« Räucherkerzchen (ドイツのお香)その2 | トップページ | 2. Wahl (ワケあり品) »

2006年12月 1日 (金)

Spekulatium (シュペクラーツィウス)

頂き物を「ほら~見て見て~」なんてご紹介するのは悪趣味だと思うのですが、クリスマスの季節ならではのお菓子なので、やっぱりご紹介させてください。

Spekulatius (シュペクラーツィウス)。

私、「シュペクラティウス」かと思っていたのですが、DUDEN の発音辞典で調べると、「シュペクラーツィウス(ラにアクセント)」みたいですね。

Pb290001
長い船旅で、箱が少しひしゃげてしまいました。裏にアーモンドスライスがついた「Mandel Spekulatius」です。

Pb290002

シュペクラーツィウスの名前の由来は、Wiki によると二つあるとのこと。一つは、「司教」のラテン語「speculator」から来たとする説。。もう一つは、「鏡」のラテン語「speculum」から来たする説。型から出すと、鏡のようにその絵柄が転写されるからだとか。

Wiki によりますと、このビスケットは、ベルギーやオランダ、そして旧オランダ植民地のインドネシアでは年中食べられているとのこと。ドイツでは主にラインラント地方やヴェストファーレン地方でクリスマス菓子として食べられているとのことです。木製の型で型押しされるので、表面に上のような絵柄がつきます。ニコラウスの話にまつわる柄だそうですよ。丁子(クローブ)、カルダモン、シナモンが利いているのがいかにもドイツ。グリューヴァインの香りとも共通しそうです。この型が売られているのを見たこともありました。一つ買っとけばよかった。

↓この写真の型はシュペクラーチウスの型ではないので申し訳ないのですが、これと似たものだと思います。これは確か、南ドイツの民俗博物館の展示物。ガラス越しでしたので、鮮明でないのですが。
Photo_21

|
|

« Räucherkerzchen (ドイツのお香)その2 | トップページ | 2. Wahl (ワケあり品) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん
ひさしぶりに寄らせていただいたら、あら、お菓子の家かしら?と一瞬思ってしまいました。
このお家、なんだかとってもメルヘンを感じますね。

さて、クリスマスにちなんだお菓子ですが、シナモンたっぷり薄いけどちょっと堅め、見るだけで味が分かりますね。
ドイツのお菓子は結構すきなのですが、なんでみんな同じ味がするのでしょう?
それが不思議です。

投稿: warabi | 2006年12月 2日 (土) 18時38分

☆warabi さん

こんばんは~。数日前に、新しいテンプレートに挑戦しまして・・・。そのうち、もっとクリスマスっぽいのにしようと思っています^^

ところでお菓子のお味、ピンポ~ン♪です。ちっと堅め、カリっとしていて、シナモンの味がぷんぷんです。私も同感。ドイツのお菓子って、ぜんぶ「シナモン+丁子+カルダモン」の味。グリューヴァインと同じですよね。レープクーヘンにもたっぷり入っているし。家庭の手作りクッキーにも同じような香辛料が入っているんですよ。なんでかな?日持ちするんでしょうか。私も不思議に思います。

投稿: ありちゅん | 2006年12月 2日 (土) 23時09分

シュペクラーチウス!
ありちゅんさん、
煙出し人形の素晴らしいコレクションといい、
日本にいながらにしてドイツのクリスマスですね☆

シュペクラーチウス型、ステキ〜!
バターの方とか、
アニスのクッキーの型とか、
後、昨日は
蜜蝋で作るクリスマスツリー飾りの型を見たんですが
それもとっても繊細で凝っていて素敵でした。
どこで買えるんでしょう?
欲しいです〜。


そして、シュトーレンのレシピ、見つかったらぜひぜひ
アップしていただけたら嬉しいです〜〜!
本格派、ドレスデン(風ではない?)シュトーレンでしょうか!!
楽しみです。

私は、今年はついに
レープクーヘンのヘクセンハウスに挑戦したいと思います。

あ、そうそう、
樅の木さん♪
私は東京生まれの東京育ちです〜。
関西にはアコガレていましたが
『トウキョウ者にはボケもツッコミも通じん!』と
大阪出身の友達にけなされる程、ジョークにさっとツッコめません(涙)

イタリア人の友達にも
『あんたには冗談が通じない!』と言われた事があります。
やっぱりイタリア人と関西人は通じるところがあるのかしら。。

投稿: kio | 2006年12月 3日 (日) 22時39分

★kio さんっっ

いよいよアドヴェントですね。わーい♪ わくわくするなぁ~。本物のDresdner Stollen (と友人には言われた・・)のレシピ、昨夜もごそごそ探していたのですが・・・見つからない(涙)。レシピ本にはさんでいるのだと思うのですが、趣味で買い集めたレシピ本がゴロゴロ・・・一つ一つ取り出して開けているんですが・・。でもクリスマス前までに絶対に見つけ出してUPしますね!

