« Einfach schokoladig! (とにかくチョコレート) | トップページ | Räuchermann (煙出し人形) その1 »

2006年11月20日 (月)

Nussknacker (くるみ割り人形)

毎年、クリスマスの前になると血が騒ぎませんか?私だけ?いや、私だけじゃないはず・・・。このところ、ず~っとバタバタしていたのですが、ちょっとだけ落ち着いたので、クリスマスグッズが入っているダンボール箱(3箱分)を引っ張り出してきました。うひょひょ♪我が家の家宝がざくざく・・・(家宝だと思っているのは私だけだけど)

Pb200022
ちょっと埃かぶってしまいましたが・・・髪の毛パンチ。

Pb200023
白馬にまたがった凛々しいおーじ様(おじー様ではない)♪ 横に寝かせて保存していたので、髪の毛に寝ぐせが・・・

Pb210025_1

小兵ながら、ゴマくらいなら割れる・・・(かも) →

Nussknacker (くるみ割り人形)は、こういった独特の表情が好きなんです・・・。有名なのは、エルツ山地の木工細工。こんなサイトを見つけてしまいました↓

Nussknackermuseum (くるみわり人形博物館)(ドイツ語ですが・・)

このサイトに、エルツ地方に伝わる伝説が紹介されていました。ちょっとだけご紹介。

『エルツ地方に大金持ちの農夫が住んでおりました。お金はたくさんあるけど友人はなし。農夫の心は木の実のようにかたくなでした。クリスマスも一人で木の実を食べていました。

ある日、農夫は言いました。「苦労しないで木の実を割る方法を考えた者に賞金をやる」

大勢の人がやってきました。一人の兵士は、木の実を銃で撃って割る方法を考えました。村の指物師は、のこぎりで引いて木の実を割る方法を提案しました。(中略)

Puppenschnitzer(何て訳せばいいのかしら・・・木彫りの人形を作る職人さんです)は木で人形を作りました。人形の衣装は鉱山労働者が日曜日に着る服。大きな口に、硬いあご。木の実を割るための人形です。

農夫は喜び、それからはもっぱらこの人形を使って木の実を割るようになりました。やがて農夫のかたくなな心はクリスマスのロウソクのように柔らかくなり、ため込んでいた木の実も村人に分けてあげるようになりました。(またまた中略)

その人形職人は工房を作ってもらい、そこからたくさんのくるみ割り人形が誕生しました。そしてかたくなだった農夫は子供たちの人気者に。くるみ割り人形が、農夫の心を覆っていた固い殻をも打ち破ったからです。』

めでたし、めでたし。

******************************

ふと思ったのですが、Nussknacker って「くるみ割り人形」という日本語に訳されていますが、Nuss (ナッツ)全般を指すのかなぁ。ドイツ人にとっては、くるみ(Walnuss)よりもヘーゼルナッツ(Haselnuss)のほうが身近な気がするのですが・・・はてさて。

|
|

« Einfach schokoladig! (とにかくチョコレート) | トップページ | Räuchermann (煙出し人形) その1 »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

どうなんでしょうね。日本語側の事情としては、「くるみ割り人形」という日本語の訳語ができた時代には、おそらくヘーゼルナッツなんて全然知られていなかっただろうという気がします。くるみは比較的古くから知られていたでしょうね。

ピーナッツの殻はこいつでは割らないだろうけれど、確かにヘーゼルナッツは手ではちょっと剥きにくいかも。ドイツなどでは、食えないマロニエと並んでヘーゼルナッツの木もありふれているし…。

投稿: takuya | 2006年11月20日 (月) 23時49分

★takuya さん

コメントありがとうございます。ヘーゼルナッツって、ヨーロッパの人はごく日常的に食べるけど、日本人ってあんまり食べないですよね、普通は。くるみはよく見ますが。お饅頭にもよく入っていますし。ドイツ人に昔、本物のNusknacker(金属製で、ペンチみたいなやつです)をもらいましたが、どう見ても直径2センチくらいまでの木の実しか割れないんです。くるみは想定外だったんでしょうか。

投稿: ありちゅん | 2006年11月21日 (火) 00時01分

なつかしーーー感じがします。
次は次は天使かなーーーー?
なんとかbogenかなーーー
支離滅裂おやすみなさーい♪

投稿: spatz | 2006年11月21日 (火) 02時45分

はじめまして!
ドイツで検索→樅の木様のところ→こちら、とやってきました。ドイツが好きですー。翻訳も少しやっています。

うちにもクリスマスグッズ箱(ダンボール)がありますよ~。もうじきアドベントなので、すでにワクワクしてます~。ああ、こんなローカルっぽいことが話せてうれしい・・・(しみじみ)。

昔、くるみわりで、クルミをうまくわれるようになったとき、一人前になった気分がしました。

ハーゼルヌスのチョコやケーキ、大好き~

投稿: あむ | 2006年11月21日 (火) 12時50分

★シュパちゃん

真夜中にコメントありがとうございます~♪ ダンボールを引っ張り出してきたものの、中がゴチャゴチャ・・・。しまっておいたはずの物が入っていなかったり、箱が壊れていたり・・・やーね、私ったら。これから少しずつUPさせていただこうと思います。

投稿: ありちゅん | 2006年11月21日 (火) 14時10分

★あむ様

はじめまして。ようこそおいでくださいました!あむ様もドイツが大好きな方なんですね。ドイツ&翻訳者つながりということで、どうぞよろしくお願いいたします。樅の木さんのブログからいらしてくださったんですね。樅の木さんはイケメンドイツ語翻訳者さんです。この上にコメントを書いてくださったspatz さんもドイツ語翻訳者さんですよ♪

あむ様のブログと母屋も拝見いたしました。長くドイツにいらしたんですね。もしかして、お年が近いかも・・・。私はしょーもない内容の駄文ばかり書いているのですが、もしよろしければまた遊びにいらしてくださいね。独りでずっと机に座っていると寂しくなって、ついついネット内を徘徊してしまいます・・・。

投稿: ありちゅん | 2006年11月21日 (火) 14時13分

クルミ割り人形、我が家にも1体あります。今、玄関でWaechterをやらせています。クリスマスだけ働いたらええと思うな、と(爆)。

あれで、本当にクルミが割れるとは思えませんね。殻付きピーナッツを砕いて喜んでいました。
で、クルミ割りはもっぱらマニュアルでやっていました。はい、すなわち、クルミを片手に2個持って、手をむきゃぁ~っと握ると、どちらか1個がぎゃぼっと割れるのです。老化防止に良いですよ。

投稿: 樅の木 | 2006年11月21日 (火) 16時48分

我が家のクルミ割り人形もかわいいのでとてもクルミは無理でお飾りに。と言って樅の木さんみたいに手では無理なので我が家では信州で買った日本製の木製のクルミ割りが活躍してます。クルミを入れて横から差し込まれている棒をグイグイとねじこんでいくタイプの。 鳴門市ドイツ館にドイツから贈られた50センチ以上も高さのあるクルミ割り人形が飾ってあったけれど、あれなら口の中にクルミが入りそうでした。残念ながら試した事はなかったんですけれど。
最近はクリスマスイルミネーションが大流行ですが、ドイツやヨーロッパのグッズはあったかみがあってやっぱりいいですよね。アップされるのを楽しみにしてます!

投稿: ろこちゃん | 2006年11月21日 (火) 21時16分

★Gerhard 樅さま

こんばんは~ Friederike です♪ うちのくるみ割り人形、かわいいのですが どうも顎の力が弱いように思います。最近のくるみ割り人形は固いものを食べてませんからね~ 柔らかいものばかりだから、顎の鍛錬ができてないんです。うちのもそうです。いまだ固いものを割ったことがなく、割らせようもんなら顎関節炎になりそう。くるみも久しく食べてないなぁ・・・手でむきゅ~っとやると割れるなんて知りませんでした。今度やってみます。骨自慢だから♪

★ろこちゃんさま

こんばんは~ ホント、最近はどのデパートでも特設会場でドイツのクリスマスグッズを売っていますので、びっくりです。でもお値段も高くて二度びっくり。小さな小さな木の人形でもン千円したりしますもんね。何ともいえない不思議な魅力があるのですが、もう少しお値段下げてくれてもいいのに・・・といつも思います。また秘蔵のクリスマスグッズをUPしちゃおうかな~と思っていますので、お付き合いくださいませ・・・うふふ♪

投稿: ありちゅん | 2006年11月21日 (火) 23時52分

ありちゅんさん、
かわいい〜!沢山持っていらっしゃるんですね〜!!秘蔵のグッズがアップされるのが楽しみです。
私なんかドイツにいるのになんにも持ってないです。。実家には、くるみ割り人形で、
頭の部分がほこり取り?みたいになってるのがありました。静電気で吸い寄せるんです。

クルミは、ナイフを切れ込みにいれて
キュッとやると開くんだ、
と相方が言うんですが、私がやると真ん中からぽきっと割れてしまうんです。
なんで、ハンマーでがんがん叩いてしまいますが、
こうすると殻と中身が混じってしまって。
とほほ。

投稿: kio | 2006年11月22日 (水) 00時06分

★kioさん

わーい こんにちは~。くるみは、スジのところにナイフをいれ、さらにひねるとパカッと開くそうですね。でも、ナイフを入れる際に手を切りそう・・。私はどちらかというと、飴がけされたくるみとか、くるみの入ったお饅頭とかのほうがいいかも。(すぐそういう話に。)

くるみは日本人にとって馴染み深いけど、Haselnussってマイナーですよね、日本では。殻のままのHaselnussって見たことがないんです。チョコレートに入っている、ganze Haselnuesse なら知ってるけど・・・。どういうからをしているんでしょうね。

