« Pumpernickel (プンパーニッケル) | トップページ | Pfingsten (ペンテコステ/聖霊降臨祭) »

2007年5月23日 (水)

Katzenzungen (猫舌)

P5190030 先日、デパ地下でプンパーニッケルを買ってしまったお話は書かせていただきましたが、その際に懐かしや~のお菓子を見つけ、ソク買い。

Katzenzungen (カッツェンツンゲン・・・猫舌)

その名のとおり、ネコの舌の形をした薄型のチョコレート。ウィーンの老舗、デメルのものが有名ですよね。これはブレーメンに本社を置くチョコレート会社 Hachez のもの。有名な猫舌チョコ、どこの誰が最初に作り始めたのか知りたいのですが、検索しても出てこないのです・・・。頼みの綱の Wiki にも出ていません。オリジンはどこにあるんでしょ?

P5190031 ちなみに、箱の裏には各国語の「猫舌」が記載されております。英語は Cat Tongues、フランス語は Langues de Chat。ラング・ド・シャってクッキーですよね。

****************

 せっかく拙宅にお寄りいただいたのに、猫舌の由来などについて書けなくて申し訳ないので、耳にしたことのある「Zunge」の表現を書き出しちゃいました。こうして幾つか拾ってみると、結構面白い・・・

eine scharfe Zunge haben (直訳:鋭い舌を持っている → 毒舌である)
eine böse Zunge haben (直訳:悪い舌を持っている → 口が悪い)
eine feine Zunge haben (直訳:繊細な舌を持っている → 舌が肥えている)
mit zwei Zungen reden (直訳:二枚の舌で話す → 二枚舌)
mit gespaltenen Zungen reden (直訳:裂かれた舌で話す → 二枚舌)
sich (3格) die Zunge verbrennen (直訳:舌を火傷する → 舌禍を招く)
etwas auf der Zunge haben (~を舌の上に持っている → (ある言葉が)喉まで出かかっている)

などなど。ホントはもっとたくさんあると思うのですが、ちょびっとだけご紹介。日本語の表現と似ていて面白いにゃ~と思ってしまったのでありました。

|
|

« Pumpernickel (プンパーニッケル) | トップページ | Pfingsten (ペンテコステ/聖霊降臨祭) »

「ドイツのお菓子」カテゴリの記事

コメント

ありちゅんさん、お久しぶりです。
こんなチョコレートあるなんて初めてしりました。
面白いですね^^

おまけに舌の使った言葉がこんなにあるなんて....
いつも奥の深い話、ありがとうございます。

投稿: Munchen大好き | 2007年5月23日 (水) 10時41分

★Munchen大好きさん

こんばんは~♪ コメントありがとうございます。このチョコ、たま~に見かけます。が、うすっぺたくて(そこが売りなんですが)イマイチ食べごたえがないので、それまでほとんど買ったことがありませんでした。私的には、100グラムくらいあって、でっかーいのが好きなので。

舌の表現、面白いですよね。いくつか日本の表現とカブるものもあり、人間の発想って似るんだな~と思ってしまいました。

投稿: ありちゅん | 2007年5月23日 (水) 20時21分

Zungeと来れば、Zungenbrecherですかな、私の場合?
いろんな名作がありましたね~♪

投稿: 樅の木 | 2007年5月24日 (木) 09時31分

★樅さま

文明開化の音がする♪(謎)

コメントありがとうございます。おー懐かしい!Zungenbrecher。これでまた記事が書けそうですね!ぜひ書いてくださいませ。ひとつ思い出したのは、

Fischers Fritz fischte frische Fische, frische Fische fischte Fischers Fritz.

…というものです。他にも探せばいろいろ出てきそうですね。

投稿: ありちゅん | 2007年5月24日 (木) 09時33分

Im Ulm, um Ulm, um Ulm herum

と言う名作がありますね♪

投稿: 樅の木 | 2007年5月24日 (木) 20時31分

Langues de Chatは知っていましたぎゃ、デメルを
訪れているのにこれは知りませんでした。きっと拙ネコは
生クリームのケーキばかり見ているからで(^_^;)
今度、自分もデパ地下で買ってみます!

