« クリスマスカードに書く言葉 | トップページ | Weihnachtskrippe (クリスマスのクリッペ) »

2006年12月 5日 (火)

der gefüllte Weihnachtsteller

クリスマスになるとお菓子をたくさん食べられます♪ お皿にこんもり。記憶があいまいなのですが、ドイツ人たちは確か der gefüllte Weihnachtsteller (お菓子が載ったクリスマスのお皿)と読んでいたような。あれ?違ったかな。もし違っていたら教えてくださいね。豊かになった今、ドイツでも日本でも年がら年中おいしいお菓子を食べることができますが、一昔前はクリスマスがそれはそれは楽しみだったそうですよ。お腹いっぱいお菓子を食べられる!と。私たちも子供の頃、お正月が楽しみでしたもんね。それと同じ感覚でしょうか。

こうしてお菓子を盛る専用の紙皿もよく見かけたのですが(クリスマスの絵柄が書いてあります。ネットで検索したら、今でも健在の模様。)、写真のお皿は金属製です。知人宅では人数分のお皿が用意され、名前を書いたカードも添えられていました。

Pc040018

<ありちゅん家のWeihnachtsteller>(実は昨夜、急いで盛り付けました)
・Spekulatius (シュペクラーチウス)言わずもがな。
Dominostein (ドミノシュタイン)左の立方体です。
Ritter Sport のミニ写真上。
・Praline(プラリネ)2種 Lindt の2.Wahl。白いのはワイルドベリー、黒はコーヒー味。
・Lebkuchentaler (レープクーヘン・ターラー)丸いお菓子です。チョココーティングしたレープクーヘンなのでした。銀貨(ターラー)の形をしたお菓子って、よく「●●ターラー」と言いますよね。
・Baumkuchenspitze (バウムクーヘン・シュピッツェ)角度30度くらいの扇形。チョココーティングしたバウムクーヘン。食べちゃったので、1個しか残っていませんでした・・・。
・キャンディー(すみましぇん、日本製です。彩りに。)

**********************************

検索したところ、第一次大戦当時、捕虜として収容されていたカール・ユッフハイム(ユーハイム創始者)が収容所内で七輪を使い、シュペクラーチウスを焼いていたという逸話が「カール・ユーハイム物語」という伝記で紹介されているらしいのです。ぜひ読んでみたいと思い、三省堂に寄った際に調べてもらったのですが、もう絶版となり古書店でも入手困難だとか。残念!図書館なら置いてあるかなぁ。今度捜しに行ってみよう。ちなみに、その伝記の中では「スペコラチウス」と表記されている模様。ユーハイムのHPでは、「スペクラチウス」という表記で今も販売されているみたいです。

******************************************

・・・では、仕事いたします。ヒマそうに見えるでしょ。こんな写真なんて撮っちゃって。でも忙しいんです。ハイ。これから来週木曜までの10日間、飛ばします。

|
|

« クリスマスカードに書く言葉 | トップページ | Weihnachtskrippe (クリスマスのクリッペ) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

見覚えのあるものが沢山乗っていますね。ポテトチップスの乗っかっているWaihnachtstellerを何度か目撃しました。それを巡ってどんな会話がなされるか、想像が付きます。

ところで、ココログのベーシック、プラス、プロが12月7日までメインテナンスで、管理者ページにも入れません。それで、何故かまだ残してある古い方のブログに来てくれる人が多いようです。ココログフリーはメインテナンスではないのですね、これがアップされているとしたら。

投稿: 樅の木 | 2006年12月 6日 (水) 11時44分

☆樅さま

>ポテトチップスの乗っかっているWaihnachtstellerを何度か目撃しました。それを巡ってどんな会話がなされるか、想像が付きます。

「おいおい、ポテチかよーーシケてんな~。もっと高いもの出せよ~」
「かさばるもので誤魔化すな~」

・・・という会話でしょうか。Weihnachtsteller にポテトチップスじゃ、確かに怒られそう。Puffmais だともっと顰蹙かしら。

知人のドイツ人家庭は、みなさんどっしり「ドイツ人体形」でした。で、そこの御宅に伺うと、どっさりお食事が出るんです。ある日、そのお宅のみんなが激怒していました。理由を聞くと、お呼ばれしたお宅でショボい食事しか出なかったそうな。で、空腹で帰ってきて、家で大量に食べ直しをしたとか。「空腹で客を帰す」ってサイアクなことなんだそうです、彼らに言わせると。普段ぜったい怒らない温厚な人々なのに、あの日だけは相当怒っていました。食べ物の恨みはコワイ。

投稿: ありちゅん | 2006年12月 6日 (水) 23時13分

お腹いっぱいお菓子を食べるなんて幸せですね~。
そんな習慣知りませんでした。
私も昔、ドイツ人のお宅に食事にご招待されて、あまりの量の多さに半分もたべられず、怪訝そうな顔されたのを思い出しました。普段ならまだしも、バター攻めですっかり胃の具合が悪くなり本当に食べられなくて....でも空腹で普段温厚な方がそこまで怒るなんてなんかかわいいですね~^^

