« Nussknacker (くるみ割り人形) | トップページ | Haselnuss (ヘーゼルナッツ)が出てくる歌 »

2006年11月22日 (水)

Räuchermann (煙出し人形) その1

わーい♪ クリスマスが近づいてきたので、私のAussteuer (嫁入り道具)を見せちゃったりなんかしてもよろしいでしょうか・・・

Räuchermann (私の知り合いは皆さん -chen をつけてかわいらしく Räuchermännchen と呼んでいました。この煙出し人形発祥の地、エルツ山地ではRaachermannel と呼ぶそうですよ)。
「煙出し人形」です。中が中空になっておりまして、腰のあたりに金属のお皿があります。その上にお香を載せ、火をつけて上体をかぶせるとアラ不思議。お口からモヤ~~~っと怪しげな煙が。

Pb210035
今、黄色いお香を載せています。円錐形。

このエルツ地方(場所はココよ♪)では古くから、錫(すず)の採掘が盛んだったそうです。でもそれ以外には主だった産業もないこの地方の暮らしは厳しく、旧東独時代も、「貧しいエルツ」と呼ばれていたとか。森に囲まれ、木材が豊富だったことから木工細工も盛んだったそうです。採鉱業が衰退してからは、村人たちは木工品とおもちゃ作りに活路を見出すように。採鉱が盛んだった時代のなごりで、エルツ地方の人形のモチーフにはBergmann(鉱山労働者)が多いのだそうです。(参考文献:東京書籍『ドイツおもちゃの国の物語』)

煙出し人形(パイプ人形とか、スモーカーと呼んでいる本もあります)はもともと、トルコ人の姿をしたものが多かったそうです。なーるほど、後日また載せさせていただこうと思っていますが、レープクーヘン売りのおじさんなんてドイツ人離れした顔立ちの濃さ。オスマン・トルコの関係かしら。昔、あの地方には多くの兵士もいたんだそうです(オスマン・トルコからの防衛のため?)。だからトルコ人のモチーフと並んで、兵士の格好をした人形も多いとのこと。

その後、様々な職業をモチーフにした煙出し人形も登場。

Pb210029
Dorfmusiker (村の音楽家)とKoch(コックさん)

Pb210032
Zauberer (手品師)

Pb210028
男女同権ということで、最近は Räucherfrau (女性版煙出し人形)も増えているとか(ドイツのWikipedia による)。これはHausfrau (主婦)。お鍋の蓋に小さな穴が開いていて、そこから湯気に見立てた煙が出てきます。

Pb210027
私のお気に入り、Oma(おばあちゃん)です。お盆にはシュヴァルツヴェルダー・キルシュトルテと、Echt Bürgeler のマグカップ(紺地に白いポツポツの陶器)が載ってます。

Pb210031
職業不詳。たぶん仙人。

Pb210034
これまた職業不詳。箱には「Mond(月)」としか書いていないのです。いったい、何をしてるんだか。顔は「アホの坂田」さんに似ていなくもない・・・。エルツにも吉本があるのね。

P8080002_1

以前も一度載せさせていただいたのですが、お気に入りだからもう一回載せちゃお。Uhrenhändler (時計商人)

|
|

« Nussknacker (くるみ割り人形) | トップページ | Haselnuss (ヘーゼルナッツ)が出てくる歌 »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

凄いコレクションですね! ウチの中が煙だらけになりそう(一度に全部使うわけないか)。ナッツ割り人形なんかと合わせて博物館ができそう。
Raachermannel ですか。Rächermannel だったら怖いかも。

投稿: takuya | 2006年11月22日 (水) 08時02分

Übersetzer(in) っていう人形ないですかね?
Dudenとかどかどか積み上げて、考え込んで、頭から煙の出てくるヤツ(爆)。

投稿: 樅の木 | 2006年11月22日 (水) 10時18分

★takuya さん

コメントありがとうございました。実は実際にお香をたいたのは、1体しかないのです。興味津々で試してみましたら、中が黒くすすけてしまい・・・あれほど悲しい思いをしたことはない!ってくらいガッカリしました。それ以来、眺めるだけにしています。 

このクリスマスグッズの数々を嫁入り道具にしましたら、夫に妙な目で見られました・・・

★樅の木さん

うふふ。思わずウケました。面白くて、ついÜbersetzerの煙出し人形の画まで描いてしまいました、私ったら。横には締め切りの日が書かれたカレンダー。頭から煙がモヤモヤ~ 

投稿: ありちゅん | 2006年11月22日 (水) 13時07分

こんにちは~
すごいー、これはりっぱなお嫁入り道具!
私もOmaがいいな。正体不明の月男もなかなかgut...
樅の木さんの案、ぜひ申請しましょうよ!

***
どうして年齢がわかったのですかー?
でも、近いの?うれしい!近い世代でドイツ好きで
翻訳、なんて条件がそろうことはめったにないので。


投稿: あむ | 2006年11月22日 (水) 15時21分

★あむさん

こんにちは~ いやはや、古びた人形なんて見せびらかしちゃったりして、私ったらアホ。よく見ると、白い塗料は全部黄ばんでしまっているんです。年に1度しか出さないのですが、どうしても劣化してしまうんですよね。仕方ないのですが。

年齢・・・?いえ、ブログで学生時代にドイツへ行かれた、と拝読いたしまして・・・ちょうど同じ頃、私は大学を卒業しましたので、私が少し上なだけかなぁと想像していたのです・・・でも違っていたらごめんなさい!私よりお若いことは確実だと思いますが。

「翻訳者」の煙出し人形、商品化を働きかけてみますね。(って誰に?)

