« Milka Tafelschokolade の種類 | トップページ | Rittersport 正方形チョコ いろいろ »

2006年9月27日 (水)

Eierlikör (玉子のリキュール)

昨日、Milka のチョコレートのラインナップで「Eierlikör(玉子リキュール)入り」というのがありました。なつかしの Eierliekör。 あんまし美味しくないと私は思ったのですが、ドイツでは好まれているみたいですよね。どの家庭にも1本あったりして・・・

だもんで、Wikipedia で検索してみましたら、載ってるんだなーこれが。オランダが発祥の地らしいです。

******************************

Eierlikör (玉子のリキュ~ル)

原材料:
玉子の黄身(1リットルにつき140グラム!ドロ~リ!)
砂糖か蜂蜜(1リットルにつき150グラム!甘い!)
アルコール(14度以上 あれ?もっと濃いんじゃないかなぁ。)

これらを混ぜ合わせて乳化させた、黄色いドロ~っとした怪しい液体が「Eierliekör」。レシピによっては生クリームも加えるそうです。何度か飲んだことがありましたが、もろ玉子の黄身の味がしました。冬山で遭難したときに飲むといいかも。カロリーもコレステロールも高そう。

|
|

« Milka Tafelschokolade の種類 | トップページ | Rittersport 正方形チョコ いろいろ »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

うわ~すごそう...考えただけで寒気がする~^^;実はお酒苦手なんです。お菓子じゃないけどMilkaの延長線で反応してしまいました。たまにドイツ人てどうゆう味覚してるんだろう~と思うことがあるんですけどこれも相当すごいよね。
万国共通の味のはずのマックもかなり塩味強く感じました。でもドイツ本当に大好きなんでそれもいい思い出。安いスタンドのパンやソーセージがとってもおいしいんですよね。
また、お菓子期待してま~す。

投稿: MUNCHEN大好き | 2006年9月27日 (水) 23時14分

★MUNCHEN大好きさん

こんばんは~ 玉子リキュールに反応してくださり、ありがとうございます~。そういえば今思い出しましたが、イースターにチョコレートをいただいたことがありました。イースターだから玉子の形。「わーい^^」と思ってかぶりついたら、中から玉子リキュールがドロ~リ。玉子チョコだから当たり前といえば当たり前なんですが、ちょっとガッカリしました。私的には中からコーヒークリームとか、フレッシュな生クリームとかが出てきてほしかったので・・・。

投稿: ありちゅん | 2006年9月27日 (水) 23時31分

タマゴリキュール、もちろん経験あります。あれはくどいですね~。でも、わたしの周囲であれを飲む人間が他にいなかったので、わたしがすべて飲み干しました。

リキュールで美味しかったのは、近所の村で作っていた葡萄のリキュール。これは絶品でしたよ♪もう、飲めない人が可哀相というぐらい美味しかったですよ。
あと、Mozartのチョコレートリキュールも結構いけました。思ったほど甘くなくて。

玉子色のフォント、読みにくいある。(笑)

投稿: 樅の木 | 2006年9月28日 (木) 00時30分

★樅ちゅん様

コメントありがとうございます。樅サマが全部お飲みになったんですか・・・気の毒。ありゃ甘いですもんね。しかもミョ~に玉子臭くって。玉子リキュール会社は、黄身を入れるのはいいけど白身はどうしてるんだろう・・・と心配になりました。

玉子色のフォント、確かに読みにくいのですが、伝統的なEierlikoerは着色料を入れてはいけないそうなんです。だから読みにくいけど仕方なくってね~ 天然の色だから。

投稿: ありちゅん | 2006年9月28日 (木) 07時00分

ありちゅんさん、こんばんわ。今朝から気になっていた卵のリキュールの記事、やっと読ませていただきました。これっていわゆる卵酒のようなものでしょうか?ドイツ人のお料理の先生がなんとなくこれのことを言っていたような記憶がかすかにあります。体があたたまりそうですがお味はどうなのか...。
風邪とかひいたときに効きそうな気がしますが卵の黄身の味が濃いような気もしてアルコールとはいえ躊躇しそうです。ですが、こないだ作った梅酒を飲んでみたらおいしかったので今度はこれにチャレンジしようかな♪
作ったらブログに載せますね。

投稿: みみ | 2006年9月28日 (木) 19時49分

アドヴォカートというリキュールがあります。卵とブランデーを混ぜたもので、とても甘くて、滑らかな舌触りです。ちなみにアドヴォカートとはオランダ語で「弁護士」。これを飲むとどんなに口下手のひとでもぺらぺらと口がうごくようになるという意味があります。古谷三敏の酒マンガ「レモンハート」にもたしか登場しました。甘党ななすびにはとてもおいしく感じられる、西洋玉子酒です。

投稿: なすび | 2006年9月28日 (木) 21時40分

★みみさん

こんばんは~ 玉子リキュールの世界へようこそ(笑)。これ、よく瓶に入って普通のリキュールと同じように売っていました。アルコールが入っているから腐らないんでしょうね。おまけに糖分も相当なもの。う~ん お味はあまりお勧めできないような・・・。玉子がお好きな方なら美味しく飲めるかもしれませんが。極甘で濃厚な玉子酒と思っていただければ、当たらずとも遠からず。分量を少しにして試しに作ってみるのがいいかもしれませんね。

★なすびさん

そう、それ!別名「アドヴォカート」です!ドイツでもそう呼ぶことがあるって出てました。だけどそう呼ばれるようになった謂れまでは書いていませんでした。そうですかー これを飲むと、口が滑らかになるからなんですね。今でこそ玉子は安いけど、昔は玉子って滋養豊富で高価な食材でしたよね。これを飲めるのは、金持ちのステイタスだったりして。

投稿: ありちゅん@う~ん ビミョ~な味です | 2006年9月28日 (木) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Milka Tafelschokolade の種類 | トップページ | Rittersport 正方形チョコ いろいろ »