« Stiefmütterchen (小さな継母~パンジー) | トップページ | 農村のキッチン »

2007年3月23日 (金)

Löwenzahn (タンポポ)

Loewenzahn昨日、パンジーを検索して面白かったのに味をしめ、今日はタンポポをちょこっとだけ調べてしまいました。タンポポはドイツ語でLöwenzahn(=ライオンの歯)だということをご存じの方は多いと思います。ウィキペディアによると、英語の dandelion も、フランス語のdent-de-lion(=ライオンの歯)から来ているんだそうです。なーんだ、同じ意味だったのね。ギザギザした葉がライオンの葉を連想させるからなんだそうです。

ドイツ語のWiki を読んでいて面白いな~と思ったのは、様々な呼び名。ポピュラーな花だけあって、親しみを込めて様々な名称で呼ばれているようです。

Pusteblume :pusten (=プ~っと吹く。飲酒運転のアルコール検知器などでもやる、あの「プ~」です。余談ですが昔、会社の人がドイツであれに引っかかりました。モンシェリというウィスキーボンボンを2,3個食べただけで。)する花、ということで綿毛を指します。この名称は何度か耳にしました。

Butterblume:直訳しますと「バターの花」。これもよく耳にしました。タンポポに限らず、鮮やかな黄色の花を指すみたいですね。

Hundeblume:直訳しますと「犬の花」。これは知りませんでした。

タンポポは昔から薬草として使われてきたそうです。特に利尿効果が高いそうで、そこからちょっと笑っちゃうお名前も・・・

Bettpisser、Bettnässer、Bettseicher:どれも直訳すると「ベッドを濡らすもの」。「オネショ草」かしら。小さい子にはヤバい名前。Pissblume (pissen = pipi machen) という直接的な名称も・・・

なお、タンポポの根は代用コーヒーの材料として利用されることもあるそうです。ノンカフェインということで、タンポポコーヒーは今でも飲まれているそうですよ。

|

« Stiefmütterchen (小さな継母~パンジー) | トップページ | 農村のキッチン »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

今朝我が家の庭の片隅にタンポポがひとつ花を咲かせてたんです~。偶然ですね。抜こうかどうか迷ったんだけど(以前友人がかわいいからと庭に咲かせていたら綿毛が飛んでどんどん増えて根ははっちゃうし抜くのが重労働になっちゃったと言ってたので)もう少しだけ咲かせてあげて大きく根をはる前に抜こうかなぁ、せっかく咲いたのに・・とそのままに。
いろいろな言い方があるんですね。日本でもタンポポの根のコーヒー売ってるの見たことあります。飲んだことはないんですけれど。

投稿: ろこちゃん | 2007年3月23日 (金) 20時00分

やだ~、私も今日都内でタンポポが咲いているのを見つけて、おっ、いよいよ春だな、とよろこんでいたんです。今日はタンポポつながりの日! タンポポコーヒー、ドイツでも日本でも飲みました。ノンカフェインだからああいう味なのか、タンポポだからなのかわからず・・・

投稿: あむ | 2007年3月23日 (金) 20時09分

★ろこちゃんさん

こんばんは~ 私もちょうど、タンポポを見かけて「かわいい~」と思っていたところでした。春先に見かけると嬉しくなりますよね。もっとも、日本古来の種類は減って、西洋タンポポが増えている、という記事を新聞で読んだことがありました。うちの庭にもタンポポがいくつか咲き始めています。抜くのは可哀想ですよね。でも繁茂してくると大変・・・根っこが丈夫ですもんね。コーヒーにして売ろうかしら・・・

★あむちゅんさん

わーい♪ こんばんは~ タンポポコーヒー、飲まれたことがあるんですね。今回検索したら、「オーストリア直輸入タンポポコーヒー」というのが出てきました。インスタントコーヒーみたいな粉末状なのです。美味しいのでしょうか・・・?私はコーヒーが大好きなので、タンポポじゃ我慢できなさそう・・・

投稿: ありちゅん | 2007年3月23日 (金) 21時53分

ありちゅん様
代用コーヒーですが、以前のブラックホールでドイツ兵の昼食を再現して100食限定で販売していました。 http://shibuya.cool.ne.jp/steiner44/04/rog04-006.html
最初の写真を見て下さい、その前後にコメントが載っています。 当然代用コーヒー付でした。
年配のドイツ人には温かい麦茶は出さない方がいいと言われていますね。 昔の代用コーヒーの味に似ているので、昔を思い出して嫌な思い出が頭に浮かぶそうです。 代用コーヒーの材料は此処のサイトに詳しく載っています。http://homepage3.nifty.com/onion/labo/coffee.htm
これだけの物をコーヒーにしていたかと思うと、人間のコーヒーや飲み物に対しての執念が以下に深いか、恐ろしい物がありますね。

