« Strohornamente (ワラのオ~ナメント) | トップページ | Engelorchester aus Erzgebirge (エルツ山地からやってきた天使のオーケストラ) その1 »

2006年12月15日 (金)

Marzipan (マジパン)

チョコレートの中身がマジパンだと、ガッカリすることってありませんか?おいしいクリームが入っていると嬉しいのですが、マジパンだと「ちぇっ」と思ったりして…(私だけ?)。 ところがドイツで上質のマジパンを食べましたら、「マジパン(ドイツ語ではマルチパン)って、意外とおいしいものだったんだ・・・」と思いました。

シュトレンにもマジパンが入っていることが多いのですが、このマジパンのルーツって何だろう・・・? うちにある料理本や料理辞典を開いてみましたら、どれにもほぼ同じ説明が載っていました。

・マジパンの起源については諸説ある。オリエントから伝わったとする説。イスラム圏からスペインやポルトガル経由でヨーロッパに入り、十字軍の遠征で広まったという説、などなど。

・ドイツでは、18世紀までマジパンは薬としてApotheke(薬屋)で売られていたそうです。砂糖の含有量が増えるにつれてお菓子として珍重されるようになり、やがてお菓子屋さんが作るようになったとか。

・ハンザ都市リューベックに残る言い伝え。同じ話が複数の本に載っていました。1407年、リューベックは敵に包囲され、深刻な食糧難に陥ったそうです。市の倉庫に残っていたのは砂糖とアーモンドだけ。市の参事会は「この二つの材料でパンを作った者に褒美を与える」との命令を出しました。そこであるパン職人がアーモンドを砂糖と練って、パンの形に整えたとのこと。この「パン」は聖マルコの日に市民に配られました。この、「Marci Panis(マルコのパン)」が、Marzipan の語源となったとか。 リューベックの老舗の一つ、Niederegger (ニーダーエッガー)というKonditorei (お菓子屋さん)のマジパンは有名ですよね。このマークをご存知の方も多いと思います→ Niederegger のマジパン 今年は創立200周年だそうですよ。

ただし、この「飢餓からマルチパン誕生説」、イタリアやスペインの町でも似たような言い伝えが残っているそうですよ。確かに説得力のある「ちょっといい話」ですもんね。「マルチパン」の語源についても諸説あるようです。ドイツ語のWiki には、ペルシア語のmärzäban (辺境伯) や、ギリシア語の mazaz(粉で作られたお粥)が語源であるとする説も紹介されていました。.

*************************************

おまけ:とあるSNS で教えていただいたのと同じ内容が、Wiki にも載っていました。マジパンのあの独特の香り、プラスチック爆弾に似ているんだそうです。飛行機に乗るときはマジパンを持ち込まないように、とWiki では大真面目に書いてありました。たしかにマジパンってプラスチックっぽい香りがします・・・杏仁豆腐のアーモンドエッセンスにも似ていますよね。

Pc090031
マジパン入りケルナー・シュトレン。しっぽまでマジパンが入っていなかったのが少々不満。先日食べた、同じメーカーのミニ・シュトレンよりしっとりしていました。適度なサイズが必要なのかもしれませんね。

|
|

« Strohornamente (ワラのオ~ナメント) | トップページ | Engelorchester aus Erzgebirge (エルツ山地からやってきた天使のオーケストラ) その1 »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

うおー。まるちぱん大すきー。
私も最初は「えーー、またマジパン!!」と悲しかった記憶がありますが、だんだん美味しく感じてきて、ドイツを感じたくなると「そろそろまるちぱんだわ」、なんて思います。
ニーダーエッガーは知りませんでしたが、みると見たことのあるロゴです。
もしかしたら2年ほど前にドイツの人からいただいたお菓子の詰め合わせがこれだったかも。それはそれは「全て」まるちぱんで、さすがにげんなりしました。すごく大きな詰め合わせだったもので。
でも、そんなに歴史のあるお店だったのですね。もっとありがたく味わうべきでした。

投稿: まがり | 2006年12月15日 (金) 07時56分

☆まがりさんっっ

まがりさんのノリ、好きです・・・。根底に同じ血が流れているのを感じます。もう他人とは思えないわっっ

私も最初、「げっ またマジパンか(ドイツの「まるちぱん」を知る前は「マジパン」と呼んでいた)」と思っていたのですが、あの金の延べ棒みたいな Marzipanbrot を食べて変わりました。そうなんです、ドイツの味が恋しくなると「まるちぱん」か「れーぷくーへん」か「しゅとれん」なんですよね。

