« Sisi のチョコレ~ト | トップページ | Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 »

2007年2月15日 (木)

Weiberfastnacht (女たちのカ~ニバル)

ラインラント地方では、Aschermittwoch (聖灰の水曜日)の前の木曜日、つまり6日前、女性を中心に盛り上がる風習があります。

Weiberfastnacht (女たちのカ~ニバル)

ケルンのカーニバルのサイトを見ますと、この風習が始まったのは1945年ということですので、比較的新しいものなんですね。でもその前身(?)となった風習は既に18世紀からあったそうです。1729年の記述によると、女子修道院ではこの日にカーニバル用の帽子をかぶり、Äbtissin (女子修道院長)が寝たあとに飛んだり跳ねたり踊ったり、と大騒ぎする風習があったんだとか。楽しそうですよね。19世紀には、さらに女性同士で帽子を取り合って大騒ぎする風習も生まれたそうです。あー楽しそう。

話を現代のWeiberfastnacht に戻します。11時11分になるとお祭開始。職場では女性が男性のネクタイをちょん切っちゃう。ネクタイは男性の権力の象徴なんだそうな。古い話で恐縮ですが、私もお勤めしていた頃、切らせていただきました。人気のある男性はあっという間に切られてしまうのですが、そうでもない方(汗)はいつまでもネクタイが切られないまま・・・ それもなんだかなー。peinlich な光景でございました。以前、コメント欄でも書かせていただいたのですが、とある上司が私に「ありちゅんさん、▲▲さんのネクタイ切ってあげて」と耳打ち。以来、「義理チョキ」という言葉が私の周りで定着しました。

このケルンのサイトによりますと、この日にはネクタイを締めない男性が増えたため、この風習はそれほど盛んではなくなってきた、とあります。ホントかな?せっかく楽しい風習なのにモッタイナイ・・・。最近の傾向を知らないので、ご存じの方がいらっしゃいましたら教えてくださいね。

ケルンのカ~ニバル

ケルンに限ったことではないのですが、カーニバルではよく「11」という数字が出てきます。カーニバルの準備が始まるのはその前の年の11月11日11時11分。このWeiberfastnacht でもお祭り騒ぎが始まるのが11時11分。上でご紹介したサイトによりますと、「11(=elf )」とは、Egalite, Liberte, Fraternite (団結、自由、友愛) というラテン語の頭文字から来ているとか。このほかにもいろいろ説はあるそうですが。

Alaaf!(アラーフ!):でもって、ケルンのカーニバルでよく耳にするこの掛け声。上述のサイトによりますと、16世紀にメッテルニヒという領主が「Coellen al aaf (Köln über alles すべてに勝るケルン、ケルン万歳)」という言葉を使ったんだとか。それ以来、Kölle Alaaf!はケルンを賛美したり、お酒を飲んだりするときの掛け声になったとのこと。

|
|

« Sisi のチョコレ~ト | トップページ | Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

『女たちのカ~ニバル』ってすっごく楽しそう!なんか修学旅行の時のまくら投げとかキャーキャー馬鹿騒ぎをした感じと雰囲気似てる!って古いかな?

投稿: ろこちゃん | 2007年2月16日 (金) 23時59分

うわーネクタイ切られちゃうんですか。それは困るにゃー。いつも気に入ったネクタイしかしないので。その日は、どーでもいいネクタイをしていかなくちゃ。あと切られたあと、帰宅用にもう一本。
ドイツ人男性はそうしてるのかな。

投稿: なすび | 2007年2月17日 (土) 03時01分

★ろこちゃんさん

こんにちは~ コメントありがとうございました。翌日になってしまってすみません。修道院って普段は戒律が厳しいところですよね。修道院長が寝てから騒ぐ、ってのが本当に修学旅行のノリ。その日ばかりは無礼講で新米も年長者も大いに盛り上がったって。女子校の修学旅行みたいで本当に楽しそうですよね。普段の締め付けが厳しければ厳しいほど、羽目をはずす必要も出てくるわけで。

★なすびしゃん

こんにちは~ その日はみなさん、キオスクで500円くらいで売ってそうな、安いネクタイを締めてらっしゃいました。でもね。うっかりエルメスとかのを締めてきちゃうと悲劇。お茶目なドイツ人は、ネクタイの中に針金を仕込み、「あれ?切れない~~」と言わせて喜んでいました。いい年したおっちゃんでしたが。

投稿: ありちゅん | 2007年2月17日 (土) 10時34分

私もネクタイ切られました。
ドイツで会社の代表として勤務していたときWeiberfestnachtを忘れていて、大きなはさみを持った女性が部屋に入ってきて見事切られました。今でも持っています。

投稿: としちゃん | 2013年2月26日 (火) 16時16分

★としちゃん様 はじめまして!コメントをありがとうございました。遅くなってしまいまして、申し訳ありません。ドイツで勤務なさっていたんですね。もしかして、デュッセルドルフとかフランクフルトでしょうか?特にデュッセルドルフのカーニバルは華やかですよね。私も支店長や課長のネクタイをザックリ切った経験があります。皆さん、この日は安いネクタイを締めていらっしゃるけれど、たまにうっかり高級ネクタイで来る方がいるんですよね。エルメスのネクタイの切れ端を首にひっかけていらした方を見たときは、さすがに気の毒になりました(爆)

投稿: ありちゅん | 2013年2月28日 (木) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sisi のチョコレ~ト | トップページ | Schmalzsamstag ~ 揚げパンを揚げる土曜日 »