« Schuluniform (制服) | トップページ | チョウとガ »

2007年6月23日 (土)

Raupe (チョウやガの幼虫)

 すみません、虫系の話ですので、お嫌いな方には申し訳ないです。スル~してくださいね。

 先日、玄関先に置いていた植物に巨大な毛虫ちゃんがおりました。哀れなことに、植物は丸坊主・・・。食われていたことに気づきませんでした。その毛虫、ものすごーく毛深くて、しかもフサフサ。1本1本が長いのです。でもって瞳がつぶら・・・。毛虫ってドイツ語で Raupe ですが、お肌つるつるの芋虫も確か Raupe。ドイツ人って区別しないのかしら?

・・・・と思い、ついつい調べてしまいました。すみません、こんな話題で。決してヒマなわけではないのです。やることいっぱいあるのですが、好奇心が勝ってしまいまして・・・。「セミ」や「カブトムシ」を調べたときも感じたのですが、虫系になると概念が違う言葉が多いんだな~

******************************

Raupe を Duden で調べましたら:
Larve des Schmetterlings mit borstig behaartem Koerper, die sich auf mehreren kleinen Beinpaaren kriechend fortbewegt (チョウやガの幼虫で、体に毛が生えているもの。複数の対になった小さな足で這うように進む)(borstig というのが笑えます。「剛毛の」「もじゃもじゃの」。もじゃもじゃペーターみたい。)

この説明を読んで Raupeって毛虫だけを指すの?と思ったのですが、ドイツ語のWiki を見ますと、毛があろうが無かろうが、チョウやガの幼虫全般を指すみたいです。その中にケムシ・イモムシ・アオムシ・シャクトリムシも含まれるみたい。勇気のある方はクリック(Wiki の Raupe)

ついでに Larve を辞書で引いてみましたら(説明が長かったので独和で引きました):
幼生、幼虫、(不完全変態昆虫の)若虫

私はLarveといえば「幼虫」だと思っていたのですが、両生類の「幼生」(オタマジャクシ(Kaulquappe))もLarve なんだそうです。知らなかったのは私だけ?これに感動したのも私だけ?

さらに Schmetterling もWiki を覗いてみたところ、この言葉はガとチョウの両方を含むみたいですね。以前に別記事でも書いたのですが、ドイツではガとチョウを区別していない模様。日本でも、実はチョウとガって線引があいまいなんだそうです。世間で一般的に思われているガの特徴(柄が美しくない、胴が太い、触覚が太い、羽を広げて止まるなど)を示すチョウもいれば、その逆もあるとのこと。

最後に Tier も独和辞典で引いてしまいました。
Tier:動物(人間は含まないことがある一方、昆虫・クモなどごく小さなものでも Tier として意識される)

 日本語の「動物」って昆虫まで含むのかなぁ?カブトムシ飼っている人が「うちに動物がいるのよ~」とは言いませんよね。一般的には、やはり哺乳類などの生き物を指すんじゃないかしら。で、「動物」「Tier」 だと思ってしまった次第です。すでにご存じの方、今頃すみません。

********************************

余談ですが:私が見つけた毛虫、マイマイガというガの幼虫なんだそうで、NHKのクレイアニメ「ニャッキ」のモデルといわれているらしい・・・知る人ぞ知るニャッキ。

|
|

« Schuluniform (制服) | トップページ | チョウとガ »

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

をを!こないだ私も似たようなことをしました。
さなぎは「Puppe」?(ほかにもいい方ありましたが、これだけ印象にのこってたのです)。
で、PuppeだのRaupeだのをぐーぐるBilderサーチして、そのての画像がずらずらでてくるのを楽しんでおりました。

投稿: spatz | 2007年6月23日 (土) 17時43分

★シュパちん

そーなのよ、私もいろいろ画像を見て、のけぞったりびびったり。Raupen オンパレードのサイトを作っている人もいるのね。「ケムヲタ」と命名したい気分でした。

ところでPuppe。entpuppen だの einpuppen だの、辞書で引いて遊んでいました。ジャンプ検索で英語の蛹を引いてみたところ、pupa なのよね。語源が同じ?ということは、人形のPuppe と、さなぎのPuppe って語源は違うのかしら・・・?それとも、英語だけ人形はdoll となったのかしら?誰か詳しい方いらっしゃらないかしら・・・

投稿: ありちゅん | 2007年6月23日 (土) 18時29分

コンビニ(セ●ン)で、「はらぺこあおむし」のDVDを見つけました。980円! spatzさん要チェック!?

