« Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 | トップページ | Albach Uralt - コニャックに代わる Weinbrand の草分け »

2007年2月18日 (日)

バウムクーヘンもどきのレシピ

P2170009_1先日、ブログに遊びに来てくださった方が、「自宅でバウムクーヘンは焼けるのかな?」と聞いてくださいました。「うっしゃ~」と張り切ってレシピ本をめくったものの、実は試したことがないのでありました。それっぽいのは見つけました。「手軽に家でもバウムクーヘンを」と書いてあるわりには、手間がかかって大変そう・・・。さらにアレンジしてフライパンで焼いてみるといいかもしれません。ご参考までにレシピを載せますね。

*************************************

<材料>
バター 250グラム
砂糖  250グラム
ヴァニリンツッカー(バニラの香料入りの砂糖ですが、バニラエッセンスで代用できると思います)1パック
全卵  2個
黄身  4個
白身  4個
ラム酒  大匙1~2杯
小麦粉 150グラム
コーンスターチ 100グラム
ベーキングパウダー 小さじ3杯

<作り方>
1 室温に戻したバターを泡立て器でふんわりクリーム状にし、少しずつ砂糖・バニラ・全卵、玉子の黄身、ラム酒を加えて混ぜる。

2 小麦粉・コーンスターチ・ベーキングパウダーをふるいにかけ、1の種に加えてふんわりと混ぜ合わせる。

3 白身を固く泡立ててメレンゲ状にし、2の種とさっくり混ぜ合わせる。

4 ケーキ型にパラフィン紙を敷き、3の種を刷毛などで底に薄く塗りつける。

5 あらかじめ温めておいたオーブンに4を入れ、2分焼く。(オトロチイことに温度が書いていないのです・・・!普通は170度か180度ですよね。)

6 焼き目がついたらいったん取り出し、刷毛で再び生地を塗りつけ、オーブンに戻す。

7 5と6の作業を繰り返す。焼けたらケーキを型から外し、パラフィン紙をはがした状態で最後に5分間オーブンの中で焼く。

8 冷めたらチョコレートコーティングを施し、できあがり♪

*********************************

ご存じの方も多いと思いますが、ドイツのオーブンって家庭用でもやたらデカい。しかも火力が強いから、しょっちゅう開け閉めしてもびくともしなさそう。でも日本のオーブンは小さいですよね。ちんまりと。頻繁に扉を開け閉めしていると中の温度が下がり、うまく焼けないかもしれないなぁと思ってしまいました。

なお、このレシピをフライパンで焼くのって可能なのかなぁ。テフロン加工されたフライパンで、ホットケーキを焼く要領でやってみるとうまくいくかもしれない・・・。どなたかトライして結果を教えてくださいね(・・・と無責任なワタシ)

|
|

« Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 | トップページ | Albach Uralt - コニャックに代わる Weinbrand の草分け »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

早速のレシピ、ありがとうございますm(_ _)m
そうかケーキ型を用いれば形を整えられますものね(^-^)
刷毛だと不器用な自分はうまく均等にできそうにもないから計量スプーン併用でしょうか(^_^;)

近々試します!ありがとうございました!

投稿: みー | 2007年2月18日 (日) 13時46分

私の妹はフライパンでバームクーヘンを焼いていましたよ。
手順はありちゅんさんが書かれているのと同じだったと思います。
手間はかかりますけど、美味しいですよね~。

投稿: Kunka | 2007年2月18日 (日) 20時29分

★みーさん

味がイマイチだったらスミマセン・・・私が試してみるのが一番いいんでしょうが、もう長い間ケーキ作りとはご無沙汰・・・。もっぱら買って食べるほうになってしまいました。

★kunka さん

Kunka さんもお料理がお上手だけど、妹さんもそうなんですね!家族の方々は幸せですよね、ほんと。それに比べて私の家族は・・・・(涙)手間をかけたものってやっぱり美味しいから、幾重にも層を重ねた手作りバウムクーヘンもさぞかし美味しいんだろう、とは思うのですが・・・誰か私に作って~

投稿: ありちゅん | 2007年2月19日 (月) 07時37分

いえいえ、ありちゅんさん、ドイツのレシピに
クルクル回す方式以外にあるのかを知りたかったので
とっても嬉しいです(^-^) 自分でネット検索はしたの
ですが見つけられなくて。月末から1週間お正月休み(笑)
がありますので試みます!

大昔にとある独語統語論やってる方にお聞きしても
分からないとのことで長年疑問に思っていたので嬉しいです(^-^)

↓は日本人の方で過激な方法を(^_^;) うちはIHでこの方法は無理です(T_T)
http://www10.ocn.ne.jp/~yfamily/cooking/recipe05.html

あっ、バウムクーヘン用にイワタニのミニコンロ買おうかなぁ・・・って、うちのマンションの規約違反です(T_T)

投稿: みー | 2007年2月20日 (火) 01時46分

★みーさん

おはようございます!レシピのご紹介、ありがとうございました。す、す、すごい・・・・!!!!!感動です。これって本物のバウムクーヘンじゃないですかぁ~!ラップの芯に種をつけて、ガスコンロの直火でぐるぐるやるわけですよね。一歩間違えると火事になりそうだけど、でも本格的。試してみようかなぁ・・・うちはIHじゃないからキッチンのコンロでいけそうです。みーさんのマンション、イワタニのミニコンロがダメなら、理科室からアルコールランプを持ってくるって手も。ダメ?うまくやれば、バウムクーヘン発祥の地のやつみたいに、トゲトゲも出せるかも・・・よし、いつかやってみよう!