「にーだーえっがー」と聞いてもピンと来ないのですが、あのロゴを見ると「あ、見たことある!」と思いますでしょ。

投稿: ありちゅん | 2006年12月15日 (金) 09時16分

マジパンには大学時代のいや~な思い出があります。名物教授が1年生の1番始めの授業、何も言わずにいきなりリューベックから持ち帰ってきたらしいマジパンを"Bitte!"といいながら、生徒の間をものすごい勢いで歩きつつ、それぞれに差し出すのです。訳も分からず、ただ手を伸ばした人はもらえず、手にする前に"Danke!"と言ってしまった人も貰えず。手に取ってから"Danke!"といった人だけ貰えるんだということが分かった時には、みんな疲弊していました…。そんなに苦労して手に入れたマジパン、食べてみたらまずい!教室内には戦慄が走りました。それから先生が休暇から帰ってくるたびにこの儀式は行われたのですが、心の中では「いらないよ~!」とつぶやきつつ手にしていました…。この洗礼はドイツ語学科に入った誰しもが通る道だったのです。(-_-)

投稿: なおこ | 2006年12月15日 (金) 14時00分

☆なおこさん

コメントありがとうございます。わらってしまいました・・・私。「マジパンの洗礼」でしょうか?入学早々、手荒い(?)歓迎ですよね。うちの大学にも「名物教授」がいました。ドイツ人なんですけど、見るからにコワイ。少しでも遅刻すると入れてもらえないし、ひげも特殊にカットしてあるし(なんとも形容しがたい・・・)背も高いし・・・とにかくコワかったです。

マジパン、食べなれると「ドイツぅ~」という気持ちになれるのですが、食べつけないとちょっと人工的ですよね。ホント、プラスチックっぽい味がしますし、もそもそするし。でも、モーツァルトクーゲルにも入っているし、シュトレンにも真ん中に詰まってるし、ドイツ圏のお菓子にはなくてはならない食材なんでしょうね・・・

投稿: ありちゅん | 2006年12月15日 (金) 18時57分

いや~ん、こんどは大好きなマルチパンだ~!!食べたいよ~
ドイツではガシガシ食べてましたぜ。お隣の国のモーツァルトクーゲルンなんかも。これを発明(というのかな?)した人、エライ!と思います。
でもマルチパン入りシュトレンの存在は知りませんでした。これではドイツ好きとしてはもぐりかしら~

投稿: あむ | 2006年12月15日 (金) 20時33分

☆あむさんっっ

「まるちぱん」で検索したら、「マルチなフライパン」が結構ヒットしたので驚きました。日本ではやっぱり「マジパン」なのかなぁ。でも、「マジパン」と「マルチパン」、日本語にすると微妙に意味合いが違うような・・・。「マルチパン」は好きです。というか、ドイツで好きになりました。金の延べ棒みたいな形したマルチパンも食べられるようになりましたし。

ところでマルチパン入りシュトレンは美味しいですよ~。あれがアクセントになるんですよね。今回買ったのは、3~4枚切らないとマルチパンが出てこなかったので、ちょっと寂しかった…。そうそう、日本ではあまり売っていないかもしれませんが、クヴァルク入りも好きでした。

投稿: ありちゅん | 2006年12月15日 (金) 21時51分

シュトレンには適度な大きさが必要との説に、実感をもってうなづけます。
でも、それなりの大きさのシュトレンを買うのって、大変です。お財布的にも、ダイエット的観点からも(^^ゞ
美味しいシュトレンを食べたいなら、リスクを厭わずなの~?(小泣)

ところで、マルチパン。
シュトレンに入っていると、匂いが気になりません。というより、ほぼ匂わない。不思議です。

投稿: ううう | 2006年12月16日 (土) 00時23分

ありさん! お疲れさんです。

マジパン、好き派です! 先日、マジパンで作ったトドをもらいました。「真空パックになっているから、一年はもつよ」って言われたんですが、徐々にカビが生えて、一年後に「アザラシ」みたいになっているところを想像して、とっとと食べちまいました。 丸ごと「マジパン」は、さすがにきつかったです。チョコかなんかに入っているほうがよいですね。あと、マジパンを「本気ぱん」とメールに書いてくるような友人もいます。。なんなんでしょう。

