« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立(その4) | トップページ | Milka (ミルカ) のチョコレート »

2006年9月19日 (火)

Leipziger Allerlei の伝説

Leipziger_allerlei_4 Leipziger Allerlei という料理を私は存じませんでした。写真を見ても、地味。野菜が苦手なうちの子供が見たら「おえっ」としそう。うちのワンコが見たら「肉はないんかー肉は~!ケチケチせんと肉入れんか~」と怒りそう。なぜ野菜だけ??? 湖水地方ってわけでもないのに、なぜザリガニ?

***************************************

ドイツの Wikipedia を調べたら、面白い伝説が載っていました。ホントかどうかは別として、人間の心理を表していて、すご~く笑えます。

ナポレオン戦争の後、豊かだったライプチヒの市内には物乞いをする人と税金取立人で溢れたそうな。豊かなほうに流れますもんね、人は。そういった人々から市を守るため、Stadtschreiber (都市文書官 何だ、コレ?たぶん役人さん。)が議員や有力者たちに提案したそうです:

„Verstecken wir den Speck und bringen nur noch Gemüse auf den Tisch, sonntags vielleicht ein Stückchen Mettwurst oder ein Krebslein aus der Pleiße dazu. Und wer kommt und etwas will, der bekommt statt Fleisch ein Schälchen Gemüsebrühe und all die Bettler und Steuereintreiber werden sich nach Halle oder Dresden orientieren.“

「ベーコンは隠してください。食卓には野菜だけ載せましょう。ま、日曜日くらいはソーセージ一切れとプライセ川にいるザリガニを添えてもいいかもしれませんがね。誰かが物乞いに来ても、肉を与えてはなりません。コンソメで煮た野菜を一皿 出すのです。でもって、物乞いする人や税の取立人は さっさとハレやドレスデンに追いやっちゃいましょう!」

*********************************::

Pleiße (プライセ)川は、ザクセン地方を流れる支流だそうです。ザリガニがよく釣れたんでしょうね。何をエサにして釣ったか個人的に興味ありますが・・・腐ったスルメ?(謎爆)

|
|

« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立(その4) | トップページ | Milka (ミルカ) のチョコレート »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん、こんばんわ。
うちは去年ザリガニの「ザリ」を飼っていたので、この料理はパスです。
こんな料理は今でもあるんでしょうかねえ。

投稿: みみ | 2006年9月19日 (火) 22時02分

★みみさん~

私もザリちゃんはダメです。昔、井の頭公園の川(神田川の源流があるのです)で、よく子供たちとザリガニ釣りをしまして、家で飼っていたもので・・・。どうしてもあの姿を連想してしまいます。もっとも、アメリカザリガニって食用に輸入したものが野生化しちゃったらしいですよね。

投稿: ありちゅん | 2006年9月19日 (火) 23時26分

ありちゅんさん、アメリカザリガニの話は、少し違いますよ。食用ガエルのエサに輸入したものが逃げ出した、が正しいですよ~。

投稿: なすび | 2006年9月20日 (水) 20時44分

★なすびさん

げげっ 恥ずかしい・・!アメリカザリガニは人間の食用ではなく、食用ガエルの食用だったんですね・・・。ブログの本文に書かなくてよかった~。教えてくださり、ありがとうございました。

投稿: ありちゅん@赤面 | 2006年9月20日 (水) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 習志野俘虜収容所 ある日のお献立(その4) | トップページ | Milka (ミルカ) のチョコレート »