ありがとうございました。わくわく。あ、ちなみに上のレシピのバターは無塩です。ご存じと思いますが。

投稿: ありちゅん | 2007年2月20日 (火) 07時21分

ありちゅんさん
このタイプの、売ってるのを買って食べたことある気がします。
ドイツのオーブン、ほんとにデカイ! あれは使い勝手も良いし、手荒に扱ってもこわれないという気がして気分も楽でした。ケーキでもお料理でも仕込んで放り込んでおけば良いという感覚で使ってました~。日本ではあのころのように豪快に料理作業ができなくて(うちの台所が狭いだけの話ですが)、気分がそがれます。

投稿: あむ | 2007年2月20日 (火) 16時37分

★あむさんっっ

召し上がったことあるんですか?わーい♪(何が「わーい」なのか分からないのですが・・)レシピの名は「Schichtkuchen」となっていました。写真で見ると美味しそうですが、実際に作るとなると技が必要そう・・・私が住んでた小さな家にもオーブンはついていました。それもデカイ!ガチョウが丸々1羽、入っちゃいそうなサイズ。あれの中にリンゴを1個いれて焼きリンゴを焼いたりしました。あっという間い焼けたっけ・・・。

投稿: ありちゅん | 2007年2月20日 (火) 21時19分

それで、ご紹介いただいたレシピの分量で今朝
作ってみました。

うちのオーブンでは温度が下がってしまうので
フライパンでやはりやってみることにしました。

ただ、市販バター200g使用に合わせて各分量を8割に
した際に、卵だけは8割より小さめだったせいか生地が
硬めですばやく薄く伸ばせませんでした(^_^;)
ですからいびつなものになってしまいました(T_T)

ふたをしても、上面まで火が入るには底がこげてしまいますし
ひっくり返すと、メレンゲの関係で崩れますし・・・
フライパン方式は技量のない自分には難しいようです。

でも、お味はとってもおいしいです。焼きあがってすぐ
食べると卵の味が強過ぎですが、冷めるときちんと
バウムクーヘンぽい味がしました。

今度は、オーブンで手際よくやってみます。

それにしても・・・お砂糖とバターかなり入れるんですね(^_^;)

投稿: みー | 2007年3月 6日 (火) 23時54分

★みーさま

わーい コメントありがとうございま~す♪ どうなさったかなぁ~と思っておりました。難しかったですか?一見簡単そうに見えて、かなり手間のかかるお菓子ですよね。

>冷めるときちんとバウムクーヘンぽい味が

おぉ~ そうですか、よかった! こんどみーさんが教えてくださったサイトの方法でやってみようかしら。ガスコンロで直接ぐるぐると。

>お砂糖とバターかなり入れる

これを毎日バクバクいってたら危ないでしょうね。太るの先か、血管が詰まるのが先か、って。日本人にはバター少な目のほうがあっさりしていいのかも。またトライなさった際、いろいろ教えてくださいね。

投稿: ありちゅん | 2007年3月 7日 (水) 07時08分

おはようございます。

焼く前に生地が少し硬いなぁって一抹の不安がよぎったのですが、メレンゲ投入後ですし、生クリーム投入や卵の微量追加をためらいました。

でも、出来上がりの味を考えると追加しなくて正解と思いますので「焼き」が難しいのかもしれません。フライパンレシピがあまり出てこないのも自分みたいな失敗する可能性が高いからかもしれませんね(って、言い訳を(^_^;))

お砂糖の量が多いですから、暖かいうちに重ねてラップで乾燥しないようにすれば、オーブン方式でもくっつき易いと思います。

でも、やはり大きいオーブンがなければガスコンロでぐるぐるが一番いいかもしれませんね。

失敗作はmixiに載せて恥を紹介してしまってます(T_T)

ベルリーナーもやってみたいですが、自分はドライ・イースト使ってパンを作るといつもイーストの風味が強すぎになってしまって(結局何でも下手(笑))

投稿: みー | 2007年3月 7日 (水) 07時29分

★みーさん

コメントありがとうございました!お互い早起きですね。なんて偉いの、私たち(笑)

ドイツの食材と日本のそれとでは、ビミョ~に味が違うこともあり、すごーくうまくできるときと、哀しい出来に終わるときの差が激しいような気がします。生地が固かったとのこと、もしかしたら日本の玉子だと小さいのかなぁ。だってドイツ人大きいから、玉子もビッグサイズなのかも・・・(って、ありえないと思いますが)。

mixi に載せてらっしゃるんですか?じゃ、あとで拝見しよう。HNは同じですか?

投稿: ありちゅん | 2007年3月 7日 (水) 08時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 | トップページ | Albach Uralt - コニャックに代わる Weinbrand の草分け »