« TOFU (豆腐) | トップページ | eine Ente と ein Käfer (アヒルとかぶと虫) »

2006年8月 2日 (水)

『お金』の同義語

ドイツ映画を見ていますと、よく「お金」を意味する言葉が出てきます。日本語ですと「カネ」「ゼニ」くらいしかないですよね。ほかにあったかな。ドイツ語のほうがバリエーションが多いかも。ちょっと書き出してしまいました~ ご興味のある方、お付き合いくださいまし。

***********************************

Maus : これはお上品な友人(女性)も使っていたので、たぶん下品な言葉ではないと思います。「ネズミ」でお金。複数はMäuse。カネ勘定は Mäuse zählen。

Kohle:本来は「石炭」ですが、複数 Kohlen で「お金」。これも、それほど下品ではないかも。女性が使っているのを聞いたことがあります。結構 目に/耳にします。

Pinke: 今回出てきました。それほど上品な言葉ではないかも。"Pinke Pinke~(カネ、カネ~この世はカネだ~)"って感じで出てきました。

Kies:本来は「砂利」ですが、「大金」を意味するらしいです・・・。まだ実際に聞いたことはないのですが、「Geld」「Synonyme(=同義語)」で検索したら出てきました。

Knete:本来は「こねる(=kneten)のに適した柔らかい素材」だそうです。これもお金を意味するらしいです。

Asche:「灰」ですが、「お金」「小銭」も意味するらしいです。これも検索して知りました。

Moneten:これは複数扱いの単語で、やっぱり「お金」。もしかしてmoney と語源は同じかもしれませんね。

P1010023_1

記事とは無関係ですが、これ↑はアルザス(Elsaß)地方の陶器。樅の木さんも以前 書いていらっしゃいましたが、アルザスではドイツ語が通じます。特にご老人ほどドイツ語が堪能だったりして・・・。ドイツ領だった時代もありますもんね。陶器もドイツのものに似ています。ちなみにこれは下北沢で買ったものです。カワイイ~^^。 そうそう、東欧の方々もご老人ほどドイツ語が達者だったりしますよね。戦争の影響でしょうか・・・

|
|

« TOFU (豆腐) | トップページ | eine Ente と ein Käfer (アヒルとかぶと虫) »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

下北沢で、アルザス(エルザス)のクーゲルホフ型を売っているお店があるのを思い出しました。ケーキを作る予定がないのと、「お金」(笑)がないので買いませんでしたが。。オレンジというかピンクというか、その色合いの陶器はすてきでした。写真を見て思い出しました。

投稿: Auty | 2006年8月 3日 (木) 07時20分

お金の表現、品の良いもの良くないもの、日本語でも結構あるかも?

お金、銭、以外にも:
お足、現ナマ、実弾(選挙など)、金銭、黄白(こうはく、黄と白→金と銀→金銭・・・・・これは広辞苑に出てます♪)、先立つもの、よか。

ま、あと財産、資産、資本ってのも、毛色が違いますけどありますね・・・・

ドイツにいた頃、「~に行かない?」とか、「~しない?」とか、少しお金のかかるイベントに誘われたとき、「Danke, aber ich habe leider keine Zeit」って言いながら、親指と人差し指をくしゅくしゅとやってみせると、相手が「納得!」って顔をしてくれたことがしばしばありました。(^^;)

アルザスの陶器いいですね!絵付けがなんかドイツっぽいのかな?

投稿: 樅の木 | 2006年8月 3日 (木) 11時52分

『こち亀』を読んでいたら、両さんが買収されるシーンで、「これあとでお召し上がりください」と言っておまんじゅうの箱を出す。中身はお金。両さんはにやにやしながら「これはよいまんじゅうだ」と受け取っていました。
亀で思い出しましたが、昨日の亀田の試合、あれはどうみても「負け」ではないのか。判定をしたひと、TBSに買収されたのかな。

投稿: なすび | 2006年8月 3日 (木) 12時22分

>Autyさん
そーです、それそれ。その店です。「エティエンヌ」という名前です。一番のメインはクグロフ型(Napfkuchenform)なのですが、高い。一番小さいやつ(直径7~8センチ)でも2600円くらいするのです。ケーキを焼く予定がないので、買いませんでした。かわいいんですけどね。陶器製のケーキ型で焼くと、しっとり焼きあがるらしいですよ。

