« Leipziger Allerlei の伝説 | トップページ | Milka Tafelschokolade の種類 »

2006年9月26日 (火)

Milka (ミルカ) のチョコレート

うちの近所に、輸入食材を売るお店があります。Milka は売ってないかな~とずっと探していたのですが、入荷待ちということで なかなか入ってきませんでした。ところが週末、ふらりと立ち寄ったら店頭に Milka が。逢いたかったよ~

P9240011_1
上はKuhflecken(牛柄)、下はAlpenmilch(アルペンミルク)

ドイツに行かれた方なら(特に女性)ご存じと思います。ミルカの紫パッケージ。最初見たときは「ぎょっ」としてしまったのですが、慣れるとこの紫がクセになります。昔はもっと色々な味の板チョコが輸入されていたのですが、最近はAlpenmilch と牛柄のチョコと、エアインタイプしか見かけないような気がするのですが・・・。個人的にはコーヒー味とか、ヨーグルト味が好きだったんだけどなぁ。

Milka 色の HP

1825年11月:Philippe Suchard (フィリップ・スシャール)がスイスのノイエンブルクという町でお菓子屋を開き、チョコレートを売り出す。

1901年:「Milka」ブランドが出来る。当時、チョコレートにミルクを入れるという発想がなかったそうです。1890年代に同社がビターチョコレートにミルクを入れてまろやかにすることを思いつき、試行錯誤の末、Milch + Kakao = Milka というブランドを生み出したとか。 誕生時から既に紫色のパッケージだったそうです。

1973年:Milka のマスコット、紫色の牛が誕生。それまでも牛はパッケージに載っていたそうですが、あくまでも「白黒」。この年に牛も紫に衣替え。

Milka パッケージの変遷 (面白いから見てね♪) クリックすると歴代のパッケージが見られます。

***********************************

Milka ではもちろん、板チョコだけでなく サンタのチョコ(衣装が一部 紫だったりする)とか、イースター用のウサギや玉子のチョコ(ウサギも玉子も紫だったりする)とかも販売されているのですが、やっぱり Milka イコール 板チョコ、と思ってしまうのは私だけでしょうか。日本のチョコに比べて糖分は多いけれど、カカオに混じりけがないような気がします。

|
|

« Leipziger Allerlei の伝説 | トップページ | Milka Tafelschokolade の種類 »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさ~~ん
待ってました!!MILKAこれこれこれですよね。^^なかなか私の口に合うお菓子に出会えないドイツで本当に美味しいチョコレート。初めて行った20年前を(そんなになるのね^^;)思い出しました。
特別の思いがあるのでうれしいです。
ミルクとカカオなんて思いもよらなくてびっくりでしたよ~。どんなに疲れてもこれで癒されまた歩けるんですよね。明日またまた影響されて買いに行きます^^

投稿: MUNCHEN大好き | 2006年9月25日 (月) 23時09分

★MUNCHEN大好きさん

わーい コメントありがとうございます^^ブログのタイトルを「やっぱりミルカが好き♪」に変えようか、真剣に検討中です。なんちって。記事の中にリンクさせていただいている、パッケージの変遷をご覧ください!20年前くらいのパッケージもありますよね。あの包み、記憶にありました。とにかく最初は紫色にぎょっとしてしまうのですが、甘くて混じりけがなくて美味しいですよね。明日、ミルカの板チョコのラインナップを挙げてしまおうと計画中です・・・。

投稿: ありちゅん | 2006年9月25日 (月) 23時16分

私も20年近く昔、Milkaにはまって食べまくったことがあります。
私もコーヒー味が好きでした。今は「あまり食べてはいけない」と自制して、買わなくなりましたが、なんと、コーヒー味は入手しにくくなったのですね。うう、残念。

投稿: まがり | 2006年9月26日 (火) 18時51分

★まがりさん

わーい コメントありがとうございます^^ まがりさんも20年くらい前にハマられたんですか?私もです。あの頃はいくらでも食べられたんですが・・・。今回、久しぶりにアルペンミルヒを食べてみたのですが、ちょっと甘すぎるかも。やっぱりコーヒー味ですとか、ヨーグルト味とかが食べたいなぁ・・・。今 日本で売られている味じゃないのが好きだったのですが。

投稿: ありちゅん | 2006年9月26日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Leipziger Allerlei の伝説 | トップページ | Milka Tafelschokolade の種類 »