« zwischen Hammer und Amboß sein (窮地!) | トップページ | Bauernfrühstück(農家の朝食) »

2006年11月 1日 (水)

Eier (タマゴ)

食べ物の話ばかりで恐縮です・・・。今朝、朝食でタマゴを料理していて思い出しました。

Bauernfrühstück (バウアルン・フリューシュテュック)

直訳すると「農民の朝食」。ベイクドポテトとベーコン、タマネギの入ったタマゴ料理。調べた限り、「タマゴ入りポテト」っぽい仕上がりと、「ポテト入りオムレツ」っぽい仕上がりがあるみたい。「朝食」と言っても、朝いただくとは限らないようです。お世話になった家庭では、よく夕食に出ました。これを黒パンにのっけていただくのですが、すんごいボリューム。最後に庭で採れたSchnittlauch (万能ネギみたいな細いネギ)をパラパラっとかけるのがコツだとか。

そうえいば「あそこのホテルでは朝食にタマゴがつくんだぜ~」という話をよく耳にしたような気がするのですが気のせいかな。タマゴがつくかどうかが、ホテルのサービスを左右するのかしらん。

ほかにタマゴ料理といったら、

Rührei (スクランブルエッグ)

Spiegeleier (目玉焼き)

Gekochtes Ei (ゆでタマゴ)

Verlorenes Ei (直訳すると「迷子のタマゴ」 かわいいですね~。ポーチドエッグです。)

Arme Ritter (直訳すると『貧しい騎士たち』、タマゴと牛乳に浸したパンをバターで焼いた、いわゆる「フレンチトースト」。タマゴ料理というより、タマゴを使ったパンですが・・・検索していたら出てきたので、おまけ。)

Strammer Max (直訳しますと「たくましいマックス」。パンの上にハムと目玉焼きをのっけた物。こんな感じ。語源を調べてビックリ。ちょっとブログには書けません…。精力がついちゃうくらいボリュ~ム満点、というところから来たみたい・・・としか書けません。ご了承を。ど~しても知りたいアナタ、ドイツ語ですが・・・

********************************************

では、仕事します・・・。

|
|

« zwischen Hammer und Amboß sein (窮地!) | トップページ | Bauernfrühstück(農家の朝食) »

「ドイツの食品」カテゴリの記事

「レシピのドイツ語」カテゴリの記事

コメント

あり殿も「忙しいときに限ってブログ書いてしまう病」に罹っているでわないですかっ!嗚呼、どうするつもりなんだろう>お互い

ホテルの朝食のタマゴ・・・・・付いていたと思う。結構あちこち泊まったけど、あまりよく覚えていない・・・と言うことは付いていたはず。付いていなかったら、その恨み忘れないから(笑)。

バイキング式のところでは、タマゴだけはウエイターが持ってきていたってところもあったような?

投稿: 樅の木@納期明日 | 2006年11月 1日 (水) 12時42分

どれも直訳がおもしろいですね。我が家の子供たちが大好きだったArme Ritter [フレンチトースト]が『貧しい騎士たち』って!う~ん?貴族と違って貧しい騎士はパンを牛乳で浸して卵くぐらせて焼く位のものしか食べれなかったから?我が家では「おっ!今朝はただのトーストと違うぞ!」と人気だったのに・・・。Verlorenes Ei 『迷子のタマゴ』はなんとなくそんな感じ!わかる!わかる!Strammer Maxはハムエッグのせトーストみたいなのにブログに書けないような凄い語源なんて、あ~誰が命名しちゃったんだろう・・・。

投稿: ろこちゃん | 2006年11月 1日 (水) 15時59分

タマゴ、いいですね~。 少々料理が下手でも、最後にタマゴで閉じてしまうと、何とかなってくれる、かなりのお助けアイテムですよね。
Frühstückに、Ei im Glass(mit Butter)ってのもありますよ。
ガラスの器にポーチドエッグがポコンッと入っていて、バターの塊が上に乗っかっていました。本当は、ウエイターのお姉さんが私のところに持ってきてくれる間に、いい具合にバターが溶けている・・という仕組みらしいですが、しっかり硬いバターが乗っかってまして、非常に意味のわからないシロモノでした。ただの半熟タマゴでした。バターが溶けていたとしてもおいしかったかどうかはナゾです。私は”しょうゆをかけたい・・・”と思い、友人は”タバスコください!”と頼んでいました。

投稿: mikya | 2006年11月 1日 (水) 16時52分

なんちゃってなBauernfrühstück を作りました。
タマゴを食べすぎだったときだったので、控えめにしたら、「もっとタマゴ入れて~」と夫に言われちまいました。