投稿: MUNCHEN大好き | 2006年12月 6日 (水) 23時36分

☆MUNCHEN大好きさん

こんにちは~。コメントいつもありがとうございます。私も食事が食べきれずに申し訳ない思いをしたことがよくありました。とにかくボリュームが多いですもんね。Kinderportion(おこちゃまサイズ)ぐらいが日本人にはちょうどいいような気がします。あの、温厚な人々が「ったくもー 腹が減って減ってたまらなかったよっっ」「あんなちょっとじゃ腹が膨れるわけないだろうっっ」と、50過ぎた大人が真剣に怒っていたので、結構笑えました。ちなみに招待した側の娘さんを知っているのですが、スレンダ~で美人でした。ケチったわけではなく、たぶん小食だったのでしょうが。

投稿: ありちゅん | 2006年12月 7日 (木) 10時45分

おおっ♪
ドイツ〜〜なお皿ですね。
ドミノシュタイン、日本でも手に入るんですね!

お菓子を盛る紙皿、いまだ健在です。
でも可愛いのが全然見当たらないのは何故・・?

空腹で客を家に帰す・・
ドイツで今放映されている、『パーフェクト・ディナー』(だったかな?1度しか見たことないので??)を思い出しました。
4名の参加者が、それぞれ、ディナーを用意し、
他の3名を招待。
料理、デコレーション、テーブルでの会話などもあわせて、評価が下されるんです!

食卓では和やかに『あらあ〜素敵な飾り付けね』とか言っておいて、食後、家を出たら
『あんな安っぽい飾り、スープは塩っぱすぎて、
会話もはずまなくて・・』と辛口コメント・・。
こ、怖い・・と思いました。。。。

私は日本食を作る事が多いですが
『和食は、気持ちよくお腹いっぱいになる』とよく、言われます。バターとかで、胃が苦しくなる、
という満腹感ではないからでしょうか・・。
あ、でも『米はおなかにすぐたまって苦しくなる』といっている人もいました。むずかしいものです。。


投稿: kio | 2006年12月 7日 (木) 15時08分

自分もこんなお皿がっとっても欲しいです。自分の
滞英時のドイツ人とのクリスマス休暇前のパーティーでは
多種多様な文化尊重ということで、各自が持ち込み
こんなお菓子は話にすら出てきませんでした。がっかり。
イギリスのミンスパイは出てきましたが。

投稿: みー | 2006年12月 7日 (木) 16時06分

☆kio さん

昼寝(というか夕方寝)から復活いたしました。日本に駐在員としてきているドイツ人たちの不満は、日本のレストランの盛り付けが、ちんまりしていることだそーです。日本人は、もともと西洋人に比べて小食な上、お皿と料理の一体感とかも大事にしますもんね。大きなお皿にちょこっと盛る。ドイツの食事は、大皿にてんこ盛り。文化の違いとはいえ、ドイツ人には少量すぎて辛いかも・・・

大昔、ドイツで流行ったテレビ番組で「Essen wie Gott in Deutschland」というのがありました。有名シェフが出てきて、これでもか、これでもか~とおいしそうな料理を作る番組だったのですが、見ていてヨダレが・・・。辛口コメントはなかったです。みんな、Wie schoen! Mmmmmm leckeeeerrr! とか、そういうコメントが多かったような。ところでkio さん、「Eden」という映画はご存じでしょうか?カリスマシェフが出てくる映画で、料理が大映しになるのですが、すごく美味しそう。ちなみにフレンチでした。

☆みーさん

こんばんは。コメントありがとうございました。イギリスのクリスマスも素敵そうですね。イギリスへは短期間しか行ったことがないのですが、売っているグッズがかわいくて感動した記憶があります。絵柄も繊細だったり、パディントンみたいにかわいかったり。ドーバーを越えたら、雰囲気が違うな~と思ったのを今でもよく覚えています。

投稿: ありちゅん | 2006年12月 7日 (木) 22時03分

いいですね~!
でも、こういうふうにお皿にのせて目の前に並べると、ついつい手が出て、いっつも何か食べている状態になります・・。
ぶくぶくぶ~やんになりますね、冬は。
ブログ、はじめました~! ありちゅんさん、樅さんに影響されて・・・!

投稿: mikya | 2006年12月 8日 (金) 01時50分

☆mikya さ~ん

早速お邪魔しましたよーー 同じココログつながり、どうぞよろしくお願いいたします。私は深い考えもなく、昔ニフティサーブをやっていた、という単純な理由でココログにしました。商売っけがなくて気に入っています。テンプレート、樅さまに教えていただき、自分で作ってみました。mikyaさんセンスがおありだから、作ってみてはいかがでしょう?バレリーナの写真とか、ゲ●の写真とか(笑)

投稿: ありちゅん | 2006年12月 8日 (金) 18時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマスカードに書く言葉 | トップページ | Weihnachtskrippe (クリスマスのクリッペ) »