« 農村のキッチン | トップページ | Gabelfrühstück (2回目の朝食) »

2007年3月27日 (火)

昔の農家の朝食

先日、自宅で本を探しておりましたら、本棚の奥で眠っていたドイツの本を偶然発掘。20年ほど前に買ったものです。探し物そっちのけで、思わず読むふけってしまいました(ってこと、ありませんか?立ち読みってどうしてはかどるんでしょ?)

Albert Bichler, Heimatbilder W. Ludwig Buchverlag
(アルベルト・ビヒラー著『ふるさとの情景』 W.ルートヴィヒ出版

と言いまして、バイエルン北部の農家の日常が数多くの写真とともに綴られた本でした。時代は1930年代~だと思われます。うっすらとアンダーラインが引いてあり、読んだ形跡はあるのですが、ほとんど覚えてなかった・・・。私ったら頭ワル。

**************************

本当は写真もご紹介したいところですが、著作権を侵害してしまいそうなので、文章でのご紹介だけですみません。昔の農家の暮らしは牧歌的ではあるのですが、非常に質素。朝から晩まで家族総出で農作業に追われる毎日。冬の寒さは厳しく、お母さんは防寒着の繕い物に精を出す・・・かつての日本もそうだったのでしょうが、やはり昔の方々は働き者ですね。

<当時の農家の朝食>

この本によりますと、当時の農家では、大きな鉢に入れた Morgensuppe (朝のスープ)を食卓の中央に置き、そこからみんながスプーンですくって直接食べたんだそうです。引用させていただきますと:
『Die Morgensuppe wurde, wie auch das Essen bei den übrigen Mahlzeiten, aus einer grossen Schüssel gegessen, die die Bäuerin mitten auf den Tisch stellte.   Ein Teller für jeden in der Familie wäre zu aufwendig gewesen - eine Ausnahme bildeten nur die großen Feiertage des Jahres.』
一人一人のお皿を用意するのは特別な日(クリスマスやイースターなど)だけで、普段はその手間を省いたんでしょうね。「朝のスープ」とは Kartoffel- oder Brotsuppe (ジャガイモスープ やパン粥のようなスープ)あるいは Buttermilchsuppe (バターを作ったあとの脱脂乳のスープ)など。たま~に Malzkaffee(麦芽コーヒー)が出たんだそうです。この本には、大きな鉢を囲んで家族がすわり、スプーンですくっている写真が掲載されています。手にパンを握っている人もいますので、スープのほかパンも食べていたみたいです。

食卓ではマナーについて厳しくしつけられた、とあります。一家の主がまず最初に手をつけるんだそうです。スープをすくって口に持ってくる際、絶対にこぼしてはいけないんだとか。ズルズルすすらないこと。スープの実も、自分ばかり食べてはいけない、家族の分を考えること、などなど。

<Brotzeit(間食)>

この本では Brotzeit というバイエルン特有の言葉を使っていますが、ドイツの方々って伝統的に zweites Frühstück (2回目の朝食)などのZwischenmahlzeit (間食)をとりますよね。オフィスでも午前中に15分の休憩を認めているところが多かったように記憶していますが、今ではどうなんでしょ?厳しい農作業の合間に当時も間食をとったそうです。内容を引用させていただきますと:
『Zur Brotzeit begnügt man sich mit trockenem Brot, und dazu gab es Wasser oder Milch oder Most.  Ein Dünnbier, den "Scheps", bekamen im Sommer nur die Männer zur schweren Erntearbeit.』
(間食は乾いたパンに水か牛乳、あるいはモスト(まだ発酵しきっていないブドウ、梨、リンゴなどの果汁)。「シェップス」と呼ばれる薄いビールは、夏の収穫期、重労働にあたる男性だけに出された)

********************************

ざざっと簡単にご紹介しただけなのですが、当時の農家の食生活が伝わってくるようです。これはバイエルン北部の一例ですので、他の地方の食生活はまた違ったのかもしれません。ご参考までに・・・

|
|

« 農村のキッチン | トップページ | Gabelfrühstück (2回目の朝食) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

「ドイツの食品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 農村のキッチン | トップページ | Gabelfrühstück (2回目の朝食) »