« Palmsonntag の Palm は「しゅろ」?「なつめやし」? | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その4 »

2007年4月 3日 (火)

Ostereier (イースターの卵)

今朝、起きたら喉がヒリヒリガラガラ。トホホ。風邪をひいた模様です。皆様、お気をつけくださいませ。イースターが近いので(今年は今週の日曜日がイースターサンデーです)ちょこちょこ調べて書きたいのですが、今日はちょこっとだけ。

(上)写りが悪くて申し訳ないのですが↓大昔いただいた、卵をデコレーションするセット。まだドイツマルクだった時代ですね。値札が懐かしの DM になっているのです。ウサギのお顔にご注目。ドイツお得意の「かわいくなくてカワイイ」。週末が近くなりましたら、この染料で卵を染めて、ウサギを作ってみま~す。

P4030050

(下)輸入食材屋さんで見つけたイースターのウサギチョコ。今頃ドイツでは、こんなイースター関係のお菓子がたくさん店頭に並んでいるのでしょうね。こちらも「かわいくなくてカワイイ」。

************************************

なぜイースターというと卵なんでしょ?

ドイツ民俗学小辞典から引用いたしますと:
『復活祭の卵の風習は、聖金曜日の朝、教会で行われる卵と食物の清めが、9、10世紀にローマ定式書に取り入れられたことから由来する。卵は生命の甦りの象徴なので、畑に埋めたり、最後の麦束に入れる。復活祭の卵は使用人や恋人への贈り物になる。子供らは庭の中で兎が生んだとされる卵を探す。』

ドイツ語のWiki では:

・キリスト教以前から、赤い卵は多産の象徴として贈る風習があった
・復活祭前の四旬節では肉類が禁止されていた。卵は「液体の肉」とみなされていたため、余った卵は日持ちさせるために固くゆで、新鮮な卵と区別するために殻に色を塗った
・中世の頃、農民が復活祭前の木曜日(Gründonnerstag) 、卵を税として領主に納める風習があった。物納しなくなってからも、卵を贈る習慣は残った
・ユダヤ教のペサハ(過越(すぎこし)の祭り)の影響

…などなど。引用しておいてケチつけるのもナンですが、マユツバっぽい説もあるような気がしますな。結局のところはよー分からん、ということなんでしょか。なお、卵を庭に隠す風習は17世紀ごろからあるそうですよ。ウサギがなぜ関係してくるのか、これにも諸説あるとのこと。ウサギは多産・豊穣のシンボルだとする説が一般的のようですね。なんだかまとまりのない内容になってしまってすみません。あーダメだ、頭がいつもに増して働かないわ~

|
|

« Palmsonntag の Palm は「しゅろ」?「なつめやし」? | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その4 »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

喉は大丈夫ですか?
私も黄砂の影響か目が痛く涙目で喉もちくちく。もともと花粉症なので気をつけていたのですが、昨日からこちらは少し遠くは霞がかかっているようで、車は真っ白、いや黄色?っぽく汚れてしまっています。
ずいぶん前にドイツの方からではなかったんだけど、すご~く綺麗な繊細な模様にペイントされたイースターの卵をいただいた事があって感激した事を思い出しました。その時赤いのも一緒に貰って『赤』はキリストの血をあらわすと聞いたような・・。キリスト教の諸説は本当にいろいろあって西方教会と東方正教会とか流派?でもいろいろあって、頭こんがらがっちゃう事ってたくさんありますよね。

投稿: ろこちゃん | 2007年4月 3日 (火) 18時48分

★ろこちゃんさん

こんばんは~~ そちらはそんなに黄砂の影響があるんですか!今日の東京は雨模様でしたので、黄砂や花粉は一休み、といった感じです。でも喉がヒリヒリ。夕方になって鼻ズルズル・・・やあね~私ったらお恥ずかしい。

「イースターエッグ」を検索しましたら、ドイツ東部にあるソルブ人居住地域のことが載っていました。スラブ系の民族なのですが、華やかなイースターエッグで有名なんだそうです。近々またブログでご紹介しちゃいますね。

ホント、ろこちゃんさんが書いてくださいましたように、ちょこっと検索しただけでも色々な説が出てきて混乱しちゃいます。宗教的な風習に、土着の古い風習もドッキングしたりして、地方色も豊かみたいですね。ちなみに卵は固ゆでより、半熟が実は好きなのでした。彩色するための卵は固ゆでと相場が決まっているみたいなのですが・・・。

投稿: ありちゅん | 2007年4月 3日 (火) 23時31分

ウサギと卵の意味は、私もこのように聞いています。ヨーロッパの風習はどれもワクワクできて好きです~。
ロマノフ王朝のインペリアル・イースター・エッグについてNHKで見たことがありますが、すごくきれいで、もう、別格もんでした。

「かわいくなくてかわいい」、ぴったりな表現! 現在うちのブログに潜入している、ドイツのぬいぐるみの梨マダムも典型的な例・・・

投稿: あむ | 2007年4月 4日 (水) 16時23分

★あむしゃん

昔、イースターでドイツ人のお宅に招かれたことがありました。例によって庭で卵探し。卵に混じってプレゼントもあったりして盛り上がりました。で、ウサギのチョコもらって「カワイイ~♪」なんて言っていたら、「さ、ウサギの丸焼きが出来たぞ~」。ウサギグッズをかわいがりながらウサギのお肉を食べ、なんとも複雑な気分になりました。

投稿: ありちゅん | 2007年4月 4日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Palmsonntag の Palm は「しゅろ」?「なつめやし」? | トップページ | Lili Marleen (リリ~・マルレ~ン) その4 »