« 本のご紹介 (クリスマスのおもちゃ) | トップページ | Räucherkerzchen いろいろ »

2006年11月24日 (金)

Räucherkerzchen (煙出し人形用のお香)

張り切って煙出し人形を引っ張り出してきましたら(あとでUPさせてくださいね)、未使用のお香も出てきました。

Pb240045

使い勝手や香りは日本のお香に似ています。検索してみましたら、Wikipedia に載っていたのですが、ウムラウト(・・)があるせいか、うまく飛ばせません。すみません。宗教上の理由で昔から存在したそうですが、煙出し人形が広まってから、このお香も一般家庭でよく使われるようになったそうです。

主な材料は:
Weihrauchbaum(ボスウェリア、乳香樹)・・・Weihrauch(乳香、にゅうこう)の素になる木だそうです。この乳香って、東方の三人の博士がイエスの誕生時に贈り物として捧げた「もつ薬」「黄金」「にゅうこう」のうちの一つですよね。この木の樹液を利用するんだそうです。)
Holzkohle:木炭
Kartoffelmehl:ジャガイモの粉(デンプンかな?)
Sandelholz:ビャクダン(白檀)
Rotbuchenmehl:ヨーロッパブナの粉(木の粉かしら・・)

これらを練り合わせ、円錐状にしたのがRäucherkerzchen。

***************************

「にゅうこう」が入っていると聞いて、急にありがたく思えてきました。だから煙出し人形はクリスマスに欠かせないんですね。大事に使おうっと。

|
|

« 本のご紹介 (クリスマスのおもちゃ) | トップページ | Räucherkerzchen いろいろ »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

私が使っているのも同じ箱です。材料に乳香や白檀が使われているなんて!今日からは今までと違う気分で香りをかぎそう・・(笑)ジャガイモの粉も入ってるなんてとこはドイツらしいですね。
写真良くみたら私のにはお香の色が少し違うのが入ってました。緑と橙とピンクの他にこげ茶(濃い紫かも)と黄色が入ってます。色によって少し材料が違い香りが微妙に違うと聞いたような記憶があるのですが。私のあてにならない嗅覚ではこげ茶が一番香りが濃いような気がしますが、香りの質自体にはそれほどの違いを感じないのですが・・実際はどうなんでしょう。

投稿: ろこちゃん | 2006年11月25日 (土) 00時49分

★ろこちゃんさん

同じ箱ですか~ このKNOXって、有名なメーカーらしいですよ。英語読みなら「ノックス」ですが、ドイツ語読みなら「クノックス」ですね。そうなんです、白檀と乳香が入っていると分かって、急にありがたく思えてくるから不思議。それまでは、うちにあることすら忘れていたんですが・・・ありがた~く焚かせてもらおうと思います(笑)色によって香りが違うんですか?今度試してみます。成分が違うのかしら。。。KNOXのHPに探りに行ってきますね。結果はあとでご報告♪ わーい なんだか楽しそう。

投稿: あり・ちゅんた | 2006年11月25日 (土) 09時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本のご紹介 (クリスマスのおもちゃ) | トップページ | Räucherkerzchen いろいろ »