« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

Polizeiauto Käfer (VWビートルの警察車両)

 60年代か70年代のドイツを舞台にしたドラマに、VW Käfer(フォルクスワーゲン・ビートルです)のパトカーが出てきました~。深緑色でなんとも言えず牧歌的。これに追いかけられてもあんまし怖くないかも・・・と不謹慎なことを思ってしまいました。「VW Käfer」「Polizeiauto(警察車両)」の2語で検索してみたら、下の2つがヒットしました。写真をご覧になってみてくださいね。ほのぼのすること間違いナシ。

ビートルのパトカー ヘッセン州で使用されたパトカーのようです。残念ながら製造年などが見当たらないのですが、「その2」と同じころのものでしょうか。ドラマで出てきたのは、まさしくコレ!ね、カワイイでしょ。

ビートルのパトカー その2 1976年から1987年までミュンヘンで使われたパトカーみたいですよ。ツートンカラーがお洒落。ミニカーみたい。ちょっと欲しいかも。

BMWの古いパトカー 1961年製のBMW のようですね。なんだかほのぼの。これでドイツの平原を走ったら気持ちいいでしょうね。

******************************

 今日の午後、東京地方は激しい雷雨に見舞われました・・・。前回、雷でパソコンがブチ切れて焦った私は学習し、雷が激しくなったところでパソコンを消しました。その直後に近所で「バリバリドッカーーーン!どんなべった~!」(←樅の木さまが以前ブログに書いていらっしゃいましたDonnerwetter!ですね)あ~危ないところだった。

| | コメント (8)
|

2007年7月 4日 (水)

明治時代の辞書 その4 音楽関係&キリスト教関係

 お立ち寄りくださいました方、ありがとうございます。掘り出し物の辞書からいくつか言葉をピックアップしました。私ったらしつこくてすみません。

Oper:演曲(音曲又謠曲ヲ主トスル芝居ニシテ景色所作ヲ加ヘタル浄瑠璃ノ如キモノ、稍(や)ヤ我国ノ能ニ類ス)。浄瑠璃。(オペラのことで~す)

Geige:胡弓、提琴 (バイオリン)

Geiger:提琴ヲ彈ズル人、提琴ノ師匠、彈琴手 (バイオリニスト。「彈琴手」ってすごい)

Viola:大提琴  (Bratsche は「提琴」でした。Viola と Bratsche ってドイツ語ではどう違うんでしょう?>Hitoshi さん

Trompete:喇叭 (この漢字は今でも見かけますね)

Clavier:翼琴(有鍵楽器ノ名) (Flügel (翼、グランドピアノ)からの直訳でしょうか。)

Querflöte:横笛 (クラリネットなどは載っていませんでした)

Orgel:風琴 (オルガンって「風琴」と書いたんですね。感動~。そういえばアコーディオンのことを昔は「手風琴」と呼んだと父親が言っておりました)

Orchester:雛壇(?字が判読できないのです・・・)ト桟敷トノ間ノ所(囃方ノ居ル所ニ充)、奏楽者、囃方 (前者はオーケストラボックスのことでしょうね)

Engel:天童、神使 

Marienbild:聖母馬里ノ像 (マリア様は「馬里」だったとは・・・)

evangelisch:福音ノ、耶蘇新教ノ (形容詞だから「ノ」がつきます)

katholisch:加特力教ノ (「加特力」で「カトリック」と読むんですね。)

Osten :耶蘇復活祭(三月二十一日後最近満月後ノ第一日曜日ニ行フ故ニ三月二十二日ノ如ク早キコトアリ又四月二十五日ノ如く晩(オソ)キコトアリ)(イースターです)

Osterei:彩色シタル鶏卵、砂糖等ニテ鶏卵ノ形ニ作リタル物。共ニ耶蘇復活祭ノ贈リ物ニ用フ (イースターエッグ)

Pfingsten:耶蘇復活祭後第七次ノ日曜日ニ行フ祭 (ペンテコステ、聖霊降臨祭ですね)