投稿: AIRSHIP | 2007年3月23日 (金) 22時31分

★AIRSHIPさま

こんばんは。コメントありがとうございます。また、サイトのご紹介もありがとうございました。代用コーヒーを試飲できるなんて貴重な体験ですよね。パンもあったんですね。当時のレシピで焼いたのでしょうか。この代用コーヒー「ムッケフック」、実は以前、少しだけ記事に書いたことがあります。

http://deutschmachtspass.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/ersatzkaffee__feb1.html

ご紹介いただいたサイトの材料ほど詳しくはないのですが、チコリやどんぐりはメジャーな材料のようですね。慢性的な外貨不足に苦しんだ旧東ドイツでは、つい最近まで代用コーヒーが一般的だったようです。東ドイツを描いた映画では必ずといっていいほど「本物のコーヒー」という言葉が出てきます。やはりあの香りは代用コーヒーではなかなか出せないのでしょうね。そうそう、私もドイツ人に麦茶を出したら「Kinderkaffee(子供用コーヒー)の味に似ている」と言われました。代用コーヒーの発展形が子供用コーヒーなのかもしれません。

投稿: ありちゅん | 2007年3月23日 (金) 23時22分

ありちゅん様
あのコスミブロートは、以前紹介したサイトのシュタイナーさんが販売用に特注した物で、当時のレシピどうりの物です、注文した店でもリクエストが多いらしく通販もしています。 http://www.brot.jp/B11.html
グーラッシュも当時のレシピに則って作られた物です。 レシピはミリオタ専門誌に掲載された物で、此れだけを集めた(生活雑貨その他含む)本の販売予定が有るそうです。
ミリオタのドイツ軍マニアは、非常に多くこの様な本でも採算に合うのでしょう。 戦闘糧食に関しては、「ミリ飯を実食する」・「ミリ飯おかわり」と言う本が出ていますが、手に入り易さから日米の物が主体に成っています。

投稿: AIRSHIP | 2007年3月24日 (土) 13時24分

★AIRSHIPさま

コメントありがとうございます。Komissbrot ですか・・・。ドイツドイツしていますね。黒パンは好きです。昔(ヒマだった頃)、自分でも焼きました。どっしりしていてお腹いっぱいになるし、日持ちもしますから兵隊さんに向くのかもしれませんね。グーラッシュは、グーラッシュ・カノーネで作ったのでしょう。

>ドイツ軍マニアは、非常に多く

・・・ドイツ軍ってやはり魅力的なのでしょうか。

投稿: ありちゅん | 2007年3月24日 (土) 20時37分

旧ドイツ軍への関心は、世界的に高いようです。日本も例外ではないようです。その影響は実に多岐にわたっていますね。たとえばアニメでも、「宇宙戦艦ヤマト」のガミラス星人のキャラクターはデスラー「総統」をはじめ、ドイツ軍的ですし、「機動戦士ガンダム」のジオン軍の軍服は、ドイツ軍の影響が見えみえですもん。
こういった日常にひそむドイツ軍について考察した、「ヒトラーの呪縛」という本が飛鳥新社から出ています。この本の扉にある一文にはちょっと考えさせられます。「我が第三帝国は記憶の戦争に勝利したのだ」

投稿: なすび | 2007年3月24日 (土) 21時15分

★なすびしゃん

コメントありがとうございます。そういえばヤマトに出てきたのは「デスラー総統」でしたね。懐かしい!あの歌、中学生の頃の合唱コンクールで歌ったのでした。「記憶の戦争に勝利」とは、また考えさせられる言葉ですね。多くの人を惹きつける何かがあるのでしょうか。

投稿: ありちゅん | 2007年3月24日 (土) 22時04分

デスラーの歌を歌ったんですか?コンクールで?それとも、うちゅーせんかんやーまーとー♪をうたったのかにゃ。実は私も散々みたんですよね、こどものころ。でスラー総統のマント!というのがいとこたちの間で流行りました。かっこいいマントというより「デスラーのぼろまん!」というのです。ボロボロのマント。かっこいいのです、敵だったのが最後は英雄になって、ボロボロのマントをひらひらさせながら宇宙空間に消えていく…ああ、デスラーかっこいい。でも話がいろいろあって混乱させられます。色んなバージョン作りすぎ。
家人や義父には馬鹿にされます「俺たちは史実を大事にするんだ」といって。バトルになります、そこで。
あたまくらくらしてきたー

投稿: spatz | 2007年3月24日 (土) 22時51分

★シュパちん

歌ったのはもちろん、「宇宙戦艦ヤーマートーーー」のほうです、ハイ。確か優勝したんじゃなかったっけなぁ・・・(記憶が曖昧)。流行ったものね、あのアニメ。当時の私は「一休さん」も好きだったけど・・(知ってるかしら?アニメの一休さん。『慌てない慌てない。一休み、一休み。』ってやつ。)

投稿: ありちゅん | 2007年3月24日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Stiefmütterchen (小さな継母~パンジー) | トップページ | 農村のキッチン »