投稿: mikya | 2006年12月16日 (土) 02時22分

☆うううさんっっ

そーなんです。同じメーカーのものなのに、サイズが違うだけで「しっとり感」が違うんです。不思議だわん。マジパン細工のものって、形を作らなければいけないという宿命からか、固めなんですよね~ だからポソポソしていて味がイマイチ。シュトレンの中に入っているのは、しっとりしていて美味しいと思います。昔は嫌いだったのに、今は好き。シュトレンも好きだけど、スーパーも好き。掘り出し物もあるしねっっ

☆mikya さん

マジパンのトド?すごそう・・・カビが生えてまだらになったら、確かに「ゴマフアザラシ」かも・・・。マジパン細工でフルーツのやつとか、Maikäfer の形のとかありますよね。かわいいけど、あの色は何から・・?と思うと少し食欲減退。

>マジパンを「本気パン」
マヂ・・・?

投稿: ありちゅん | 2006年12月16日 (土) 11時30分

NiedereggerのHP見ました。お店には記念館もあってマジパンで作られた人間(人形)や船とかあるようで楽しそう♪カフェのケーキや飲み物も美味しそうだし、カクテルまであるみたい♪まさかこれにもマジパンが入っているの?私はやっぱり入ってないほうがいいかな・・・。製品には良くお土産にいただくものがたくさんありました!ハート型とかウサギさんのとか幸せのシンボルと言われてるとかの豚ちゃんの。(初めていただいた時はちょっとびっくりでした~)

投稿: ろこちゃん | 2006年12月16日 (土) 18時13分

こんばんは。今日、東京から帰ってきました。
昨晩はドイツ文化センターに行ったらチョココーティングされたレープクーヘン(ハート型で愛らしい)とシュトゥーレンが食べ放題で出されてました。後は、ヴァイゼンビールと茹でソーセージパン付き、グリューヴァインを1000円で。ドイツ語人口けっこういるんですね。会場には150人は居たと思います。ちょっといい経験でした。あれがしずおかならもっと素敵なのですけど。。

ところで、先週末に旅行で行った神戸のフロインドリーベ(或る有名なドイツのパン屋さん?)でマジパン入りのシュトゥーレン買ってきましたよ。わたしのドイツ語の先生はマジパン嫌いって話してましたが、私はだーいすきなんですっ。
地元で食べた経験があるなんてウラヤマシイッ。

大阪の、ドイツクリスマスマーケットはなかなか盛大でした!
白ソーセージのグリルがもう美味!でグリューワインといっしょに懐かしい味をたのしんできました。ローストアーモンドもおいしかった:)

投稿: のりこ | 2006年12月16日 (土) 21時57分

のりこさん、
Freundliebはチンタオでパン屋を開業していたドイツ人で、第一次大戦時に俘虜として名古屋収容所に収容されていました。解放後現在の敷島パンに技師として迎えられ日本人女性と結婚し神戸にジャーマンべーカリーを開業しました。そのお店です。N●Kの「風見鶏」という朝ドラのモデルと言われています。

投稿: ろこちゃん | 2006年12月16日 (土) 23時10分

☆ろこちゃんさん

コメントありがとうございます~ お土産というのは、ドイツからいらした方々がドイツ館に持って来てくださるんですか?マルチパンをお土産に選ぶということは、その方もしかしてリューベックご出身なのかもしれませんね。食べなれないと、日本人にとっては「???」の味なのですが(特に男性は苦手な方が多いかも)慣れると「う~ん、ドイツだわ~」と味わい深くなりますよね。もしかして捕虜の中には「まるちぱんが食べたい・・・!」と思った人もいたかもしれない・・・。小さい頃から慣れ親しんだ味って大人になっても食べたいものだから。まして異国で囚われの身となると、ますます恋しくなるでしょうね。

Freundlieb についてもありがとうございました♪ 一度行ってみたい・・・。

☆のりこさん

おかえりなさ~い♪ コメントありがとうございます。ところでコメントを拝読して、よだれが・・・ゲーテでそんなに出るんですか?知らなかった!私も行けばよかった・・・(私ったら食い意地張りすぎ)しかも食べ放題だなんて・・・。

