« ドイツ語電子辞書 その後 | トップページ | Seeohren (アワビ) »

2007年5月17日 (木)

ODE AN DIE FREUDE (バルトの楽園) その2 訳を追加♪

 またまた「バルトの楽園」の話題で失礼いたします。昨日、ハンブルクの日本映画祭で上映されたはずですが反応はどうだったのかしら。検索したところ、このあと7月12日から一般公開されるようですね。どのくらいの規模で公開されるのかは不明なのですが、多くの方が観てくださるといいな、と期待しています。ところで日本語のセリフは吹き替えかしら?それとも字幕?ドイツの方々は吹き替えを好みますよね。そのあたり、どうなっているのかしら・・・

映画 Info (ドイツ語ですが)

上映 Info

同サイトの内容紹介より引用 『1914, inmitten des Ersten Weltkrieges. Rund 4.700 Deutsche werden von den japanischen Heertruppen im chinesisches Qingdao gefangen genommen und als Kriegsgefangene ins japanische Bando Camp nahe Naruto City gebracht. Lagerführer Toyohisa Matsue (Ken Matsudaira), ein Gerechtigkeit liebender Militär, will für Ruhe und Frieden zwischen den Einheimischen und den fremden Europäern sorgen und gewährt den Kriegsgefangenen deshalb viele Freiheiten wie die Herstellung einer eigenen Zeitung oder das Musizieren auf Instrumenten. Das Camp galt daher als das „Paradies für Kriegsgefangene“. Als im Jahre 1918 der erste Weltkrieg für die Deutschen verloren und ihr Heimatland zerstört war, verlieren die deutschen Kriegsgefangenen fernab in Japan jede Hoffnung auf eine Rückkehr. Generalmajor Kurt Heinrich (Bruno Ganz) kennt nur einen Ausweg: Selbstmord. Doch Lagerführer Toyohisa Matsue gelingt es, den gebrochenen Mann davon zu überzeugen, dass nur er seine Leute sicher in ihr Heimatland zurückbringen kann... Basierend auf wahren Begebenheiten erzählt der japanische Meisterregisseur Masanobu Deme in "Ode an die Freude" eine aufwühlende Geschichte, die beweist, dass Menschlichkeit, Respekt und Hilfsbereitschaft unter Kriegsgegnern auch in Zeiten höchster Anspannung möglich sind - mit dem Bando Camp als Symbol dafür. Höhepunkt war der Gesang der deutschen Gefangenen beim Abschied von Lagerleiter Toyohisa Matsue, zu dessen Ehren erstmals "Freude schöner Götterfunken" aus Beethovens Neunter Symphonie auf japanischem Boden zu hören war. Neben Japans Superstar Ken Matsudaira als Lagerführer Toyohisa Matsue und Actrice Reiko Takashima als Utako sind der schweizer Schauspieler Bruno Ganz als Generalmajor Kurt Heinrich und seine deutschen Kollegen Oliver Bootz als Soldat Carl Baum und Kostja Ullmann als Soldat Hermann Lake zu sehen. 』(引用終わり/出典:Buena Vista)

ざざっと訳したいところですが、時間がなくて引用だけですみません・・・。そのうち映画評なども出てくると思います。見つけましたらご紹介いたしますね。

…と書きましたら、おそるべきアマチュア様がお忙しい中、上の解説文を訳してくださいました。僭越ながら私も加筆させていただき、下に貼り付けました。おそるべきアマチュア様、いつもご親切にありがとうございます。

『第一次世界大戦真っ只中の1914 年。およそ4,700 人のドイツ人が中国・青島の日本軍によって囚われ、捕虜として鳴門市近郊の板東収容所に連行される。収容所長松江豊寿 (松平健) は、正義感の強い軍人であり、土地の日本人とよそ者のヨーロッパ人の間に安寧と平和を取り計ろうとする。そのため、捕虜に多くの自由、例えば彼ら自身の新聞の発行や器楽の演奏といったことを許したのである。こうして同収容所は"捕虜の天国" と見られるようになった。