Weihnachten:耶蘇降誕節会(12月25日)(クリスマスに関する言葉はこれと、Weihnachtsmarkt 「耶蘇降誕節会ノ市」のみ。ツリーやクリスマスプレゼントは載っていませんでした。)

******************************

ご参考までに・・・こんなサイトを見つけてしまいました。昔の方々、苦労したんですね。

外来語の当て字

| | コメント (17)
|

2007年7月 2日 (月)

明治時代の辞書 その3 食べ物関係

 掘り出し物の辞書で色々な言葉を引いて遊んでしまいました。下にご紹介しますね。解説が極めて正確で感心しました。この辞書を編纂するにあたり、何かの辞書を参考にしたはずなのですが、何だったのでしょうね。英和辞典?獨獨辞典?パンや乳製品などは既に一般的となった日本語訳があったでしょうが、ドイツ特有のものでは編者さんも苦労したでしょうね。

***********************************************

Brod:①麵包(パン) ②塊(麵包、砂糖、菓子等ノ) ③食物、糧食 ④活計 (Brot のところに、Brod ヲ見ヨ とありました。昔はこう書いたのかな?
日本洋菓子協会のサイト ← 「麵包」などの表記について書いてあります。

Brödchen:小巻麵包 (小さなパンをこう説明してありました。小巻ってカワイイ。)

Butter:牛酪、乳脂 (バターです。バターのことを昔は「酪」と言った、と聞いたことが。)

Butterbämme、Butterbemme、Butterschnitte、Butterbrod:牛酪ヲ塗リタル麺包ノ薄片 (スライスした黒パンにバターを塗ったものですね)

Buttermilch:酪漿、乳脂渣(牛酪ヲ分チ取リシ後ニ残ル乳汁)(バターを取ったあとの牛乳ですよね。漢字だけでも内容が分かる気がします)

Cognac:葡萄地酒(ブランデー)ノ一種。佛國(こんやつく)ニテ製ス故ニ名ヅク (コニャックの説明。正確ですよね。すごい!)

Eierfladen, Eierkuchen:鶏卵糕(オムレツ)、鶏卵菓子

Eis:①氷 ②氷乳 ③氷乳(アイスクリーム)、氷菓子

Kartoffel :馬鈴薯(ジャガタライモ) (ジャガタライモって・・・?と思って検索したら、「ジャガイモ」の正式名称(?)だったんですね。「ジャガタラ」はインドネシアのジャカルタの旧名だとか。詳しくはコチラを。)

Käse:乾酪、乳餅 (お乳のお餅ってなかなかいい説明ですよね)

Knödel:餛●(ムシモチ)、團子 (活字がつぶれていて、二つ目の漢字が判読できず)

Kuchen:菓子、餅

Krapfen:小麦粉に鶏卵、砂糖等加へ油煎セシ菓子、油煎餅 (いわゆる揚げパンです)

Lebkuchen:蜜入ノ菓子、●餅 (同じく一部判読できず。でもレープクーヘンを載せているなんてすごい!ちなみに Baumkuchen は載っていませんでした。獨逸では Lebkuchen ほどメジャーではないからでしょうね。)

Marmelade:砂糖煮ノ果物、糖果 (ジャムのことで~す)

Petersilie:旱芹菜(オランダゼリ) (パセリもそれほど一般的ではなかったんでしょうね)

Pfannkuchen:班戟(薄焼菓子ノ名)、薄餅、油煎餅 (パンケーキや、ベルリーナといった揚げパンのことですね。油煎餅って傑作)

Quark:牛乳皮、凝乳 (現代ですら知られていないクヴァルクが訳出されていて感心しました)

Rinderbraten:牛ノ燔肉

Sahne:乳酥(クリーム)、乳脂

Sauerkraut, Sauerkohl:漬菜 (正確ですね!)

