、そしてカリメロでした。驚きました、何気なくTVのスイッチを入れたとたん懐かしいアニメが目に飛び込んできたときは。セサミストリートは、ドイツオリジナルのキャラクターも混じっていて、ドイツ風に作りかえられていた記憶がありますが・・・

投稿: ありちゅん | 2006年8月 1日 (火) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その2) | トップページ | TOFU (豆腐) »