« Christstollen (シュトレン) | トップページ | Das Leben der Anderen (邦題:善き人のためのソナタ)監督の座談会 »

2006年11月29日 (水)

Stollen のゲーム

以前、ドレスデン出身のドイツ人から「これは秘蔵のレシピよっっ」といって教えていただいたレシピでシュトレンを焼いたことがありました。一度だけですが。で、そのレシピをご紹介しようと思って昨晩、ごそごそ探していたのですが・・・見つからない!どこへ行っちゃったんだろう・・・。

ちぇっと思って検索したら、シュトレン専門店(ドレスデンではなく、Eifel 地方のシュトレンですが・・・)のサイトを見つけました。シュトレンに干しぶどうを撃ち込むゲームがあったのでご紹介。もし、おヒマでしたら・・・

コチラです♪

その友人が“門外不出よ!”と言っていた(もちろん冗談ですが)秘蔵のレシピ、見つかりましたらご紹介しますね。

**************************

ところで気になっていることが一つ。「直リン」って何でしょう?よその方のブログやHPの画像データなどを「直接リンク」すると、その方が使っていらっしゃるサーバーに大きな負担をかけてご迷惑をかけてしまうので禁止!ということなのですが、上のようにリンクさせていただくのも「直リン」に入るのでしょうか・・・?よく意味が分からなくて。

|
|

« Christstollen (シュトレン) | トップページ | Das Leben der Anderen (邦題:善き人のためのソナタ)監督の座談会 »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

リンク元がわからないようにするための処置じゃないでしょうか。
まじめな記事の場合、気にすることではないと思われます。だってhtmlの最大の長所なんですもの。

投稿: 天茶 | 2006年11月30日 (木) 00時09分

この辺、ぼくもよくわかりませんが、「直リンク」、「ディープリンク」っていう見出し語でWikiにも説明があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF

ここで、貼ったリンクなどは問題のモノとは違うようですが、そもそも多数のアクセスを前提としているサイトの中には、これを歓迎しないところも多いのかな???

でも、こんな程度のリンクも出来ないようじゃ、ちょっとねえ。

投稿: 樅の木 | 2006年11月30日 (木) 00時11分

こんばんは。
直リン…あまり詳しくないのですが
一応wikiの定義に沿って、私の理解している範囲のことを…
(他の直リンの定義もあるようなのですが、一番広まっていて、かつ嫌われているのはこの定義かな、と思います)

wikiの定義によりますと、上のありちゅん様のリンクは直リンではありません。普通のリンクです。
今までなさっている方法で、リンクを貼っている場合は、直リンクにはなりません。
クリックすると新しいページに移ったり、別窓が開くリンクは直リンクではありません。
(樅の木様がおっしゃっておられるリンクも普通のリンクです)
なので、ありちゅん様のブログで、この問題が起きることはないと思います。
wiki定義の直リンとは、多分サイトのページに直接画像が見える形で貼られたリンクのことです。別のページへの移動は起きません。

これだけでは要領を得ませんのでありちゅん様のブログ内でやってみます。
一番上がwikiの定義による直リンになります。
一番上がwikiの定義による直リンになります。ココログコメント欄では表示されませんので、私の知っている貼り方をば。


<A Href="http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/" Target="_blank">
<Img Src="http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/blog/images/pb230038.JPG" Border="0" Width="350" Height="262">
</A>

上三行それぞれの最初のを半角に変えると、直リンになります。今までなさっていた貼り方とは違うこととと思います。

ちなににこれは画像に直接リンクでもwikiの定義では直リンになりません

一応しくみ的なことを申しますと、
サイトやブログのページに画像が表示されているのは、画像のアップされている場所にリンクを貼って
アップされている場所から呼び出しているからです。
文字の部分と、画像は別々のものです。
ブラウザにインターネットエクスプローラをお使いでしたら、画像の部分に矢印を当てて
画面の一番下をご覧になってください。URLが表示されているかと思います。
それが画像のアップされている場所です。
ご覧になっているページのURLと違うはずです。
つまり画像のあるページは、テキスト部分+アップされている場所から呼び出された画像 で構成されています。
画像はリンクされて呼び出されているだけで、そのページとは全く別の場所にあります。
リンクによって別々のものが、一体として表示されているだけです。
て、すでにご存知だったら、くどくどと申し訳ありません…

