« 明治時代の辞書 その4 音楽関係&キリスト教関係 | トップページ | 間違えました、Föhnでした m(_ _)m »

2007年7月29日 (日)

Polizeiauto Käfer (VWビートルの警察車両)

 60年代か70年代のドイツを舞台にしたドラマに、VW Käfer(フォルクスワーゲン・ビートルです)のパトカーが出てきました~。深緑色でなんとも言えず牧歌的。これに追いかけられてもあんまし怖くないかも・・・と不謹慎なことを思ってしまいました。「VW Käfer」「Polizeiauto(警察車両)」の2語で検索してみたら、下の2つがヒットしました。写真をご覧になってみてくださいね。ほのぼのすること間違いナシ。

ビートルのパトカー ヘッセン州で使用されたパトカーのようです。残念ながら製造年などが見当たらないのですが、「その2」と同じころのものでしょうか。ドラマで出てきたのは、まさしくコレ!ね、カワイイでしょ。

ビートルのパトカー その2 1976年から1987年までミュンヘンで使われたパトカーみたいですよ。ツートンカラーがお洒落。ミニカーみたい。ちょっと欲しいかも。

BMWの古いパトカー 1961年製のBMW のようですね。なんだかほのぼの。これでドイツの平原を走ったら気持ちいいでしょうね。

******************************

 今日の午後、東京地方は激しい雷雨に見舞われました・・・。前回、雷でパソコンがブチ切れて焦った私は学習し、雷が激しくなったところでパソコンを消しました。その直後に近所で「バリバリドッカーーーン!どんなべった~!」(←樅の木さまが以前ブログに書いていらっしゃいましたDonnerwetter!ですね)あ~危ないところだった。

|
|

« 明治時代の辞書 その4 音楽関係&キリスト教関係 | トップページ | 間違えました、Föhnでした m(_ _)m »

「ドイツのモノ」カテゴリの記事

コメント

か、かわいい… ぜんぜんパトカーに見えませんね☆
見つけたらゼッタイ写真撮っちゃいますね!

投稿: すー | 2007年7月30日 (月) 08時43分

★すーさん

コメントありがとうございます~♪ 写真をクリックしてくださったんですね、ありがとうございます。かわいっしょ。(って、私の車ではないのですが・・・)本物の車というより、チョロQのように思えちゃう。雷は止みましたね。でもまたいつ雷雲がやってくるか・・・今年の夏はヘンですね。

投稿: ありちゅん | 2007年7月30日 (月) 13時51分

 vwもよいけれどBMWがよいですなー。
 メッサーシュミットがタンデムの三輪の自動車を造ってましたね。それに似てますね。
 まあ、自動車と言うよりバイクの様ではありますが。
 お忙しそうですね。
 今年の尚休プレゼンツは、念願の屋形船で納涼&暑気払いであります。
 お暇な時にでも、自ブログに遊びに来てください。詳細告知しております。

投稿: 尚休 | 2007年7月31日 (火) 20時42分

 vwもよいけれどBMWがよいですなー。
 メッサーシュミットがタンデムの三輪の自動車を造ってましたね。それに似てますね。
 まあ、自動車と言うよりバイクの様ではありますが。
 お忙しそうですね。
 今年の尚休プレゼンツは、念願の屋形船で納涼&暑気払いであります。
 お暇な時にでも、自ブログに遊びに来てください。詳細告知しております。

投稿: 尚休 | 2007年7月31日 (火) 20時43分

御免なさい、二度押ししてしまいました。

投稿: 尚休 | 2007年7月31日 (火) 20時44分

★尚休さん

わ~ご無沙汰しております。お元気でいらっしゃいますか?コメントをありがとうございました。お礼が遅くなってしまってすみません。なんだか毎日バタバタしておりまして、すっかり遅くなってしまいました。飛行機などに疎い私でもメッサーシュミットは知っていたのですが、車を作っていたなんて存じませんでした・・・!

