« merci のチョコレ~ト | トップページ | Weiberfastnacht (女たちのカ~ニバル) »

2007年2月14日 (水)

Sisi のチョコレ~ト

昨日、とある買い物があり、ユザ●ヤへ行きました。チョコレートを買うつもりはなかったのですが、時節柄チョコレートの特設コーナーが。ドイツ系のものを見つけると、買わずにはいられない性(さが)。買っちまいましたぜ、はい。

***********************************

ドイツではなくオーストリアのものですが、シシィ・チョコ。オーストリア銘菓(迷菓?)モーツァルト・クーゲル(複数はクーゲルンになります)の売り場にありました。モー様クーゲルは残念ながら売り切れ。同じメーカーが出しているシシィのチョコを買いました。中にラズベリーのクリームが入っているそうです。

バイエルン王室からオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世のもとに嫁いだエリーザベト、愛称シシィ。「エリザベート」という表記をよく見かけますが、「エリーザベト」のほうが原語に近いと思います。

P2130036

P2130039
画像が見にくくてすみません。面白いので写真に撮ってしまいました。一番左が「シシィ・ターラー」。ターラーは銀貨のことで、コイン型チョコの総称です。次が今回買った「シシィのスミレ」。真ん中がかの有名な「モー玉」。右から2番目は「ヨハン・シュトラウス」。中にヘーゼルナッツのヌガーが入っているそうな。一番右側はリキュール入りのチョコでした。

地元出身の有名人をモチーフにする「ご当地名物」、どこでもありそうだよね~と昔盛り上がったことがありました。漱石饅頭とか、野口英世煎餅とか。同じノリで、ゲーテ・チョコとかシラー・クーゲル、グリム・ターラーにベッケンバウアー饅頭、メルケル煎餅とかってあるのかなぁ。あるに違いない。

|
|

« merci のチョコレ~ト | トップページ | Weiberfastnacht (女たちのカ~ニバル) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« merci のチョコレ~ト | トップページ | Weiberfastnacht (女たちのカ~ニバル) »