ヘクセンハウス作るんですか?すごい!楽しみにしています。うちにも実は金属の型だけあるんだけど・・・抜き型とケーキ型の中間みたいなヤツで、それにしたがって抜いて焼くと、家のパーツが出来上がる、というシロモノ。日本製ですが。そのうち焼いてみようと思いつつ、なかなか・・・。なのでkio さんのブログを楽しみにしていますね。以前、ドイツ人の友人がヘクセンハウスを作っていました。開けると(屋根が外れるタイプ)家の中にはグミベアが集会を開いていました(笑)

ところであの写真の型、どれも素敵ですよね。私も気に入ってしまい、思わず写真に収めてしまったわけです。ああいった民族博物館の類が好きで、旅行すると必ず訪れていました。昔の民家を改造して作ったような、Fleilichtsmuseum も好きでした。

投稿: アリグリッド・チュングマン | 2006年12月 4日 (月) 07時18分

このビスケット食べた覚えがあります。それも何度も。しかし、名前とかまったく覚えていません。もらって食べてばかりいたせいかもしれません。自分で買ってよく食べていたものとしては、ナシ・ゴレンの缶詰でしょうか。でも、ドイツ料理ではないですね。

Kioさん  東京者ンだったんですか。冗談通じないですかね?通じそうな感じするんですが。

投稿: 樅の木 | 2006年12月 4日 (月) 15時01分

☆樅さま

ナシ・ゴレンって何でしょう・・・?五連になった梨?食べごたえありそうですね。このビスケット、最初の1枚~2枚は美味しいと思うのですが、途中から飽きてきちゃう・・・シナモンやT子・・・もとい、丁子の味ばかりだから、どれも同じに思えちゃうんですよね、食感が違っても。だけどクリスマスになると、とりあえず食べたくなっちゃう。お正月にお餅が食べたくなるのと同じでっしゃろか。

投稿: ありあ・ちゅんじあ | 2006年12月 5日 (火) 00時09分

ありちゅんさん、
ヘクセンハウスの型まで持っていらっしゃるんですか!すごすぎですっ!!
私は立体物の構造を理解できる能力がないので
(彫刻家になりたかったけれど、どうしてもそれができず、教授に君あきらめなさいと言われたくらいです・・)
相方が型紙を制作してくれました!
いよいよ本日、焼き上げます〜〜!!べしゃっと崩れたらどうしましょう・・。。

グミベアの飾り、私もしたいと思います☆
シュトーレンのレシピも楽しみにしていますね♪

私も民族博物館みたいなところ、大好きです。
ベルリンでは郵便博物館が好きです。切手とか、判子が面白いんですよ♪

樅の木さん
江戸っ子でございます〜〜。
あまり意識してないんですが、『ひ』と『し』がうまく発音できてないそうで、七をひち、と言っていると指摘されたことがあります。奈良人に。。

ところで、
奈良人、とか関西人、というのをドイツ人に説明したくて、色々造語を考えたんですが、
東京人だと、Tokioter と言うので、
Naraner?かな?という意見もあったのですが、かなり
言いにくいため、
ナラネーゼ、ということで通っています。
大阪人だとオオサカーナ??でしょうか。京都人は
キョウトーターって言うみたいなんですが。。。

投稿: kio | 2006年12月 6日 (水) 16時20分

ありちゅんさん♪

ここに返すの忘れていたりして(^^;)
ナシ・ゴレンというのは、インドネシアの名物料理で、わかりやすく言えばカレーチャーハンです。缶詰開けて、フライパンにぶちまけて、水を少々加えて火を通してそのまんまフライパンで食べたりしてました。独身時代♪

Kioさん♪

関西では七は「ひち」が正しいのです。ついでに言うと、「しつこい」は「ひつこい」になります。江戸と逆転してます。
大阪人はやっぱりOsakanerでしょうか?お魚みたいですが。関西人はKansaierで行けるのでは?

投稿: 樅の木 | 2006年12月 6日 (水) 16時47分

☆kio さんっっ

>彫刻家になりたかったけれど、どうしてもそれができず、教授に君あきらめなさいと言われたくらいです・

ご謙遜を。でも、彫刻家って360度どこから見ても鑑賞に耐えるものを作るわけだから、大変そうですよね。子供の頃、お絵かきは好きだったんだけど、粘土細工がどうしてもヘタで・・・。前から見るとサマになっているのに、横にするとメチャクチャ。あ、そういう場合はレリーフにすればいいのね。

ところでヘクセンハウス、楽しみにしていますね。写真もわくわく。さっき、ヘクセンハウスの型を引っ張り出してみたら、「ジンジャーブレッドのログハウス」と書いてありました。ログハウス?ま、当たらずとも遠からずといったところでしょうか。

☆樅さま

梨五連の説明、ありがとうございました。独身時代に召し上がっていたんですね。私が独身の頃に食べていたものといったら・・・ブッターブロート。ベレークテス・ブレートヒェン。ザルツグルケン。ザウアークラウト。フェアシーデネ・ボーネン。ペルカルトッフェルン。ポンメス。グーラッシュ。ヒューナーフリカセー。ドイツ人していましたね~ どこかですれ違っていたりして・・・そういえば昔、ニュルンベルクでイケメン日本人を見かけましたが、あれって樅サマだったりして・・・

投稿: ありちゅん | 2006年12月 6日 (水) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Räucherkerzchen (ドイツのお香)その2 | トップページ | 2. Wahl (ワケあり品) »