1918年、第一次大戦はドイツの敗北に終わり、彼らの故国は崩壊した。はるか日本で囚われの身となっていたドイツ人たちにとって、帰国は絶望的なものとなる。クルト・ハインリッヒ少将 (ブルーノ・ガンツ)に残された道はただ一つ。それは自殺であった。しかし松江豊寿所長の説得が功を奏し、失意にあったこの少将も、部下を確実に彼らの故郷に帰還させることが出来るのは自分だけだと確信する。

この”Ode an die Freude (バルトの楽園)の中で、日本の名監督出目昌伸が伝えているのは史実である。掘り起こされた歴史、それは敵対する者同士が人間性、尊敬、そして扶助を持つことが、もっとも緊張の高い時であっても可能であることを証明している。板東収容所は、その象徴なのだ。

クライマックスは、収容所長松江豊寿との別れに際し、その栄誉を称えて歌われるドイツ捕虜の合唱だった。ベートーヴェンの第九交響曲から「うるわしき神々の火花よ」が初めて日本の地で響いたのである。

松江豊寿所長に扮する日本のスーパースター松平健、妻うた子の女優高島礼子と並んで、スイスの俳優ブルーノ・ガンツがクルト・ハインリッヒ少将、ドイツ人俳優オリヴァー・ブーツが兵士カルル・バウム、それにコスティア・ウルマンが兵士ヘルマン・ラーケ役で登場する。』

|
|

« ドイツ語電子辞書 その後 | トップページ | Seeohren (アワビ) »

「ドイツ映画」カテゴリの記事

「俘虜収容所」カテゴリの記事

コメント

先生、お願いします。訳しておくんなまし。

投稿: なすび@バカ生徒 | 2007年5月17日 (木) 15時07分

☆なすPしゃん

喜んでくだされ。「おそるべきアマチュア様」が、なすびしゃんのために訳してくださいました~ あとでブログ面に載せますね。わ~い♪人の親切が身にしみるのだ~♪♪♪♪ 

投稿: ありちゅん | 2007年5月17日 (木) 17時45分

このチームワーク・・・なんだか感動してしまいました。
weiter so!

投稿: spatz | 2007年5月18日 (金) 22時07分

★シュパちん

ぐふふ♪♪ ブログやっててよかったと思える一瞬。

投稿: ありちゅん | 2007年5月18日 (金) 22時16分

うふふ。
愛をかんじちゃいますねっ。

投稿: spatz | 2007年5月18日 (金) 22時46分

★しゅぱちん

おほほ。
ブログで現実逃避。

ところで。もしかしたら、うちにまた新たな生き物が来るかもしれないの。

何とかツメガエルとかいう生き物みたいです。ど、どうしよう・・・

投稿: ありちゅん@株ちゃん元気? | 2007年5月18日 (金) 23時34分

おそるべきアマチュア様、ありちゅん様、本当にありがとうございます(お礼を言うのが遅くなりまして申し訳ございません)。

ドイツの皆さんにも、ぜひ見ていただきたい作品ですね。なすびが『U・ボート』で感動したように(まもなく放送ですね、ちゅんこ姉!)、彼らにも日本を身近に感じてくれると、いいですね。

投稿: なすび@感涙 | 2007年5月19日 (土) 05時12分

☆なすびしゃん

おはようございます~。今はどちらに?ギョーザタウンからまた無事ご帰還?

