« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その3) | トップページ | Meerschweinchen (モルモット) »

2006年8月18日 (金)

Gulaschkanone (グーラッシュの大砲)って?

Gulasch(グーラッシュ) を調べていたら、ふとある記述に目にとまりました。「Gulaschkanone」。直訳しますと、「グーラッシュの大砲」。

Gulaschkanone

グーラッシュは作るのが簡単、ということで軍隊でもよく作られたそうです。その際、可動式の加熱器 Feldküche (辞書の訳によると:野戦炊事車)を使ったとのこと。それを俗語で「Gulaschkanone」と呼んだそうです。この加熱器を最初に考案したのは、鍋などのキッチン用品製造で有名なFissler(フィスラー)社。うちにもお鍋があります。丈夫で便利。いかにもドイツ。お鍋も写真でご紹介したいところなのですが、ちょっと汚れていまして・・・(汗)。

|
|

« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その3) | トップページ | Meerschweinchen (モルモット) »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

自分のプラモデルの中に、ありますよ。
初期は、馬で牽いていたようですね。
馬車に食材を積んで、其の後に牽引しています。
日本軍と違って、補給、糧食等、所謂輜重は充実していたようですね。あと休暇も厳格だった様ですね。

投稿: 尚休 | 2006年8月18日 (金) 20時20分

モデルアート社の雑誌、『パンツァーグラフ!』の春号の第2特集が、フィールドキッチンでした(第1特集はティーガー戦車の塗装)。そこに、グーラシュの詳細なレシピ(作っている写真つき!)があります。模型誌に料理記事が載ったのはたぶん例がないでしょう。すごくうまそうで、作ってみたくなります。ありちゅんさんもぜひ読んでみて下さい。

投稿: なすび | 2006年8月18日 (金) 21時43分

>尚休さん

こんばんはーー。来てくださり、ありがとうございます。尚休さんもプラモデルがお好きなんですか?なすびさんとお話が合いそうですね。ドイツ人といえば休暇、というくらい彼らは休暇のために生きているように思えます。ドイツの戦争映画を見ると、しばしば「休暇を取る」とか「休暇中に帰省する」といったセリフが出てくるのですが、素人の私は「戦時中に休暇が取れるなんて、いいな~」と思っていました。日本軍の場合、そもそも休暇なんてもらえるんでしょうか?

>なすびさん

いろいろお世話になります~(多謝)模型の雑誌にグーラッシュですか?!でもね、ドイツのウィキペディアによると、戦時中にもよくグーラッシュを作った、とありました。だからフィールドキッチン=グーラッシュ、というくらい密接に結びつくものなんでしょうね。

投稿: ありちゅん | 2006年8月18日 (金) 22時05分

そうそう、この話題もありました。

グーラーシュって、よく食べたなぁ。あと、シャシュリックも好きでよく食べたけど、あれも純ドイツ料理ではないですよね?

そうか、Feldkuecheの鍋の部分はフィスラーだったんですね。うちにもフィスラー鍋がありますが、頑丈ですよね。そのまま軍用になりそう。

ところでFeldkuecheは日本の自衛隊でも使ってます。「野戦炊具」という名称ですが、これが阪神大震災や中越震災のときに大活躍したんです。どこでも大量に暖かい食事が作れるのはまさに非常事態用ですね。
http://www.pureweb.jp/~railroad/jration1.htm

投稿: U99 | 2006年8月22日 (火) 22時57分

U99さん

シャシュリックって、何でしたっけ・・?シシカバブみたいなお肉でしたっけ?名前は記憶しているのですが、モノが思い浮かびません。スペルも忘れてしまいました・・・。バルカン料理でしたっけ・・・? 

ええ、私もこのFeldküche を作ったのがフィスラー社だと知って、「へぇ~」と思いました。ドイツの鍋といえば、WMFが有名ですが、フィスラーも同じくらい有名な会社ですもんね。日本でもあるとは存じませんでした。おっしゃるとおり、自然災害などが発生した際、活躍しそうです。

投稿: ありちゅん | 2006年8月23日 (水) 00時08分

調べてみたら「シャシリック」というのが原発音に近いようです。串焼きのことなんですが、カフカス地方の地元料理のようですね。まぁ、私がドイツで食べたのはそれなりにドイツ風に味付けされていたのでしょうが・・・。

投稿: U99 | 2006年8月24日 (木) 23時06分

★U99さん

シャシリック・・なんとなく思い出してまいりました。串焼きですよね。最初、すぐに思い出したのがシシカバブでしたので。私はバルカン料理や東欧料理などが好きでした。ドイツとは少し味付けが異なりますよね。

投稿: ありちゅん | 2006年8月25日 (金) 08時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立 (その3) | トップページ | Meerschweinchen (モルモット) »