ところで神戸のFreundlieb 、私も行ったことがないのです。関東では確か広尾にあると聞いたのですが、そんなお洒落な町、私には縁がなくて・・・。ユーハイム(ドイツ語ではホントはユッフハイムなのですが、日本人に馴染まない発音だということで、「ユーハイム」にしたんだそうです)も本店が神戸にありますよね。フロイントリープもそうですし、神戸って本当にお洒落。店ができた経緯を聞くと、ますます行ってみたくなるのですが・・・なかなか行かれず、残念。

投稿: ありちゅん | 2006年12月17日 (日) 09時40分

物騒な話題ですが、プラスチック爆弾の匂いはプラスチックに近いわけではなくて、アーモンドの匂いに近いとか。爆弾探知犬もその匂いに反応するように訓練されているらしいです。

因みに、私の知人は麻薬犬に引っかかって成田で徹底的に取調べを受けました。スーツケースも本人の面前で開けられて検査を受けたのですが、麻薬なんて出てきやしない。本人も麻薬を隠したなんて全く覚えがない。それもそのはず、そのスーツケースにはほかの犬がお粗相したらしくて、その臭いに探知犬が反応したらしいということが判明、その後ようやく放免になりました。匂いものにはお互い気をつけましょう。

投稿: U99@クサヤだけはダメ | 2006年12月17日 (日) 23時04分

☆U99さん

やっぱり~ プラスチック爆弾って、あの系統の匂いがするんですね。杏仁豆腐の香りは好きなんですけど。徹底的に訓練された探知犬といえど、他のわんこのお粗相には反応してしまうんですね。フェロモン入っていたりする場合もあるし。うちのワンコ、飼い主と違ってモテモテです。散歩のたびに多くの♂ワンコを骨抜きにしてます。

探知犬といえば、近所にジャーマンシェパードを飼っている御宅があります。訓練されていないシェパードって、普通のワンコと同じ。そのシェパード君は天然が入っていて笑えます。小さい犬を怖がって「全面的に服従しま~す」の証拠にお腹を見せてます。

投稿: ありちゅん@ゴルゴンツォーラも結構ダメ | 2006年12月17日 (日) 23時25分

リューベックの近くにリューネブルク市があります。岩塩で有名な。リューベックが発展したひとつの要因がこのリューネブルクの塩を手に入れ貿易したからだと言われていますよね。鳴門市は1974年にこのリューネブルク市と姉妹都市盟約を結んでいて、一年ごとに親善使節団が行ったり来たりしているんです。合唱団が来たり、学生の交流があった時も・・・というわけでお土産にNiedereggerのお菓子をいただく事が多かったんですね。ドイツ館でも赤い包みのハート型とウサギさんのは販売していたような記憶があります。

投稿: ろこちゃん | 2006年12月18日 (月) 01時21分

☆ろこちゃんさん

リューネブルクと姉妹都市だったんですか~知りませんでした。リューネブルクも行きました。れんが造りの建造物が建ち並び、素敵でした^^ それでマルチパンをお土産に持って来てくださったわけですね。岩塩じゃなくてよかった(笑)。そういえばリューベックには有名な塩の倉庫がありますよね。

投稿: ありちゅん | 2006年12月18日 (月) 14時49分

ありちゅんさん
そのシェパード、自分より小さい犬に腹を見せるとはシェパードとしての威厳も尊厳もあったもんじゃないですな。私が鍛えなおしてやりたいものです。ドイツの軍用犬としてのプライドとホコリを(ゴホゴホって、つまらない?)

じゃ、寝ます。おやすみ~

投稿: U99@ドイツ犬はいい | 2006年12月18日 (月) 23時12分

★U99さん

さすがっっ 軍用犬ですか・・・ シェパードって本当に働き者。ちなみに、その近所のシェパードは本当に弱虫君で、よくしっぽを中に入れてトボトボ歩いています。何度言ってもボールを食べようとしてしまい、一度切腹して取り出したこともあるのです。あの大きなシェパードが、しっぽを中に入れて頭を下げ、しょんぼり散歩している姿は何とも・・・。かわいいですが。

投稿: ありちゅん@憎めないシェパード | 2006年12月19日 (火) 07時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Strohornamente (ワラのオ~ナメント) | トップページ | Engelorchester aus Erzgebirge (エルツ山地からやってきた天使のオーケストラ) その1 »