http://www.visualfilm.de/willibusch.htm

適当に検索して見つけたのですが、コレ↑でしょうか?おもちゃみたいでかわいいですね。

ブログでご紹介したBMWも牧歌的で素敵ですよね。デザインと色合いが素敵。それにドイツ製だけあって、頑丈そう。のんびりした時代だったんだろうな~などと想像しております。

今年の尚休さんプレゼンツは屋形船・・・?最近屋形船が大人気ということは聞いたのですが、まだ乗ったことがありません。楽しそうですね。後ほどブログにもお邪魔いたします。このたびはコメントありがとうございました♪ 今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪♪

投稿: ありちゅん | 2007年8月 1日 (水) 22時24分

遅いコメントですみません。

84年にドイツに来て、その翌年に教習所 (Fahrschule) に通って車の免許を取ったのですが、無事免許を取得して初めて買った車、すなわち生まれて初めて乗った車が VW Käfer だったんです。タイプは「ビートルのパトカー その2」の方のやつで、「水色」でした。新聞広告で探したのですが、値段は 1500 DM だったかなぁ・・・。

もう何度も壊れましてね。エンジンは空冷なのでうるさいし、パワーはないし、暖房のシステムもひどく旧式で、アクセルの踏み具合で変化するエンジンの回転数と、暖かい空気の噴出する量とが比例するんです。つまりアクセルを踏むと暖かい空気も沢山出て来るし、信号待ちなどでアクセルを離していると少ししか出ないのですね。これでは「常に適温に」調整することが出来ません。

しかも冬に利かなくなって修理したかと思うと、今度は夏の暑い日だというのに止まらなくなったりと、とにかく散々泣かされた車です。最後はアウトバーンでエンジンが完全に壊れてストップし、そのままおシャカになりました。

87年頃まで使われていたパトカーとのことですが、確かにその頃に Käfer は徐々に姿を消して行ったように思います。でも愛嬌のある車でしたね。スクラップ場で決別する時には、可哀想な気がしたぐらいです。

61年の BMW のパトカー、「Bundespolizei」でなく「Landespolizei」って書いてありますね。今 Polizei の車のナンバープレートは最初が「BP」で始まることが多いですが、これは「Bundespolizei」ってことですよね。「LB」っていうのはあったかなぁ・・・。

Landespolizei は やはり Bundespolizei の配下の Polizei なんでしょうかね。そんなにいろいろあるなんて考えたことなかったんですが・・・。

投稿: 仁 | 2007年8月 2日 (木) 05時46分

★仁さん

こんにちは~。いつもご丁寧なコメントありがとうございます。ビートルにお乗りだったんですね。仲がよかった友人(日本人です)がちょうど同じころ乗っていました、東京で。エンジン音が独特ですよね。バタバタバタバタ・・・・という音。ボロクソワーゲンと悪口を言われたりもしていましたが、とにかく姿が愛らしくて人気者でしたよね。新型ビートルも可愛らしいですが、やっぱり昔のも素敵。そうそう、かなり昔ですが親戚が水色を持っていました。

ところで大昔、ドイツのカーアクションドラマを訳していたのですが(Alarm fuer Cobra 11といいます。今でもRTLでやっているのではないでしょうか)そこによくLKA(Landeskriminalamt)とBKA(Bundeskriminalamt)というのが出てきました。日本の県警と警察庁みたいな関係かな、と勝手に解釈していたのですが・・・前者が州刑事庁で後者が連邦刑事庁と訳したような記憶が・・・もう忘却の彼方ですが。麻薬捜査とか、複数の州にまたがる事件の場合はBKAが出てきて、局地的な事件ならLKAが担当したような・・・違うのでしょうか?よく分からないのですが・・・。

投稿: ありちゅん | 2007年8月 2日 (木) 16時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治時代の辞書 その4 音楽関係&キリスト教関係 | トップページ | 間違えました、Föhnでした m(_ _)m »