ありちゅん様も、ブログ記事に画像を貼る場合、
1 ブログ内の画像置き場に画像を置く
2 記事のなかに画像の場所を書く(画像置き場のリストから画像を選択する)
という手順を踏まれているかと思います。ココログのシステムに詳しくないので違っていたらすみません。

この2の手順の時に、ブログ内の画像置き場ではなく、
他のサイト内の画像のアップされている場所を指定することができます。
その時のリンクの仕方が、一番上の貼り方ですと、「直リン」になります。
具体的には
http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/(サイトURL)
http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/blog/images/pb230038.JPG(サイト内の画像がある場所)
この部分を、リンクしたい画像のあるサイトのものに変えます。
あと、Width="350" Height="262"をリンクしたい画像のサイズに変えます。
この方法をとると、
他サイトの画像をリンクしているのに、ブログ内の画像置き場から呼び出している場合と同じに見えます。
いつもありちゅん様が書かれている画像付きの記事と見た目は全く同じ記事になります。

投稿: 海鳥 | 2006年11月30日 (木) 01時56分

直リンが嫌われるわけですが、
特に素材を配布しているページなどの画像をたくさん載せているサイトの場合、直リンするとサーバーに負担がかかる恐れはあるのかもしれません。
画像が直リンされていると直リン先のページが見られたときも閲覧されている状態になります。
サイトに閲覧者が殺到すると、サーバーに負担がかかると言われていますので…。

ですが、現在、サーバー側も増強をしていますので、普通の素材サイトでもない個人サイトに直リンが張られたくらいでは飛ばない、と思います。
また、負担を避けるために、サーバー側があらかじめ予防策を講じている場合もあります。たとえば、FC2ブログでは、最初からFC2ブログ以外のサイト・ブログから画像に直リンを貼っても、画像を表示できないシステムになっています。(た、はずです…ちょっと自信がない)ちなみにココログはできるようです。
サーバーに負担をかけるので、というのは今よりサーバーが脆弱だった時代のなごりかな?とも思います。

蛇足ですが、直リンが嫌われる理由はもう一つあると思います。
現在、リンクを貼ることは著作権侵害ではないとされています。
ですが、画像に直リンしていると、テキスト部分と画像は一体となって表示されます。
閲覧者には管理人作成部分と、そうでない部分(画像)の区別がつかないのです。
そのため、ページを閲覧した人の目には、直リンされた画像は、リンクをはっているサイトの管理人の著作物であるように写ります。
なので、こういった形の直リンクは、著作権侵害ではないか、という意見も強いです。(画像は自分の著作物ではない、とはっきり明記してある場合は除きます)

ただ、著作権の問題を除いても、直リンクを嫌うひとは結構多いという印象を受けます。
(そんなに嫌なら管理人が.htaccess でも使ってはじけばいいのにと思わなくなくもない)
ですので、私は直リンOKと明記してある場合以外は直リンを避けています…

要領をえない説明であまりお役に立てていないかもしれません。
おまけにネットのことは詳しくないので、あやしいところがあるかもしれませんです。

投稿: 海鳥 | 2006年11月30日 (木) 01時58分

★天茶さ~ん

わーい♪ ブログのほうにも来てくださったんですね。ありがとうございます。嬉しいな♪私、ネット内の常識が分かっていないので、何かタブーを犯しているんじゃないか、と時々不安になります。最近、あちこちで「直リンお断り」といった表示を見かけるのですが、意味が分からず、また「直リン」の定義を読んでもイマイチぴんと来ず、ついついこうして書いてしまいました。普通にリンクするのであれば構わないみたいですね。情報をたくさん引き出せるのがネットの長所であるわけですし。 ところでコンサート報告、楽しみにしています♪

