« Rote Grütze (ローテ・グリュッツェ) | トップページ | 習志野収容所とベルリーナ »

2006年10月 6日 (金)

Beeren (ベリー類)

風邪を引きました~と昨日書いてしまいましたが、幸い 喉と鼻にしか来ていないので、アタマは普通に動いてくれます。いろいろ優しく温かいコメントを書いてくださり、ありがとうございました。実は少し古い記事なのですが、せっかくなので載せさせてくださいまし。他にもベリー類があったんじゃないかな、と思って載せそびれておりました。↓

*********************************************

先日、ジャムを買いました。あまり深く考えず、「おっ ラベルがかわいい」くらいのノリです。

Pa060032
Pa060031

ラベルをよくよく見ると、色々な種類のベリー類が入っている模様。オーストリア製ですね♪ そういえばヨーロッパの方々は木の実や草の実をよく食べますよね。「何とかベリー(ドイツ語では 何とかベーレ)」と聞いても、いまいちイメージがわかないときもあるので、ついつい調べてしまいました。なお、独和辞典で調べるより、独英辞典のほうがピンと来ました。こういったベリー類は、むしろ外来語の呼び名のほうが日本語として定着していますもんね。

****************************

Blaubeere Blaubeere (Heidelbeere) :ブルーベリー。日本語名は「こけもも」。Heidelbeere ってBlaubeere のことだったんですね・・・別物かと思っていました。

Brombeere Brombeere :独和辞典には、「木苺類の実」としか出ていませんでした。独英辞典で引いてみたら、「blackberry(ブラックベリー、黒イチゴ)」。黒いラズベリーと思えば、当たらずとも遠からずといったところでしょうか。
Brombeere 

Johannisbeere Johannisbeere :Johannisbeere には赤と黒があるそうです(写真には黄色いのもありますが)。独和では「スグリ」。独英辞典によると、アカスグリは「currant(カラント、アカスグリ)」。クロスグリは black currant (ブラックカラント)。なるほど。
Rote Johannisbeere 

Himbeere Himbeere :ラズベリー。これ、苗を買ってきて育てたことがあります。ほったらかしでも実がなるので嬉しかった♪ ただし、一日2~3粒しか収穫できなかったんですが・・・。植木鉢だったからかな。

Stachelbeere Stachelbeere :和独辞典によると、「セイヨウスグリ」だそうです。独英ですと、gooseberry (グーズベリー)。
Stachelbeere

Preiselbeere:Preisel_und_blaubeere_1 和独辞典によると、「こけもも」。独英辞典では 「cranberry(クランベリー)」。こっちのほうがイメージがわきますよね。

|
|

« Rote Grütze (ローテ・グリュッツェ) | トップページ | 習志野収容所とベルリーナ »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

朝食のBroetchenにはこの手のジャムがいちばん良かったと思います。
ベリー グッドでした。

m(_ _)m

投稿: 樅の木 | 2006年10月 7日 (土) 08時38分

★樅さま

コメントいただき、サンキュ~ベリ~マッチでございます♪ 今朝、このジャムを開けてみました。懐かしいドイツ系の味。Johannisbeer系かな、と思いきや、Brombeer が強いような。色も黒かったです。でも美味しかった♪

投稿: ありちゅん@むふふ♪ | 2006年10月 7日 (土) 20時45分

ホントにかわいいラベル!ロゴのカリグラフィーが素敵ですね。しかも美味しかったと聞いては・・・ゴックン!(よだれが・・)
ベリー類の写真の中のStachelbeereまだ子供だった頃よく食べた事があります。この透き通った実の感じが懐かしい!ブルーベリーは最近は日本でもメジャーになってきて実のままでも売ってますよね。軽井沢で買ったのをそのまま冷凍庫で凍らせて最近までヨーグルトに入れて食べてました。私が今使っているドイツのジャムにはBilberryと表示されてます。

投稿: ろこちゃん | 2006年10月 7日 (土) 22時14分

★ろこちゃんさん

こんばんは~ いつもコメントありがとうございます^^ Stachelbeereをご存じとはビックリです!私は意識して食べたことがなかったので、今回写真を見て「なるほど、こういう実かぁ。知らなかった~」と思ったクチです。ドイツの物語などを読むと、よく「森でイチゴ摘みをしました云々」というのが出てくるため、私はてっきり、いわゆるストロベリーを摘んだのだと思っておりました。でも、森で摘んだイチゴはストロベリーではなく、記事に載せさせていただいたようなベリー類であったのかなーなどと今更ながら思ってしまいました。

生のブルーベリー、私も好きです。なぜかヨーグルトに合うんですよねーー私も草津に行った際、買ってまいりました。ちょっと酸っぱかったので、砂糖を入れて少しだけ煮て、ヨーグルトに混ぜて食べました。めちゃうま。

投稿: ありちゅん@Stachelbeereをご存じとは・・・! | 2006年10月 8日 (日) 00時01分

ありちゅんさん こんばんは。
久しぶりにお邪魔させていただいたら、目からうろこのベリー類!(ヘンな日本語ですみません)
私はドイツへ行くと必ずジャムを買って帰るのですが、ろくに調べもせずにどんなベリーであるかも知らずに食べていました。
今日、今、初めて私はこれら写真のベリーを食べていたのだと知り、感動しています!
去年買って帰ったStachelbeereがこの写真のような実で、しかも英語ではGooseberryだとは!(赤毛のアンにも出てきますよね!)勉強になりました!!

投稿: mercedes | 2006年10月 8日 (日) 22時58分

★mercedes さん

こんばんは~ コメントありがとうございます。そーなんです、私も目からウロコがポロっと落ちました。Stachelbeere がこんな実だったとは・・・Johannisbeere がカラントだったとは・・・云々。私もベリー類は好きでして、特にこの写真みたいなミックス味がお気に入りです。でも詳しいことはあまり気にせず食べておりました。今でこそ様々なベリー類のジャムやらケーキやらお酒やらが手に入りますが、少し前って「ベリー」といえば、「ストロベリー」、せいぜい「ブルーベリー」くらいでしたもんね。いやはや 奥が深い世界でございます・・・

投稿: ありちゅん@同感!目からウロコのベリー類 | 2006年10月 8日 (日) 23時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Rote Grütze (ローテ・グリュッツェ) | トップページ | 習志野収容所とベルリーナ »