Schinken:火腿(ハム)、臘乾(ラカン) (中国のハムを火腿とか臘乾と呼んでいたそうですが・・・)

Schokolate:楂古聿(チヨコレート)(「セヲブロマ、カカヲ」ト称スル植物ノ果實ヲ粉末シ之ニ肉桂砂糖等ヲ加ヘテ製シタル物、熱湯ニ溶カシテ用フ)、甘豆餅 (説明が正確ですよね。本当に感心します。ただ、「セヲブロマ」というのが「?」)

Stollen:菓子ノ名 (載せているだけ、すごいと思います)

Suppe:肉汁(ソップ)、煎汁、羹(アツモノ)

Torte:饅頭 (トルテが饅頭・・・)

Vanille:華尼拉(藥草ノ名) (この漢字は当て字でしょうか)

Wurst:臘腸(チャウヅメ)(細剉シタル食物ヲ腸内ニ充テタル食物) (「臘腸」とは中国の腸詰のことだそうです。本格的なソーセージが日本に入ってくる前の時代ですもんね。
以前もご紹介しましたが、ソーセージの伝来についてはコチラを。)
 

Zuckerplätzchen:糖煎餅 (クッキーのことです)

| | コメント (8)
|

2007年7月 1日 (日)

明治時代の独和辞典 その2

 明治時代(?)の辞書をゲットしてしまった、ということを昨日書かせていただきました。ふと思ったのですが、日本最初の独和辞典ってナンだろう?

・・・そう思って検索してみたところ、とある大学の先生が書かれたサイトに行き当たりました。蘭和辞典や英和辞典にも触れられていて面白いです。
ドイツ語の辞書について 

 これによると、1872年(明治5年)に編纂された『孛和袖珍字書(ふわしゅうちんじしょ)』というのが初めての本格的な独和辞典みたいですね。復刻版が三修社から出たとのこと。「欲しい!」と思ったのですが、もう在庫はない模様。残念!このサイトによりますと、東大医学部の学生がよく使ったとか。森鴎外もその一人かなぁ。

独和辞典の歴史 ← 三省堂が独和辞典の歴史について解説しています。面白い!

 ここで紹介されている『袖珍獨和新辭林』というのが、昨日ご紹介した辞書らしいのです(本物かどうか不明・・・私ったら、いまだに疑ってます)。「袖珍」という言葉、実は今回初めて知ったのですが、「そでに入るくらいに小型なもの。ポケット型のもの」(大辞泉より)という意味だったんですね。ってことは、『孛和袖珍字書』も小さかったのかなぁ。

**********************************************

 この『袖珍獨和新辭林』らしき辞書では、巻頭に略語一覧が載っています。prep.は前置詞、adv. は副詞、conj.は接続詞、という具合に。また巻末には不規則変化をする動詞の一覧表もありました。その際に出てくる文法用語が現代のものとほとんど同じ。ビックリしました。こういった文法用語って誰がいつ、何語から確立したんでしょうね。オランダ語から?ポルトガル語から?いずれにしましても、当時から文法を学んでいたんだと感心。今の学校英語は文法に偏りすぎで実践に向かないとか、学校英語は不要だとかよく言われていますよね。だけど学校英語や受験英語を学び、それと同じ方法でドイツ語を学んだ私としては、日本の学校英語だって捨てたモンじゃない、と思ってしまいます。論理的&系統的に学ぶのって日本人の気質に合っているんじゃないかな、と。学校英語しか学んでなくて、どこが悪いの?と思うのはヒガミかもしれませんが・・・

***********************************************

 昨日~今日にかけて、この辞書を引いて遊んでしまいました。明日、いろいろご紹介しますね。一部ご紹介:

Geige:胡弓提琴 (バイオリンのことです)
Clavier:翼琴 (ピアノのことです。Flügel からの直訳?ちなみに今はKlavier と書きますよね)
Orchester:囃方 (オーケストラって御囃子?)
Brod:麺包(パン)
Torte:饅頭 (トルテがお饅頭?)
Butterschnitte:牛酪ヲ塗リタル麺包ノ薄片(バターを塗った黒パンです)

| | コメント (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »