« なぜ「00(Null Null)? | トップページ | Aprilwetter(4月の天気) »

2006年11月 5日 (日)

Praline (プラリネ)

今回、Praline という単語が出てきて、どう訳そうか迷いました。ご存じのように、ドイツ語のPraline は、ゴディバのチョコレートみたいに、中身の入ったチョコレート・ボンボンみたいなものを指しますが、日本語の「プラリネ」だと、ちょっと違う物を指すような気がしまして・・・

ドイツ語のPraline:プラリーヌ(アーモンド・クリーム・リキュールなどをチョコレートで包んだボンボンの類(小学館独和大辞典より)

WikipediaではDie Praline, das Praliné ist ein mit einer Ganache oder Nougat, Nüssen, Pistazien, Likör, Marzipan oder ähnlichem gefülltes Konfekt aus Schokolade(ガナッシュやヌガー、ナッツ、ピスタチオ、リキュール、マジパンやそれに類するものを中に詰めたチョコレート菓子)

英語のPraline:プラリーヌ(アーモンド・ピーカンなどを砂糖で煮詰めて固めたキャンディー(プログレッシブ英和中辞典より)

日本語のプラリーヌアーモンドに、加熱して褐色に溶かした砂糖をまぶし、冷まして細かく砕いたもの。チョコレートに入れたり、クリームやフォンダンに混ぜて用いる。.(大辞泉より)

Praline の発祥の地、フランスのプラリーヌこんがり焼いたアーモンドにカラメル状の砂糖をからめたもの、プラリネ(クラウン仏和辞典より)

****************************

う~ん、やっぱりドイツ語の Praline だけ、少し意味が違うような気がします。このあたり、お詳しい方いらっしゃいましたらお教えくださいまし。とりあえず、今回は「プラリネ」「プラリーヌ」ではなく「チョコレート」という訳を当てようかと思っています。

*****************************************

ところで余談ですが、ドイツ語の Wikipedia で調べて驚いたことがあります。このPraline を発明したのは、「Sonnenkönig Ludwig XIV」の時代の軍人のお抱えコックだそうですが、この「ルートヴィヒ14世」ってどこかの選帝侯か領主か?と思ってしまいました。よくよく考えると、かの有名な太陽王ルイ14世のことだったんですね・・・フランスの「ルイ」はドイツ語だと「ルートヴィヒ」になっちゃうんだ・・・と今頃ナットク。

|
|

« なぜ「00(Null Null)? | トップページ | Aprilwetter(4月の天気) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

Langenscheidt の独仏辞典で Praline を引くと、chocolat という「訳」が出てきますから、「チョコレート」は正解かもしれませんよ。

投稿: takuya | 2006年11月 4日 (土) 23時56分

★takuya さま

こんにちは。辞書で私のために調べてくださったんですね、ありがとうございます。私が持っていた日本語のケーキ本には、「プラリネ」というのは、砂糖がけのスライスアーモンドでした。で、ドイツに初めて行った際、「プラリーネ」がゴディバ風のチョコだったために、驚いた記憶があります。ウィキペディアには、プラリーネの例として、モーツァルトクーゲルとか、ベルギーの魚介類形チョコ(アンモナイトみたいな格好の不気味なチョコ、ありますよね!)が挙げられていました。なぜドイツ語と、その他の言語のPraline が違うのか、知りたいところです^^

投稿: ありちゅん | 2006年11月 5日 (日) 11時32分

わざわざ調べたというほどのことではないんです。これ書いている iBook にいろいろと辞書類をぶち込んであるので。

Duden の大辞典には、名前はフランスの元帥(?)du Plessis-Praslin (1598-1675) から来ていると言われている、とありますね。アーモンドのやつはその元帥の料理人が発明したとか。

クラウン仏和には、praline には「こんがり焼いたアーモンドにカラメル状の砂糖をからめたもの」とありますが、形容詞(というか過去分詞でしょうが)praliné を男性名詞として扱うと、「プラリーヌ入りのチョコレート〔菓子〕」だと書いてあります。ドイツの Praline はこちらが起源かもしれません。

投稿: takuya | 2006年11月 5日 (日) 17時59分

★takuyaさま

コメントありがとうございます^^ そうなんです、その元帥はルイ14世(ルートヴィヒ14世(^^))の下で大臣も務めていたみたいです。

「プラリーヌ入りのチョコ」は、日本でも実は見かけますよね。トブラローネの、もっと中身が多いヤツみたいな。ゴディバのチョコのような、中がとろーっとしている系統のチョコレートって、何というのでしょうね。「チョコレート・ボンボン」ですと、モンシェリ(懐かしい!ご存じですよね)のような、中にお酒が入っている系統のチョコを連想してしまいまして。

投稿: ありちゅん | 2006年11月 6日 (月) 09時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜ「00(Null Null)? | トップページ | Aprilwetter(4月の天気) »