« Sütterlinschrift その2 | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その1 »

2007年3月 2日 (金)

Berliner (ベルリーナ)のレシピ

ベルリーナ(過去の記事です・・・初めて来てくださった方、よろしければ。)をバクバクいけちゃうカーニバルは終わってしまい、本来ならイースターまではバターや玉子は食べてはいけない時期。でもここは日本だから構わないのでありました。うちに様々なレシピがあるのですが、結構面倒くさそう。その中で簡単そうなレシピを見つけましたので、ご紹介いたします。

Berliner Pfannkuchen(ベルリーナ・プファンクーヘン)

<材料(12個分)>
粉     500グラム
イースト 42グラム(ドライイーストか生イーストか分からないので、あとで調べてみます。この分量からして、おそらく生イースト。)
牛乳   125cc
バター  100グラム
砂糖   100グラム
玉子   2個
塩     少々
レモン汁 大匙1
粉砂糖  大匙6
ジャム   適量

<作り方>

1 小麦粉をふるいにかける。

2 分量の牛乳を人肌に温め、そのうちの大匙1とイーストを混ぜ合わせて溶く。

3 ふるった小麦粉の中央をくぼませ、2のイーストを加える。

4 残りの牛乳(人肌です♪)、とかしバター、砂糖、塩、玉子、レモン汁を混ぜ合わせて3の小麦粉に加える。

5 種がボールから離れるようになるまで、よく練る。

6 乾かないよう蓋などをかぶせ、暖かい所で30分以上生地を寝かせて発酵させる。

7 2倍に膨れたらガス抜きをし(バフっとね♪)、もう一度よく練ってから、打ち粉をした台の上で厚さ2センチに広げる。

8 コップなどで丸く抜き、6センチくらいまでの大きさに整える。

9 もう一度暖かい場所で発酵させた後、170度の油で揚げる。2~3分したらひっくり返して反対側も2~3分火を通す。

10 網などに取って油を切り、荒熱が取れたらジャムを絞り込む。完全に冷めたら粉砂糖をふって出来上がり。わーい♪

Guten Appetit♪

美味しそうな習志野ベルリーナー♪

↑お近くにお住まいで、「自分で作るのはしんどいなぁ・・」という方は、こちらを。(私は決して、このお店の回し者ではないのですが・・・)

|
|

« Sütterlinschrift その2 | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その1 »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

★mihana さん

コメントが送信できなかったとのこと。メールで送ってくださり、ありがとうございました♪せっかくなので載せさせていただきました。ありがとう、mihanaさん♪

ありちゅん様
バウムクーヘンのときも思いましたが、一度自分で作ってみると、「ありがたみ」がわかるかもしれませんね~。かなり手間ひまかかりますよね。
もし作ってみたとして・・・、
私が是非やりたい過程は、「ジャムの絞込み」ですね~♪ 日本でも、お客様が来てからクリームを絞り込みます!なんていうシュークリームやさんありましたよね。あの絞込みがしたくて、何とかそこでバイトができないものかと考えたものです。
ちなみに、ベルリナーの中身のジャム、イチゴ派とプラム派にわかれますよね♪

******************
mihanaさん

ベルリーナの中身、実はラズベリーのが好きでした。近所のパン屋さんのは確かラズベリーだったような。ミスドーのドーナツも似てるけど、ドイツのやつのほうが軽かったような記憶があります。

ね、ね、ところでドイツのイーストって生で売られていたっけ?検索したところ、42グラムという分量だと、Würfel状のものなのかもしれないの。ドライイーストだと、もっと軽いはずだし・・・Wuerfelって生なのかしら。

投稿: mihana さん⇔ありちゅん | 2007年3月 3日 (土) 16時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Sütterlinschrift その2 | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その1 »