« Fleischfressende Pflanzen (食虫植物) | トップページ | Schnecke と Nacktschnecke (カタツムリとナメクジ) »

2007年1月 5日 (金)

Karneval 2007 (今年のカ~ニバルは?)

先日、ケルン近郊に住む友人からメールが来ました。

「そろそろ今年のカーニバルの衣装を考えなきゃ」

えっ? クリスマスが終わったばかりなのに・・・。確かにケルンのカーニバルは有名なのですが(とにかく盛大。)もう衣装の心配とは・・・。友人夫婦には12歳の一人息子がいるのですが、毎年親子3人でテーマを決め、仮装するのが「結婚の際の取り決め」なんだそーです。去年は確か「海賊」。おととしは「ニンヤ(=忍者)」。正しいニンヤの格好が知りたいと言われ、伊賀の忍者のサイトを教えてあげたっけ(英語でも読めるサイトがあるんです)。今年は何になるんでしょ・・・?

で、今年のカーニバルっていつだっけ?と思い、検索した次第です。

カーニバルの日程

Weiberfastnacht (ヴァイバーファストナハト=女たちのカーニバル)2月15日
Rosenmontag (バラの月曜日)2月19日
Karnevalsdienstag (カーニバルの火曜日)2月20日
Aschermittwoch (灰の水曜日)2月21日

カーニバルが近づくと、また検索しがいがありそうです。近くなったら信頼できそうなサイトを探して調べてみますね。また調査結果(?)をUPさせてください。わくわく。

・・・ところで私はデュッセルドルフやケルンのカーニバルしか見たことがないのです。南ドイツのFasching については、常々大変お世話になっている樅の木さん や あむさん がお詳しいはず。樅の木さん、あむさん、2月になったらビッテ(=ぷり~ず)。

|
|

« Fleischfressende Pflanzen (食虫植物) | トップページ | Schnecke と Nacktschnecke (カタツムリとナメクジ) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

遅ればせながらあけましておめでとうございます。
今年も楽しい話題をよろしくお願いします。

もうカーニバルの話が出ているのですね。やはりお祭りはどこの国も楽しみなのですよね。
お正月3が日が終わるか終わらないかのうちに、近所のスーパーでは「節分のまるかぶり」のポスターが出ていました。

投稿: まがり | 2007年1月 5日 (金) 10時14分

うわぁ、ありちゅんさんからお題が!(宿題?)光栄でございまするー。
私がいたころはゴルフクリーク(わんがんせんそう)で、アウトバーンを戦車がゴロゴロ走ってました。そんなこんなでミュンヘンでは自粛されてたんです。なのでかわって、バーゼルにいたころのカーニバルについて担当させていただきますです。

投稿: あむ | 2007年1月 5日 (金) 22時50分

★まがりさん

おめでとうございます~ 今年もどうぞよろしくお願いいたします。まがりさんとまた、駄菓子の話で盛り上がりたいです♪

ところでもう節分ですか・・・あ、でも節分はカーニバルよりは早いので、当然ですよね。そりゃそーだ。で、節分が終わるか終わらないかのうちに「ひなまつり~♪」になり、それが終わると「こひのぼり~♪」になるわけですよね。

★あむさん

バーゼルのカーニバル!?!わーい♪未知の世界です。カーニバルは本来、カトリック圏で盛んなものですもんね。わくわく。記事を楽しみにしていますね。私が住んでいたのはデュッセルドルフだったのですが、あそこもカーニバルで有名でした。後日、詳しく記事で書こうと思っているのですが、Weiberfastnachtの日には女性がネクタイを切る風習がありまして・・・あれって他の地域でもあるのかな。その日だけ男性は安いネクタイを締めていったんですが、うっかり忘れていた日本人の男性がブランド物ネクタイを締めていて、「やめちくり~」と懇願していましたが、切られてました。しっかり。

投稿: ありちゅん | 2007年1月 6日 (土) 00時13分

ふっふっふ。
わたしは、ラントクライス・カールスルーエあたりのカーニバルの時、ブリキの板でネクタイの形を作って首からぶら下げたことがありました。ヒンシュクでした(泣)。

ただ、わたしは居たのは小さな村で、よそに出て行ってまでカーニバルを観たりしなかったのです。見聞は極めて浅いので、専らあむさんのレポートをお待ち申し上げますm(_ _)m

投稿: 樅の木 | 2007年1月 6日 (土) 01時21分

★樅さま

ブリキの太鼓ならぬ、ブリキのネクタイ?Blechkravatte? そりゃ確かにヒンシュクかも。職場では、人気のある男性は、真っ先にネクタイを切られていました。でもって、人気のない男性はいつまでも切られずにそのまま・・・。ドイツにあっても、やはり日本企業だったので、日本的な気遣いがありまして・・・とある上司のネクタイが切られずにそのままだったのを見た若い日本人の駐在員が、「ね、ちゅん子さん、切ってあげてください」とこっそり耳打ち。で、仕方なく切って差し上げました。あれ以降、「義理チョキ」なる言葉が出来ました。

投稿: ありちゅん | 2007年1月 6日 (土) 09時57分

義理チョキ笑いました~。樅の木さんのブリキのネクタイも(^O^)
私は昨春イタリアのヴェローナとヴェネツィアでカーニバル楽しんできました♪イタリア人だけでなくフランスやドイツからも大勢来ていたようで、このためにやって来た~!って気合入ってましたねぇ。一緒に写真撮ってちょっとだけお話した家族はフランスからカップルとおじさまグループはドイツからと言ってました。カーニバルのはしごしているようでしたよ。でももう仮装の人物になりきってパントマイム状態で演技している人たちはお話なんてとてもできない状態、自分自身に酔っていましたねぇ。

投稿: ろこちゃん | 2007年1月 6日 (土) 15時37分

★ろこちゃんさん

こんにちは~ コメントありがとうございました。お礼が遅くなってすみません。イタリアでカーニバルですか、うらやましい・・・ちょうど昨日、N●Kでヴェネチア特集をやっていました。あそこのカーニヴァルも有名ですよね。華やか。厳しい冬(今年は暖冬みたいですが)を楽しく過ごす先人の知恵かしら、とも思ってしまいます。日本人もお祭好きですもんね。

投稿: ありちゅん | 2007年1月 7日 (日) 13時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Fleischfressende Pflanzen (食虫植物) | トップページ | Schnecke と Nacktschnecke (カタツムリとナメクジ) »