« Schornsteinfeger (煙突掃除人)は幸運の印? | トップページ | Marienkäfer (テントウムシ) »

2006年12月30日 (土)

Glücksschwein (幸福を呼ぶブタ)

Pc300026先日、ちらっと触れさせていただいたのですが、年末になるとドイツのあちこちで「縁起物」が売られておりました。年末に限ったことではないのですが、ブタは「幸福のシンボル」として有名ですよね。背中に1ペニヒ(最近では1セント)をしょったものや、横っ腹に四葉のクローバーやテントウムシが描かれたものも。 ↑アタシ、全長3センチ。
ドイツ人にとっては七福神みたいなものかな。なわけないか。

*********************************

Pc300024前置きが長くなってしまったのですが、Schwein にはいろいろな意味があるようです。

1.(雌雄の区別なく)ブタ。(文化を反映してか、家畜はさまざまな名前で区別されますよね。ブタの場合、♂はEber、♀はSau、子豚はFerkel。)

2.下劣な人、卑劣な人、行儀の悪いヤツ(映画ですご~く出てきます。戦争映画ですと、敵を指して「Schweine!」と言ったり。)

3.(タナボタ的)幸運。Schwein gehabt で「運がよかった」。他人に対して使うと、「ラクしていい思いしやがって・・・」みたいな、すこし妬む気持ちが混ざるそうです。自分で言う場合は、「こりゃ、タナボタだ~運がよかった~」みたいな意味になるんだそう。)」

なぜブタが幸福のシンボルなのか、検索してみるとたくさんヒット。だいたい同じ内容が書かれていました。「大昔、ブタは貴重な食料であり、またお金儲けの手段でもあった。だからブタを持っているということは、富と幸運を意味した」といった内容。そのほかに「野生の雄ブタはゲルマンの神々にとっては神聖なる動物だった」という説ですとか、「年末から新年にかけて豚を食べると、その幸運にあやかれると信じられていた」という説明なども見かけました。

コチラとか・・・

コチラとか・・・ (どこまで正しいのかわからないのですが・・・すみません)

**********************************

わ、わたし、決してヒマなわけでは・・・。これからお仕事です。お掃除はまだです。料理?ちょこっとしかしません。空(から)の重箱を持って実家に行き、詰めてもらいます・・・(恥)  おっと、姪っ子や甥っ子に渡すポチ袋を用意しないと・・・(ポチ袋だけを渡すわけではないです、念のため(^^;

|
|

« Schornsteinfeger (煙突掃除人)は幸運の印? | トップページ | Marienkäfer (テントウムシ) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

ファウストの最初の方で、居酒屋にたむろしている若者がメフィストに魔法をかけられて、そごくいい気分になって、「なんだかとっても、いい気分。ブタ顔負けのいい気分♪」と言う場面があります(原文失念しましたが)。どんないい気分なんでしょう?

それから、食べたあとが散らかっていたりすると、「Schweinerei!」って言うのを聞いたことがあります。

ブタは一匹何役もこなしているようですね^^

投稿: 樅の木 | 2006年12月30日 (土) 18時35分

☆樅の木さん♪

「ブタ顔負けのいい気分」、私も味わってみたいわぁ~。Schweinereiって私もよく耳にしました。同じくらい聞いたのが、Sauerei。これってSau から来てるのかしら?sauer からじゃないですよね。

ところで大昔、あまりの悪天候にScheißwetter!と言ったら、「せめてSauwetter にしなさい、お下品よ」とたしなめられました。同じようなものだと思うんだけどな、私的には。

投稿: ありちゅん | 2006年12月30日 (土) 22時51分

ウィーンの知人からよく貰う、財布に入れておくためのゴム製のGlücksschweinって古いものはどうしたらいいんでしょうか…。神社に持っていってお札といっしょに燃やしてもらうわけにもいきませんよね?(^^;
1年経つと財布の中で見事に真っ黒になってしまうのですが、捨てるのもしのびなく、毎年この真っ黒ブタが増えていっています…。
どうしているのかなあと知人の財布の中をのぞいてみたら、やはり真っ黒ブタが3個くらい入ってましたが(笑)
最後になりましたが、どうぞ良いお年をお迎えくださいね!

投稿: なおこ | 2006年12月31日 (日) 00時18分

☆なおこさん

こんにちは~ ゴム製のGluecksschwein ってあるんですね。知らなかった!確かにゴム製だと真っ黒になっちゃうかも・・・ちなみに私のお財布には陶器製の招き猫が入っています(笑)

確かに捨てるに捨てられず、さりとて入れっぱなしというのも・・・という場合、本当に困りますよね。昨年の破魔矢やお札と一緒に神社で焼いてもらうのもナンですし。引き出しに入れてしまっておくというのはいかがでしょう?引き出しの中で余生を送っていただくというのも・・・

なおこさんともお知り合いになれてうれしかったです♪ どうぞよいお年をお迎えくださいね。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ありちゅん | 2006年12月31日 (日) 13時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Schornsteinfeger (煙突掃除人)は幸運の印? | トップページ | Marienkäfer (テントウムシ) »