投稿: みー | 2007年5月25日 (金) 00時55分

★樅しゃま

コメントありがとうございます~♪Wiki に載ってたので、そのままコピペしてしまいました↓

Blaukraut bleibt Blaukraut und Brautkleid bleibt Brautkleid [und Plättbrett bleibt Plättbrett und graublau bleibt graublau und bleifrei bleibt bleifrei und Grießbrei bleibt Grießbrei und Kriegsbeil bleibt Kriegsbeil].

Fischers Fritze fischt frische Fische. Frische Fische fischt Fischers Fritze.

In Ulm, um Ulm, und um Ulm herum.

Denn der, der den Dänen dehnt, der dient den Dänen.

Der Whiskeymixer mixt Whiskey an der Whiskeymixerbar.

Im dichten Fichtendickicht wachsen dicke Fichten dicht an dicht.

Der Cottbusser Postkutscher putzt den Cottbusser Postkutschkasten blank.

Der Kaplan klebt klappbare Pappplakate.
Zwischen zwei Zwetschgenzweigen sitzen zwei zwitschernde Schwalben.

Fromme Frösche fressen frische Frühlingszwiebeln, aber freche Frösche fressen frische Früchte.

私が覚えていた「Fischers Fritz」は、一部間違っていました。ま、いっか。どっちにしろ言いにくいですので。一番上のBlaukraut・・・のやつ、面白いですね。早口で言う前に、覚えるのがタイヘンそうです。

★みーしゃん

コメントありがとうございます~。ラングドシャは有名ですよね。ヨックモックのシガールっぽい味。しゃりしゃりしてますよね。猫舌チョコはやっぱりドイツが発祥なのかしら。このチョコは東急東横店の地下に入っている成城石井で買いました。輸入食材屋さんなら売ってると思います~。ちなみに、デメルのは高そう・・・

投稿: ありちゅん@猫舌噛みそう | 2007年5月25日 (金) 07時26分

成城石井ですね!ありがとうございます。麻布のNationalさんにはたまに行くのですが合わせて探してみます!見つかったら近所のネコと遊びながら食べますにゃ(^_^;)

今日雨じゃなかったら探しに行こうかと思ってチェックしたデメル日本のHPではこれは見当たらなかったのです???

猫といえば、英語も日本語も猫が否定的に含まれている表現が結構ありますが、今度私のような初学者にドイツ語のその類の表現を特集してくださいにゃm(_ _)m

投稿: みー | 2007年5月25日 (金) 23時29分

★みーしゃん

おはようございます。コメントありがとうございま~す。麻布に出没なさるんですか!?!おしゃれじゃないですか~。デメルでは扱ってなかったですか?本国じゃかなり有名かと。

http://www.demel.at/shop/product_info.php/products_id/39/XTCsid/cf3d39e923e984a0952383d9dabd2c54

日本でも売ればいいのに。あ、でもみーしゃんが食べたら共食いになっちゃうかも・・・(汗)

ネコを使ったドイツ語表現ですね。OKです~。探してみます。今思いついたのは、Katzensprung (ネコのひとっとび=近い距離)。英語でも言いますかしら。ちょっと辞書を調べただけでもゾロゾロ出てきました。ネガティブばっかりじゃないみたいですよ。後日、ご紹介しますね。実家で長いことネコを飼っていたので、ネコも実は大好き♪シャム系の美しいネコでした。すごーく美形で、うちの庭にはいつもオスネコがうろうろ・・・。もてもてで心底羨ましかった♪

投稿: ありちゅん | 2007年5月26日 (土) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Pumpernickel (プンパーニッケル) | トップページ | Pfingsten (ペンテコステ/聖霊降臨祭) »