« Faber-Castell (ファーバー・カステル)の鉛筆 | トップページ | Maibaum (五月柱) »

2007年4月28日 (土)

Schnick, Schnack, Schnuck (ジャンケンポン)

 連休が始まりましたが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。東京地方は夕立です。あ~~すごい雨。仕事で「シュニック・シュナック・シュヌック」が出てきました。いわゆるジャンケンポン。基本形は日本と同様、グー・チョキ・パーの3つ。でもドイツでは Schere (はさみ)、Stein (石)、Papier (紙)の順で呼ばれるようです。パーも指を開くのではなく、指は閉じたままみたいですね。この基本形に加え、しばしば Brunnen (泉)、Feuer (火)が登場しちゃうこともあるんだそうです。ややこしい・・・泉は手を軽く握って「ずいずいずっころばし」のようにするようです。火は、手のひらを上に向け、指を曲げて動かし、メラメラ~っとやるみたい。

Wikipedia(こちらに説明が・・・。ドイツ語ですが)

基本形の3つだけなら、グー・チョキ・パーの勝率は同じなのですが、泉と火が入るとバランスが悪くなってしまいます。

泉・・・石とはさみと火には勝ち(ぽちゃんと落としてしまう。火は消してしまう。)、紙には負け(蓋されちゃうから)

火・・・はさみと紙には勝ち(火は紙を焼き、熱ではさみも曲げてしまう)、石と泉には負け(消火されちゃう)

勝つ確率で見てみると・・・

はさみ → 5分の1(相手が紙を出したとき)
石    → 5分の2(相手がはさみか火を出したとき)
紙    → 5分の2(相手が井戸か石を出したとき)
井戸  → 5分の3(相手が石かはさみか火を出したとき)
火    → 5分の2(相手が紙かはさみを出したとき)

 こりゃ不平等。確率からすると、井戸を出すのが一番勝てるということになりますもんね。やっぱり基本形のグー・チョキ・パーがいいような気がします。ちなみに映画ではさらに「水」とかいうのが加わっていました・・・どーすんだ?6つも手があったら、かえって混乱しそう・・・。

*********************

今頃になって気づいたのですが、Wikipedia ってドイツ語では「ィキペディア」って発音するんでしょか?

|
|

« Faber-Castell (ファーバー・カステル)の鉛筆 | トップページ | Maibaum (五月柱) »

「ドイツのこと」カテゴリの記事

コメント

え?雨?夕立?
神奈川湘南地方は結局くもりぞらでいまにも降りそうな雲行きになり(そこで洗濯物をとりこんだ)ましたが、一日雨はふっておりませぬ・・・
連休ねぇ・・・風邪ぎみだし、別にって感じだわ。でも家にいると三食ご飯つくらなくちゃならなかったりするんですよね、それもうんざり・・・なんですよねえ。どうしたもんでしょう。
あーかったる。いみのない書き込みすみません。
Wikiなんて発音するか今度ドイツ人にでもきいてみます・・・

投稿: spatz | 2007年4月28日 (土) 17時17分

ありちゅんさん、ドイツにもじゃんけん、あるんですねー!知らなかったですぅ。
前のドイツ語の先生は「ウィキペディア」と発音していましたが、私たちにわかるようにだったのかな?

あ、ところで、spatzさんも神奈川湘南地方なのですね。私も…(かな?多分)ですよぅ。
昼間藤沢駅周辺をうろうろして、うちのほうに帰ったら、雨が降った後のようでした。

投稿: まがり | 2007年4月28日 (土) 22時47分

★しゅぱちん

へ?そっちでは夕立ちなかった?まがりさん宅のお近くでは雨が降ったって。昨日の雷雨は夏並みだったよー。しかも結構長い時間、降っていました。北部では雹も降ったって。不安定なのね。さて、これから焼きそばでも作ります・・・。

★まがりさん

そーなのです。ドイツ語のウィキ(ヴィキ?)によると、もともとジャンケンってアジアあたりが発祥の地だとか。それが世界に広まったみたいですよ~。昔、大学のドイツ人教授にすごーく怖い先生がいて、何かの順場を決めるときにいきなり「では、私とジャンケンを・・・」みたいなことを言ったことがありました。「え?あのコワモテでじゃんけん?」と、リアクションに困ったことが・・・

話は変わりますが、私が子供のころに住んでた大阪では「いんじゃんでほす!」と言ってました。

投稿: ありちゅん | 2007年4月29日 (日) 11時31分

思わずありちゅんさんの「いんじゃんでほす!」に反応!私は小さい頃箕面にいたのですが、そのあたりでは「いんちゃんで、ほし!」だったのです~。それとも、私の口が幼かったために回らなかったのかなあ?

投稿: なおこ | 2007年4月29日 (日) 16時30分

私も、大阪なのでそうでした。ただ、最後は「ほぉいっ」でした。気になって少し調べたら、関西地方で、「じゃーんけーんでほーいの サッポロビールのへのカッパ」 とか 「サッポロビールの会長さんの禿頭」とか 言うそうです。何でサッポロなんでしょうね?キリンやアサヒではダメなのかな?

投稿: kyoko | 2007年4月29日 (日) 20時36分

★なおこさん

おはようございます。コメントありがとうございます。「いんちゃんで、ほし!」だったんですか?似てる~。よく「じゃんけん」についてTVなどでリサーチしていますが、地方によってホントいろいろバリエーションがあるんですよね。私が住んでいたのは寝屋川市というところだったのですが、音程は「ラソミソラ、シラ!」って感じでした。「いんじゃんで、ほす!」「あいこでほす!」といった感じ。

★kyoko さん

コメントありがとうございます。最後は「ほぉいっ」なんですね。ちょい違うなぁ。。。「サッポロビール」バージョンは初めて聞きました。面白すぎ。そういえば「じゃんけんホカホカ北海道!」というのがありました。大阪だったのかなあ。実は名古屋にも住んでいたので、名古屋のだったのかもしれない・・・いずれにしても、こういうのって面白いですよね。

投稿: ありちゅん | 2007年4月30日 (月) 09時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Faber-Castell (ファーバー・カステル)の鉛筆 | トップページ | Maibaum (五月柱) »