投稿: ありちゅん | 2006年11月22日 (水) 13時10分

"Schwarzbraun ist die Haselnuss "という兵隊の歌がありますな。ドイツ語版のWikipediaでHaselnussの項を見たら、「Trivia」と断ってこの歌が…。Mein MaedelがなんでHaselnussなのかと思ったら、Maedelの髪の色なんですなぁ。へぇ~。

投稿: おそるべきアマチュア | 2006年11月22日 (水) 13時27分

★おそるべきアマチュア様

こんにちは。コメントをありがとうございました。ご紹介いただいた歌、私は知らなかったのですが、検索してみましたらすぐ出てきました。可愛らしいですね。特に歌詞が。気に入りましたので、明日にもブログに載せさせていただきます。最近はメロディも聴けますし。バイエルンかどこか、南部の歌でしょうね。歌詞が南部訛りですので。

投稿: ありちゅん | 2006年11月22日 (水) 16時09分

昔、こういうのを売ってる店でバイトしたことあります~。ありちゅんさん、いろいろ持ってますねー。
お店では「昔はくるみを割れたらしいけど、今は飾りとしてのものだから割れない」って聞きましたが、あれは「本当に試して壊さないでね、壊してクレームつけないでね」って接客トークだったのかしら~?

投稿: はせ | 2006年11月24日 (金) 03時26分

★はせさん

こんにちは~♪ こういうお店でバイトなさった経験がおありなんですか?羨ましいです!一昔前はあまり知られていなかったのに、最近では有名ですよね。エルツ地方の村おこしに日本人もお役に立ててるかしら・・・。

あの顎、やはり飾りでしょうね。よく見ると結構華奢ですし。どんぐりくらいならOKでしょうが、クルミはかなりの大顎じゃないとキビシそうです。

投稿: あり・ちゅんのすけ | 2006年11月24日 (金) 11時55分

はじめまして。くるみ割りをさがしているうちに、ここへおじゃましました。
唐突でもうしわけありませんが、信州で買ったという、木製のくるみ割り、私も購入したいのですが、お店の場所や、名前など、情報をおしえていただけませんでしょうか?

投稿: のりたま | 2008年2月29日 (金) 23時01分

★のりたま様

はじめまして。ようこそおいでくださいました。くるみ割り人形をお探しですか?信州でくるみ割り人形を買ったことはないのですが… 私、そう書きましたっけ…??? 写真に載っている、馬にまたがったタイプのものは草津温泉で買い求めました。草津温泉はドイツの温泉保養地と姉妹都市契約を結んでいるとかで、「道の駅」でドイツの製品を販売しています。私はもう何年も前にそこで買ったのですが、くるみ割り人形はクリスマス時期じゃないと売っていないかもしれません。クリスマスになると、「エルツ(地方)の木製玩具」がデパートやクリスマスグッズ売り場でたくさん売られていますので、11月くらいに行かれると何か面白いものが見つかるのではないでしょうか。お役に立てず、すみません。

投稿: ありちゅん | 2008年2月29日 (金) 23時32分

引越し先を覗いてからなんとなくこちらもクリックしてみたら・・・なんか感じたのでしょうねぇ。不思議!
『信州で買ったくるみ割り』って私が書き込みしました~。これは人形じゃないんです。小さなカップ型にくりぬいた木に胡桃を入れて横からねじになった木の棒をぐいぐい差し込んで割るタイプで、以前は信州あたりではどこのお土産屋さんでも結構見かけたんですが、私が買ったのは軽井沢近くの信濃追分だったか小諸あたりの民芸店っぽいお店です。胡桃などが売っていたりする脇にあまり目立たず置いてあったりしました。

投稿: ろこちゃん | 2008年3月 1日 (土) 10時31分

★ろこちゃんさん

こんばんは~。コメントありがとうございます!旧宅にも来ていただき、恐縮ですheart そっかー確か夏休みに信州へ行かれたっておっしゃっていましたよね。上のコメントをもう一度読んだら、そう書いてくださってましたね。のりたまさんがお探しのものはどういうものなんでしょう? こういったタイプのものかしら。

★のりたまさん

こんばんは。昨夜はコメントをありがとうございました。ろこちゃんさんが教えてくださいました。こういったタイプのものでしょうか?くるみ割りもいろいろなタイプのものがあるんですね。

投稿: ありちゅん | 2008年3月 1日 (土) 23時54分

そのタイプのはスイスやドイツでも一般に売られています。スイスののみの市で2マルクでゲットしたことあります♪冬にあれで割って食べるのがオツです。

投稿: あむ | 2008年3月 6日 (木) 09時01分

★あむぴょんcake

コメントありがとうございます~。私がドイツ人からいただいた「くるみわり」は、ペンチとか、やっとこみたいな形をしたヤツです。味気ないけどガンガン割れるのだ~impact ろこちゃんさんやあむぴょんが持っているタイプのは見たことがないな~見たいにゃ~ あむぴょん、今度ブログにUPしてくださいませ。

投稿: ありちゅん | 2008年3月 6日 (木) 18時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Einfach schokoladig! (とにかくチョコレート) | トップページ | Räuchermann (煙出し人形) その1 »