投稿: なすび | 2007年6月23日 (土) 20時05分

★なすびさん

なすびさんは確か、長い虫系が苦手でしたよね・・・すみません、こんな話題で。そういえば以前、クロイロコウガイビルをご紹介したこともありましたっけ・・・

投稿: ありちゅん | 2007年6月23日 (土) 20時33分

蛾は Motte だとずっと思ってました。検索してみたら Wikipedia のはここにありました:

http://de.wikipedia.org/wiki/Motte

リンクの写真を見るとやはり「蛾」という気はしますが、う〜ん、どうなんでしょう。

投稿: Hitoshi | 2007年6月23日 (土) 20時59分

Raupe なんて、わたしの仕事ではしょっちゅう出てきますよ。ドイツの自動車整備工場には必ず居ます。

Dichtmittelraupe

投稿: 樅の木 | 2007年6月23日 (土) 21時15分

★Hitoshiさん

こんにちは~。コメントありがとうございます。Motteを忘れてた・・・。Mottenkugel (モスノーみたいな防虫剤)で有名ですよね。Schmetterling は厳密にはチョウやガを含めた鱗翅目(りんしもく)を指すみたいです。その下に、いわゆるチョウやガが属すみたいですね。Motte は1)スガ科のガ2)メイガよりも小型のガ類の総称 と辞書にありました。服に虫食いを作ってしまう、ごくごく小さいガのことみたいですね。
http://www6.ocn.ne.jp/~tec/library/002/003/001.html
(これはイガですが)

このあたりの線引きが私にも分からないのですが、外見がチョウみたいで大きめのガはSchmetterling でいいのでしょうか・・・?あとでもっと調べてみますね。思い出させてくださり、ありがとうございます~!

★樅さま

Dichtmittelraupe・・・?にゃんだ、コレ?Dichtmittel は隙間を塞いだりする材料ですよね(正式名称は失念・・・)それのラウペってナンでしょ?毛はフサフサ生えてますか?足はいっぱいついてますか?!?

投稿: ありちゅん | 2007年6月23日 (土) 21時40分

Dichtmittelraupe 昔出てこなかったですか?

Dichtmittelは「シーリング・コンパウンド(A社の場合)」と言ったり「シーラント(B社の場合)」と言ったりします。こいつが、チューブの中に入っていて、これを人間がにゅるりと押し出すと、接合面の上にビード状(ま、歯ブラシの上のはみがき状)になってのたうち回るのです。これをDichtmittelraupeと呼んでいます。訳語はB社の場合シーラント・ビードです。

毛は生えていません。足があって逃げ出すと困るので、足の生えたシーラントは売っていません。どうせ、生まれてから5分以内に押し潰される運命にあります。5分以上放っておくと、どのみち死んで「死後硬直」が始まるのです。

投稿: 樅の木 | 2007年6月23日 (土) 21時47分

★樅さま

ウケました。笑いました。ラウペちゃんがにょろにょろっと押し出される様子が目に浮かびましたわっ(シュパ嬢もこのあたり、詳しいに違いない・・・)

死語硬直・・・盛りの過ぎた流行語をつい使ってしまい、周囲を凍らせることかと思ってしまいましたが、ラウペちゃんが硬化することだったんですね。死後硬直と見せかけて、実はサナギだったりして?

投稿: ありちゅん@樅サマ最高! | 2007年6月23日 (土) 21時55分

ムシものにも参戦?

蛾はNachtfalterともいいませんでしたっけ?
でもドイツ人は蛾と蝶をほとんど区別しないと聞いたこともあります。

Tierといえば、昔ドイツ人と夜、道を歩いていたら、鈴虫が鳴いていたのですが、Tierって言われてびっくりしました。Tier=動物の概念が崩された瞬間でしたー。そういえば、果物とか実も日本語の概念とちょっと違いますよね。

投稿: なおこ | 2007年6月23日 (土) 22時17分

★なおこさん

お待ちしておりました(笑)

そーなんです。1年くらい前、チャドクガが大発生した際、腹が立って(かゆいから)つい調べて記事にしたことがあったのですが、その際 Nachtfalter と Tagfalter というのに出くわしました。でも定義を調べてみると、文字通りNachtfalter は夜行性のやつで、Tagfalter は昼間に活動するやつ。でも白昼堂々、チャドクガとか飛んでますよねーーったくもー(実は今年も被害に遭った・・・かゆい。)となると、やっぱり日本語の「ガ」と「チョウ」を区別する基準ともちと違うような・・・で、悩んでます。

昔、大学の先生が教えてくれたのですが、「Mund」も日本語の「口」とちょい違うとか。Mund には唇も含まれるという解説でした。ヘンな話ですが、「auf den Mund kuessen」とは言っても、「auf die Lippen kuessen」とは言わないという例も挙げられていたような(ミョ~に覚えていたりする・・・)。

果物も?こんど調べてみま~す♪ 果物大好き♪♪

投稿: ありちゅん | 2007年6月23日 (土) 22時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Schuluniform (制服) | トップページ | チョウとガ »