>揉みの木さん
げげっ また「揉み」と出てしまいました。おー 確かに「実弾」って言いますよね。「実弾が飛び交う」って。「黄白」は知りませんでした。色から何となく意味は伝わりますが・・・親指と人差し指でくしゅくしゅってよくやりますよね。今回の映画でもやってました。「ピンケピンケ~」とか言いながら。

>なすびさん
時代劇だと、「きんす」はなぜかお饅頭ですよね。おっと、「きんす」もありました。「これはうまい饅頭をいただきまして・・・」とか言ったりしますよね。ところで昨日の試合、うちも見ていました。私はボクシングは苦手なので実況を肩越しに聞いてただけ。そのうち、オットと娘が「えええええ????ありえな~い!!!!」と言ってたので結果が分かりました。変ですよねー それこそ「実弾が飛び交った」んでしょうかね。ボクシングのことはよく分からないのですが、彼は倒した相手にも罵声を浴びせますよね。あれはスポーツマンシップに反してます。最近の若者の態度とおんなじ。まずは礼儀正しさ、スポーツマンシップを身につけてからチャンピオンベルトを巻いてほしい・・・疑惑のベルトですが。

投稿: ありちゅん | 2006年8月 3日 (木) 15時51分

ありちゅんさん

>「エティエンヌ」

そうでした。クグロフ(場所によってはグーグルホフとかグーゲルホフとか)を焼く型は、とてもかわいらしく、飾るだけでもきれいかなと思ったのですが、先立つものとケーキの予定がありませんでした。。

投稿: Auty | 2006年8月 3日 (木) 18時29分

ところで写真のファブリック(雑貨雑誌の影響^^;)に書いてある言葉は「Viele Köche verderben den Brei」、コックが多いとおかゆがだいなしになる式のことわざですか。

投稿: Auty | 2006年8月 3日 (木) 18時33分

http://wortschatz.uni-leipzig.de/
でGeldをひいたらこんなんでましたー

Synonyme:
Bargeld, Finanzen, Flöhe, Geldmittel, Heu, Kies, Kleingeld, Knast, Kohlen, Koks, Kröten, Mammon, Mittel, Moneten, Moos, Mäuse, Münzen, Papiergeld, Pulver, Reichtum, Taschengeld, Vermögen, Zahlungsmittel, Zaster, Zunder, Zwirn

私がどっかで実際読んだ(聞いた)なあ、と思えるのはMausくらいでしょうか。
石炭、っていうのはもしかして戦後石炭がすごく貴重であったころの名残だったりするのでしょうか?

投稿: spatz | 2006年8月 3日 (木) 22時33分

>Autyさん
さーすが、目のつけどころが違う!そうです、「Viele Koeche verderben den Brei」多ければいいってもんじゃない、ということでしょうかね。

>Spatzさん
調べてくださったんですね、ありがとうございます。おー 素晴らしい!Muenzen とか Zahlungsmittel などは分かるのですが、Floehe とか Pulver とか、面白いですね!ありがとうございます。たかが金、されど金・・・。いえ、お金は「たかが」ではないですね!

投稿: ありちゅん | 2006年8月 3日 (木) 23時58分

うわーこんなにあるんですね!
私も、知っているのはMaeuseと Kohleくらいですかねえ。
樅の木 さんのおっしゃる、ゆびをくしゅくしゅ、とさせるジェスチャーもよく見かけます。

おまんじゅうといえば、
袖の下、みたいな言い方もあったような。
なんでしたっけ...??


投稿: kio | 2006年8月 4日 (金) 16時24分

kio さん、中華麺ナイスでしたね。次は素麺とか蕎麦とかにも挑戦してみてくださいね。
Spatzさんが検索してくださった言葉、すごいですよね。そうそう、日本語でも「袖の下」ってありました。「先立つもの」とか「じぇに」とか「じぇじぇこ」とかも。(方言かな?)

投稿: ありちゅん | 2006年8月 4日 (金) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TOFU (豆腐) | トップページ | eine Ente と ein Käfer (アヒルとかぶと虫) »