投稿: ありちゅん | 2006年11月22日 (水) 16時06分

素晴らしいコレクションですね! 自慢できますよ。

投稿: なすび | 2006年11月22日 (水) 18時37分

ありちゅんさん、
かわいすぎです〜〜!!!すごいすごいっ!!
職業不明の方達が良いですね。
月は、私も時々みかけて、不思議なセンスや〜と思ってましたが、可愛いですよね☆☆
おばあちゃんの持っているトレーに
シュヴァルツヴェルダーのケーキがのっているなんて
細部まで凝ってますね!

私も欲しくなってしまいました・・。
ライプチヒと、もしかしたらドレスデンの
クリスマス市も行けるかもしれないので
今年は、食べ物だけじゃなくって
こういうモノにも目を配ってみたいと思いました!

投稿: kio | 2006年11月22日 (水) 18時38分

ありちゅんさん♪

>ついÜbersetzerの煙出し人形の画まで描いてしまいました、私ったら。

作品、アップしてください!(^o^)

で、足下にでも看板たてて「Mein Kopf raucht!」とか書いておくのです♪

投稿: 樅の木 | 2006年11月22日 (水) 18時54分

ホント!皆書いてるけど、これだけ揃うと圧巻です!私は木こりさんの一体だけでクリスマスに関係なく常に出しっぱなし。初めてお香に火をつけて胴体をかぶせ煙がモクモク出てきた時は熱くなって中から燃えないのかなぁ・・と心配したものでした・・。月もおばあちゃんも主婦?も手品師もetc・・あ~ぁ!もう皆まとめてかわいい!次は何がアップされるのかなぁ。楽しみ!

投稿: ろこちゃん | 2006年11月22日 (水) 19時33分

★なすびさん

ひゃ~お恥ずかしい・・・。どれも昔 買い集めたものです。まだ何体かあるので、後日UPさせてくださいまし。

★樅の木さん

ひゃ~ ぱぱっと鉛筆で描いただけだったのですが、気をよくして先ほど色まで塗ってしまいました・・・煙出し人形には見えないかもしれませんが、後で小さくUPしちゃうかも・・・

★kio さん

えっっっ ライプチヒやドレスデンのクリスマス市に行かれるんですか???羨ましい!!!是非ブログでお写真見せてくださいね。本場のシュトレンも食べられますね。煙出し人形は癒されますが、お腹は一杯にならないのです・・・ 職業不詳人形、すごいセンスですよね、特に月男が。

★ろこちゃんさん

木こりさんの煙出し人形をお持ちなんですね!うちにあったかなぁ・・・ドイツといえば木こりですもんね。あるはずの物がダンボールに入っていなかったり、忘れていたものが発掘されたり。整理整頓がヘタクソなので、収集つかなくなってしまいました。最近は、色々なデザインのものも売られているみたいなのですが、私は昔ながらのモチーフが好きです。ところであの円錐形のお香、日本の線香と似ていると思われませんか?材料が似ているのかしら・・・

投稿: ありちゅん | 2006年11月22日 (水) 22時48分

ありちゅんさん、
私も翻訳者の煙出人形、見たいです〜!
月男のセンス、最高!
ドイツのセンスが良い方に出たと言う感じですね。

でも、
私は食い意地がはっているので
ライプチヒとかドレスデンとか、
どうも食べ物系のクリスマス市に
目が向いてしまうんです〜〜。

投稿: kio | 2006年11月24日 (金) 02時44分

★kio さんっっ

月男、まったくもって正体不明なのですが、なんとも愛嬌があって気に入っています。「アホの坂田」さんも連想しますが、ちびまるこちゃんの「山田」にも似ているんです・・月を見上げてるんでしょうが、なして頭に月がついてるの?とついついIch frage mich.

クリスマスの食べ物シリーズ、とっても期待しています。タコヤキ器で焼く丸いカステラがありましたら、是非レポお願いします。あの味が忘れられなくて。

投稿: あり・ちゅんたろう | 2006年11月24日 (金) 11時53分

はじめまして。
素敵なHPに出逢い感謝しています。
私もドイツが大好きな一人で
縁がありまして 只今ネットショップを立ち上げるにあたり 煙り出し人形と、くるみ割り人形について 本当の由来みたいなコメントを探しておりました。
私は、木の温もりを感じ、人形に一目惚れしたもので知れば知るほど奥が深く ただ参考資料がドイツ語で略していただき とても助かりました。
また遊びに来ます。

投稿: toshie | 2011年8月29日 (月) 01時53分

★toshieさん こんにちは。はじめまして。コメントをあがとうございました。ネットショップをお始めになるんですか!ドイツの木のおもちゃは素敵ですよね…。素朴で温かみがあって。私も大好きで、ついつい集めているうちに家にゴロゴロ… ショップを開設なさいましたら、是非お知らせくださいね。遊びにお邪魔いたします。

投稿: ありちゅん | 2011年8月29日 (月) 08時54分

はじめまして(^O^)たまたま歴史群像て本でピッケルハウベ見たから検索して当たりました(^w^) 私もドイツ オランダ等興味の沸く国であります 実はピッケルハウベのレプリカ格安無いかなあ と 検索してたんですわ

投稿: ひろしマイヤー | 2011年11月 6日 (日) 20時47分

☆ひろしマイヤーさま はじめまして。コメントをありがとうございます。ピッケルハウベ、懐かしいです。もうずいぶん前になりますが、こちらのブログで盛り上がりました。恥ずかしながら、私は知らなかったのです…。でも、気をつけて見てみると、これをかぶって写っている写真って結構多いですよね。ビスマルクもかぶっていましたし。

投稿: ありちゅん | 2011年11月 7日 (月) 12時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Nussknacker (くるみ割り人形) | トップページ | Haselnuss (ヘーゼルナッツ)が出てくる歌 »