投稿: ありちゅん | 2006年11月30日 (木) 07時33分

★樅の木さま

おはようございます。締め切り前の超ご多忙の中、コメントありがとうございました~。「著作権侵害」って、翻訳者にはドキッとする言葉じゃないですか?著作権を守りたい!と常に思っている側の人間がよその方の著作権を侵害したらどうする!とついつい心配になってしまいまして。ココログで紹介されている手順に従ってページごとリンクするのであれば、大丈夫そうですね。撮りためた写真はすべてパソコンに保存しているのですが、それが多くなってきたせいか、パソコンが最近重くて・・・。食べ物の写真が圧倒的に多いですし、私の場合(汗)。

投稿: ありちゅん | 2006年11月30日 (木) 07時37分

★海鳥さん

おはようございます!私のためにたくさん説明してくださり、ありがとうございました。書くだけでも大変ですのに、本当にすみません。おかげさまでよく分かりました。

>wiki定義の直リンとは、多分サイトのページに直接画像が見える形で貼られたリンクのことです。別のページへの移動は起きません。

↑これを伺い、根本的な違いが分かったような気がします。それまで、よく分かっておりませんでした。

ココログでは画像置き場もありますし、パソコンに保存していた画像を直接呼び出す方法もあるみたいです(呼び出した画像を画像置き場に置くことになるわけですから、結局は同じですが)。私は複雑な手法がまったく分からないため、ずっとこの方法でやっておりました。ということは直リンをやっていないということなので、大丈夫ですね。よかった^^。過去に私が貼り付けたリンクを全部消さなきゃいけないかと思ってちょっと不安に思っておりました。ありがとうございます。

普通のリンクでも「管理人に一報を」と書いていらっしゃる方もいるので、やはりリンクする場合は気を遣いますね。公式HPなどは宣伝になるからリンク大歓迎でしょうけれど、「隠れ家的」に静かにしていたい、というスタンスの管理人さんもいらっしゃることを忘れてはいけないな、と思います。

海鳥さん、ご親切にありがとうございました。実例を出してくださったので、私でも理解できました。海鳥さんのご説明を読んで、「おお!このことか!」と思われる方もいらっしゃると思います。御礼申し上げます。


投稿: ありちゅん | 2006年11月30日 (木) 07時52分

乗り遅れました。
しかし、言うべきことはほぼ、海鳥さんがおっしゃってくれたので、満足です。海鳥さん大変お疲れ様でした。

投稿: なすび | 2006年11月30日 (木) 19時30分

★なすびさん

コメントありがとうございます。そうなんです、皆様が丁寧に教えてくださったので、何とか理解しました。最近、あちこちで「直リン禁止」と出るので、「???」と思っていたんです。分かってスッキリ。

投稿: ありー・ちゅんとわねっと | 2006年11月30日 (木) 21時54分

シュトーレンのゲームをやりました。(ゲーム好き)
おっちゃんに当たると、帽子が飛びます。変な顔もします。
でも、正しい遊び方ではないですね(苦笑)

投稿: まがり | 2006年11月30日 (木) 22時26分

私もたまにゲーム好き、いや、バカ。ついにMeister aller Stollenbaeckerまで行きましたー。

投稿: あむ | 2006年12月 1日 (金) 00時31分

★まがりさん

私もゲーム、深夜にやってしまいました。おじさんの口に当たると、「Autsch!」じゃなくて「うう~ん♪」と喜ぶの、経験なさいました?これが狙ってできるものでなく、結構難しい・・・。帽子にわざと当てて飛ばして喜んでました。レベルが上がると難しくなりますよね。

★あむさん

え?Meisterまでいけたんですか?すごっ 私はLehrlingの4年生(でしたっけ?)でgescheitert。だんだん動きが速くなるから当たらなくて・・・しょーもないゲームではあるけど、結構楽しめますよね。

投稿: ありちゅん | 2006年12月 1日 (金) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Christstollen (シュトレン) | トップページ | Das Leben der Anderen (邦題:善き人のためのソナタ)監督の座談会 »