« Nagel (釘) を使った言葉 | トップページ | Eier (タマゴ) »

2006年10月30日 (月)

zwischen Hammer und Amboß sein (窮地!)

お仕事で「zwischen Hammer und Amboß sein」という表現が出てきました。そういえばHammer (カナヅチ)を使った表現ってよく見かけるので、ちょこっと辞書で調べてみちゃったりして・・・

zwischen Hammer und Amboß sein 
Amboß : 「金敷(かなしき)」「鉄床(かなどこ)」。中学校では技術を習っていない世代(今は男子も家庭科を習うし、女子も技術を学びますよね。昔は別々でした)なので、よく分からないのですが、辞書の図解で見る限り、ハンマーの台にする工具かなぁ? zwischen Hammer und Amboß sein で、「ハンマーと鉄敷の間にいる」転じて「窮地にある、進退きわまっている」という意味のようです。ハンマーで今にも打たれてしまう・・・!という様子が目に浮かぶような。うん、確かにピンチだ。

ob er Hammer oder Amboß sein will:
「ハンマーになりたいのか、金敷になりたいのか」から転じて「人を使うほうになりたいのか、使われるほうになりたいのか」だそうです。うーん こんなこと詰問されたら困っちゃう。新聞の見出しに、「Hammer oder Amboß sein?」と出ているのを見たことがあります。「打つか打たれるか」かな。「討つか討たれるか」かしら。

ほかにHammer を使った表現といったら・・・

Das ist ein Hammer!
「そいつはすごい!」「すばらしい!」「そりゃひどい(皮肉)」これは映画などでもよく出てきます^^

Er weiss, wo der Hammer hängt
「どこにハンマーがかかっているか知っている」から転じて、「彼は事情に通じている」、「様子が分かっている」
.)

etwas unter den Hammer bringen
競売でハンマーを打つ動作から転じて「競売にかける」

einen Hammer haben
「ハンマーを持っている」で、「頭がおかしい」。 大きなお世話じゃ!・・と怒りつつ・・・同じ意味で 「einen Vogen haben」 というのもよく聞きますよね。

*************************************

Pa290049

Lindt の板チョコ、買いました。そのうち時間ができたら、Lindt のホームページも調べてしまおう。トブラローネの隠れキャラみたいに、何か発見があるかも・・・

|
|

« Nagel (釘) を使った言葉 | トップページ | Eier (タマゴ) »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

der Amboss
ぎょーかいでは(何の業界だ??)
「アンビル」とよく訳されているようです・・・

投稿: spatz | 2006年10月30日 (月) 23時09分

音楽界(?)では、鍛冶屋の合唱のことをアンビルコーラスと言ったりしますね。かなとこを叩きながらリズムを刻むという楽しいお歌です。
空には「かなとこぐも」というものもたまには浮かんでいるようです。靴を履いて足の裏を天に向けたようなカタチの雲。なんか、罰当たりそう(^^;)

投稿: 樅の木@おしっこししました | 2006年10月31日 (火) 00時59分

★シュパちゃん

「あんびる」?そういえばワタシ、しばらく松戸に住んでいたことがあります。あのあたり、「安蒜(あんびる)」さんという方が多いんですよね。最初、読み方が分からなくて「???」でした。このことだったのかぁ~ 今頃ナットク。

★樅サマ

>おしっこしました

も、も、樅サマ・・・最近、何かから解き離れたようにお見受けいたします(^^)開放感あふれるコメント、今後も期待してまっせ。

冗談はbeiseite, 「あんびるコーラス」って楽しそう。ちょっとだけ「蛭」を連想しちゃったけど。子供が学校で「ハレルヤ」を習い始めました。懐かしい~♪ ワタシも高校の頃、学校で歌いました。ワタシ音痴なんですけど、あれなら大声で歌うから私の音痴も目立たない・・・。ちなみに運痴ではございません。

投稿: ありちゅん@おぉぉ・・・ | 2006年10月31日 (火) 08時01分

あ、最初の「し」は「ひ」の間違いですから~♪

投稿: 樅の木 | 2006年10月31日 (火) 08時35分

★樅ちゃん

いつから江戸っ子に・・? 

ところで

Schläbchen/Schläblein/Schläble/Schläbli いろいろあるよ~ん♪

投稿: ありちゅん@アレ? | 2006年10月31日 (火) 18時50分

Hammer, Zirkel und Ährenkranz
DDR-Fahne!!

投稿: spatz | 2006年10月31日 (火) 23時14分

★すぱちゃん

おー確かにそうであった。ハンマーと「かなとこ」がDDRの旗ね♪ あれ?違ったっけ?

投稿: ありちゅん@た、確かに・・・ | 2006年10月31日 (火) 23時32分

Amboß の何たるかを知りたかったら、マンガ Asterix (オリジナルはフランスだけれどドイツ語版のほうが長命)の Automatix の仕事場を見ましょう。;-)

投稿: takuya | 2006年11月 5日 (日) 00時34分

★takuya さん

す、す、すみません・・・Asterix って存じませんでした。Manga なんですか・・?

投稿: ありちゅん | 2006年11月 5日 (日) 11時32分

ええ、ドイツ人は誰でも知ってますよ。ローマ時代のガリアを舞台にしたマンガ。「プチ・ニコラ」などで知られたゴシニーがストーリーを作っていた名作。いまでもドイツの駅の書店なんかには、日本産のMangaに押されながらも置いてあるのではないでしょうか。その脇役の一人が鍛冶屋なんです。

投稿: takuya | 2006年11月 5日 (日) 18時04分

★takuya さん

詳しく説明してくださり、ありがとうございますm(_ _)m
ドイツやヨーロッパ産のマンガはほとんど知らなくて・・・。日本のマンガは大好きだったんですが。辞書の図解を見ましても、Ambossはいまひとつピンと来ません。ドイツの方々にとっては日常的によく使う道具なんでしょうね。

投稿: ありちゅん | 2006年11月 6日 (月) 09時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nagel (釘) を使った言葉 | トップページ | Eier (タマゴ) »