投稿: まがり | 2006年11月 1日 (水) 18時56分

★樅ちゃま

こんばんは~ 樅さまったら、明日の納期は大丈夫でっか? 今日の夜中、ブログに襲撃かけちゃおうっかなぁ~(ウソ。夜中は爆睡しているに違いない・・・)

ところで私はビンボーだったので、泊まるホテルは大抵コンチネンタル様式の朝食だけでした。つまりぃパンとコーヒーだけ。だって1泊30マルクくらいのところばっかりだったんだもん・・・

★ろこちゃんさん

こんばんは~ 私、実はフレンチトースト、大好きだったんです。蜂蜜をかけると美味しいんですよね。ちょっと焦げているところがまた美味。あれ、けっこう手間がかかるし、焼く間も気を遣うし、決して手抜き料理とか安上がりの料理とかじゃないですよね。ま、確かに王族の朝食よりはシャビーかもしれませんが・・・でも「貧しい騎士たち」ってのは寂しいネーミングですね。そういえばキャベツの中にタマゴを落とした料理、「巣篭もりタマゴ」っていいますよね。これもなかなかカワイイ。

★mikya さん

こんばんは~ Ei im Glass ですか?し、し、知らなかった・・・上でも書いたのですが、私ったらビンボーだったため、安いホテルばっかりだったんです・・・(涙)ところでポーチドエッグ、好きです。タマゴは半熟に限りますよね。温泉タマゴも好き♪ 目玉焼きは、中まで火を通さないのがいいな♪でもって、ソースをかけるのです。明日の朝はタマゴにしよう♪♪

★まがりさん

なんちゃってBauernfrühstück、私も時々作ります。Bauernfrühstückモドキ。私もタマゴのほうが多い配合が好きです。イモが中心だと、どうもイモイモっとしちゃって・・・。ゆでたジャガイモとベーコンと冷凍のミックスベジタブルを入れちゃいます。日本のベーコンって、ドイツのベーコンほど、ベーコンベーコンしていませんよね(すみません、変な質問。)で、最後にケチャップをかけてできあがり。テフロンのフライパンで作ると楽チン。

投稿: ありちゅん@やっぱりタマゴは黄身が好き♪ | 2006年11月 1日 (水) 22時21分

ありちゅんさん、こんにちわ〜

ドイツのベーコンって、たしかに
にくっ!って感じがしますよね〜。
今日はベルリンの有名なお肉屋さんに行きました。
Blutwurstの、ヨーロッパコンペの優勝者で、
まさに、血を40リットルとか入れて作る
ソーセージの制作現場をみてきましたよ〜〜。
血がどぼどぼどぼと・・・
確かに、美味しかったですけど、すごい真っ赤で・・うぅぅっ。。。

そこではもちろん、お肉お肉〜〜したベーコンが売っていました。
あれがそえられていると、朝食なのにすごいボリュームになりますね!
農家の朝食は、力仕事が大変だからボリュームがあるという話から名前がついたと聞いた事があります。

投稿: kio | 2006年11月 2日 (木) 22時28分

★kio さん!!!

わ~い、こんにちは~。お礼のコメントが翌日になってしまってすみません。Blutwurstで思い出しました!私、このBauernfruehstueck が結構好きなのですが、中に「ハム・ベーコンの切り落とし」をよくいれていました。近所のお肉屋さんで、ソーセージなどの切れ端(端っことか、切り損なった部分とか)を真空パックにして安売りしていたんですね。でもって、ビンボーだった私はそれをよく買っていたんです。見たこともないソーセージとか、怪しげなハムとか入っていて楽しい♪ で、それを切って炒めていたら、中にBlutwurst が入っていたわけです。。気づいた時は既に遅し。あれ、熱を加えると溶け出すんですよね・・・。Bauernfruehstueck が「血の朝食」に・・・ホラーの世界ですね。Blutwurst を間違えて炒めてしまうのは、実はこれが初めてではなかったのですが。学ばない私。

投稿: ありちゅん | 2006年11月 3日 (金) 09時35分

ペンジオンとかホテルガルニの朝食にはゆで卵が
頻繁に出てくるようですね。私もコーヒー、ゆで卵、Saft毎朝摂っていましたね。

投稿: | 2012年5月29日 (火) 18時54分

こんばんは。コメントをありがとうございました。お名前が書いていなかったので、どなたか分からないのですが、以前もいらしてくださった方でしょうか? ホテルの朝食にゆで卵ってついてきますよね。たいていは半熟で、スプーンですくって食べるようになっていて。懐かしい思い出です。

投稿: ありちゅん | 2012年5月29日 (火) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« zwischen Hammer und Amboß sein (窮地!) | トップページ | Bauernfrühstück(農家の朝食) »