今ドイツでは、アニメやマンガ以外にも日本映画に人気が集まっているんだそうです。特にJホラー。「バルト」はホラーじゃないですが、多くの方が観てくださるといいな~と思います。こうした歴史があったこと、ドイツ人も知らないんじゃないかしら。

投稿: ありちゅん | 2007年5月19日 (土) 08時49分

この映画、一時は「日独同時上映」とか言われていましたが、ようやくドイツでの上映が決まったんですね。ドイツ人の反応が知りたいものです。

ところでツメガエルって、細胞分裂の実験でもするんですか(笑)。

投稿: U99 | 2007年5月19日 (土) 17時05分

★U99さん

こんばんは~。コメントありがとうございます。そーなんです、ようやく公開にこぎつけたみたい。彼らの反応が気になるところ。そのうちネットで映画評なども探してみます。

実は子供が学校で実験するんだそーです。アフリカツメガエルに何らかのホルモンを注射して繁殖させ(普通は1年に1度しか繁殖しないんだとか)アルビノと普通の色素のとを掛け合わせ、メンデルの法則が当てはまるかどうか調べるんだそーです。面白そうでしょ。で、各自が家にカエルを持ち帰って増やすんだとか・・・。エサはどうするんでしょ?

投稿: ありちゅん | 2007年5月19日 (土) 20時48分

わーやっとでてきた、U99さま(笑)

しかし…ありちゅんさん、すごすぎ。また動物ふえちゃうんですか。最近の学校もいろいろやってくれますね。私は高校のときに生物でかえるの解剖したのが最後かなあ、そういうの。

あたらしい家族が増えて粗また写真アップしてくださいね。
(いったいどういううちなんだろう・・・そのうち増築しないと間に合わない?爬虫類館、とか!?)

投稿: spatz | 2007年5月19日 (土) 21時30分

★シュパちん

ホント、我が家はどうなるんでしょう・・・。両生類の館とか、魚類の館とか、甲虫類の館とかも作らないとダメかも。娘はイグアナ飼いたいとか言ってるしなー。

そういえば私は高校の頃、ミミズの解剖をしました。どうしてミミズだったんでしょう・・・。

それにしてもどうして「バルトの楽園」の話からカエルの話に???

投稿: ありちゅん | 2007年5月19日 (土) 21時45分

ありちゅんさん、それはアナタですってば・・・

投稿: spatz | 2007年5月19日 (土) 21時52分

★シュパちん

そういうシュパちんも、確実に生き物好きに・・・

かぶちゃん元気?

投稿: ありちゅん@あれ?そうだったかな? | 2007年5月19日 (土) 22時15分

映画祭でのドイツ人の反応はどうだったのでしょう。一般公開も待たれますね。
第九・・実際は松江所長との別れに際して栄誉を讃えて演奏されたのではなく敗戦が決まるより前1918年6月1日に第4楽章までの全曲演奏をしたのですが・・・映画的脚色でクライマックスに持っていったのでしょう・・・。(個人的には史実と違ってしまいちょっと残念・・)
ところで鳴門市では初演を記念して毎年6月第一日曜日を『第九の日』として第九の演奏会をしています。初演の地で歌いたいと、この日は全国から第九友の会や第九好きの方達が鳴門に集まります。今年も6月3日に開催され私の友人も遠方より参加すると年明けに連絡が入りました。人気があって12月には次の年の参加の募集が先着順で締め切られるそうです。友人もドイツ館やバルトの楽園のロケ村訪問を楽しみにしているようです。

投稿: ろこちゃん | 2007年5月27日 (日) 00時19分

★ろこちゃんさん

コメントありがとうございます~♪映画はお客さんを集めてナンボの世界なので、どうしても脚色せざるをえない部分がありますよね。クルト・ハインリッヒ自体が架空の人物ですし。6月第一日曜日といえば、来週じゃないですか?ろこちゃんさんも聴きに(歌いに?)行かれるのでしょうか。映画の影響で知名度がさらに上がり、参加希望者もさらに増えるかもしれませんね。あー 私も一度行ってみたい・・・古いほうのドイツ館も見たいです。鳴門の渦潮もみたいし、ご当地名物も食べたい(食いしん坊)・・・

投稿: ありちゅん | 2007年5月27日 (日) 09時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ドイツ語電子辞書 その後 | トップページ | Seeohren (アワビ) »