« Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) | トップページ | Beeren (ベリー類) »

2006年10月 3日 (火)

Rote Grütze (ローテ・グリュッツェ)

先日、大昔にホームステイしたお宅のお父さんから手紙が届きました。今の時期は、収穫期で大忙しなんだそうです。数年前に定年を迎えてから、家庭菜園にいそしんでいます。果物だけでも十数種類も収穫できるとのこと。人間がすっぽり入れるほど大きな冷凍庫が地下室にあり、そこでベリー類は冷凍保存していますので、年中 イチゴでもスグリでも取り出して食べられます。

そのお宅のお母さんの十八番が「Rote Grütze (ローテ・グリュッツェ)」。私、これはてっきり全国(ドイツ中)でメジャーなデザートかと思っていたのですが、もともとは北ドイツのものらしいです。南部でも食べられているのか自信がないのですが・・・。

P9130031_3

Rote Johannisbeeren und Himbeeren mit wenig Wasser aufkochen und passieren, Zucker hinzufügen.  Maisstärke in Wasser auflösen und zur Fruchtsuppe geben, aufkochen und in Glasschalen füllen; eiskalt mit süßer Sahne oder mit Vanillesauce auftragen.
(赤いスグリとラズベリーに少しの水を加えて煮立て、漉して砂糖を加える。水溶きコーンスターチを加えて煮立て、ガラスの器によそう。砂糖を加えた生クリームやバニラソースを載せ、冷やす。)

Wiki にも載っていました♪

キッチン辞典によると、本来は漉したものに濃度をつけるだけだったそうですが、最近ではその中に丸ごとの実を加えてゴ~ジャスにする傾向にあるそうです。

また、ウィキペディアによると、伝統的なローテ・グリュッツェにはイチゴは使わないとか。今ではそれほど厳密に考えず、庭になっている実など何でも入れてかまわないみたいです。

変化形として、Stachelbeere(←セイヨウスグリだそうです)などを入れたGrüne Grütze(緑のグリュッツェ)、モモやパイン、バナナを使った Gelbe Grütze (黄色のグリュッツェ) もあるんだとか。そういえばキーウィを入れた Grüne Grütze を見たことがありました。黒い種で中身が分かっちゃった♪

|
|

« Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) | トップページ | Beeren (ベリー類) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

なんてなんてなんておいしそうなのーー!
夜中なのによだれたれちゃうんですけれど。

ドイツにあんまり長期間いたことがないので、食べたことないような気がします。でも、おいしそう。。。いいなー

このグリュッツェって言葉をきいてまったくまったく関係ないんだけれど、思い出したことばは、Zuerichにいくとみんなかならずいう挨拶。グリュッィー(HalloでもなくGruess Gottでもなく、あそこの街はこれしかない)

しかししかしおいしそう・・・
ドイツ、何年も足を踏み入れていません。なんだか生きたくなってしまいます。ありちゃまのブログを読んでいると。

投稿: spatz | 2006年10月 4日 (水) 00時08分

ぼくの居たのはKAですので、ほぼ南部と言って差し支えないところですが、Kohlenpot出身の方や、東ドイツから亡命してきた人などもいて、周辺で煮炊きされるものはかなりクロスオーバー気味でした。

このグリュッツェも一度くらい頂いたことがあるみたいな気がします。ヨハネスベーアにザーネをかけただけってのもよく頂きました。

ヨハネスベーアはぼくには酸っぱすぎて、大変でした。

投稿: 樅の木 | 2006年10月 4日 (水) 04時04分

★シュパりん

この写真、ちょっと色が悪いのですが美味しそうですよね。Mutter のローテ・グリュッツェは、アイスがメインでした。バニラアイス(Moevenpickなどの)をガラスのBecher によそい、その上からトロ~っとローテ・グリュッツェをかけるんです。これが美味しくってねーーー無農薬の自家製フルーツで出来ているかと思うと、さらに美味しい。そのMutter がアルツハイマーになってしまったので、あの美味しい美味しいデザートをみんなに振舞いながらニコニコすることがないかのと思うと悲しいです。

★樅さま

Pot という言葉をご存じだとは、さすが樅さま!Ruhrgebiet の人たちはみんな自嘲的に「Pott」とか「Ruhrpott」「Kohlenpott」とか呼んでいましたが、KAでもそれを口にする方がいたんですね。おっしゃるとおり、Johannisbeeren は酸っぱい!あれを生で食べる人もいましたが、私は無理・・・砂糖入れてくれないと。

投稿: ありちゅん@rote Glatze に非ず | 2006年10月 4日 (水) 07時45分

こ、これは・・・・! た、食べたいっ!!!

投稿: なすび | 2006年10月 4日 (水) 20時45分

★なすびさん

コメントありがとうございます。上のコメント欄にもちらっと書かせていただいた、アイスにRote Grütze をかけるのが絶品だったんです。白いバニラに真っ赤な色が映えて綺麗なんですよーーー

投稿: ありちゅん@オススメ | 2006年10月 4日 (水) 21時01分

ドイツで食べました。おいしくて日本に待ちかえり食べました。日本では売ってませんかねー。

投稿: りりー | 2013年2月 1日 (金) 10時09分

★りりーさん コメントありがとうございます。美味しいですよね。日本でも最近は、「ミックスベリーの●●」みたいな感じで、ベリーがたくさん入ったデザートをたまに見かけるような気がします。私が子供のころ(大昔です^^;)は、ベリーといったらイチゴしかなかったのですが、今はイロイロありますよねー。でも、もっと手軽に食べられるといいな♪と思います。

投稿: ありちゅん | 2013年2月 2日 (土) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tag der Deutschen Einheit (ドイツ統一の日) | トップページ | Beeren (ベリー類) »