« hamstern (買い占める、買い出しに行く)の語源が知りたい! | トップページ | Thomasevangelium (トマスによる福音書) »

2007年8月31日 (金)

Hamster の語源はスラブ系言語だったらしい・・・!

 毎度ハムスターの話題ばかりで失礼いたします。初めて当ブログに来てくださいました方、よろしければハムスター記事 その1ハムスター記事 その2をご覧になってみてくださいね。「ほお袋を持つげっ歯類」が先か、「買いだめ/買い出し」が先かを調べているうちに、ハマってしまいました・・・アホな奴だと思われそう。

 いつもお世話になっている「おそるべきアマチュア」様が検索してくださいました。Etymologie (語源学)のサイト
これによりますと、Hamster はスラブ系言語(ロシア語)由来だとのこと。むむっ スラブ?そう来たか!確かにハムスターってロボロフスキーにしてもしかり、ジャンガリアンにしてもしかり、あっち出身が多いのです。カザフスタンとかシベリアとかモンゴルとか。ナルホド。

 某所でグリム兄弟が編纂した辞書を調べていらした方がいたので、「おお、その手があったか!」と思い、私もネットで検索してみたところ・・・(Nさん、ありがとうございます)

Deutsches Woerterbuch von Jacob und Wilhelm Grimm =Hamster=

 長いので一部だけ。19世紀末から編纂が始まった有名な辞書です。これによると、古いスラブ系の言語 chomĕstar からの借用じゃないか、とありました。やっぱりスラブ系の言葉であったか・・・!なお、この辞典には“borstig wie ein hamster (ハムスターのように怒りっぽい)” “gierig, gefräszig wie ein hamster sein(ハムスターのように欲張りで食いしん坊)”というように使う、という説明も。だけど「買い出し」とか「買いだめ」といった意味は見当たりませんでした。

そして20世紀。1935年に出版されたBrockhaus の独独辞典では、Hamster も hamstern も載っています。ご参考までに:
Hamster:1) ein Nagetier mit Backentaschen: Sinnbild fuer Zusammentragen, Sammeln und Vielfresserei 2) Kornwurm
hamstern:ich hamstere → speichere auf, suche (Lebensmittel oder Geld) einzuheimsen
(Hamster:1)ほお袋を持つげっ歯類。収集したり、ため込んだりする行為や大食いを象徴する言葉 2)穀物につく虫
hamstern:ため込む、(食糧や金を)手に入れようとする

 私の勝手な想像ですが、グリムの辞書が編纂され始めた19世紀の末から1935年までの間に hamstern という言葉が Hamster から派生したんだろうな~と思います。第一次大戦後のインフレの頃かしら・・・?値上がりする前に買っとけ!ということで買いだめしたでしょうから。

********************************

  話は前後しますが、スラブの言葉 chomĕstar がドイツで Hamster になり、この形で英語圏にも伝わったのではないかと思って検索してみたら・・・あった、あった。

Etymology Dictionary =Hamster= 

これ↑によると、1607年に、中高ドイツ語の hamstra から来たとのこと。そしてこのhamstra はロシア語のchomiak とリトアニア語の staras が合わさった chomestoru から来たのかも、と。

コチラのサイトによりますと、1607年に「ドイツのネズミ」ということで、このHamster という言葉が初めて登場したとあります。引用させていただきますね。
Hamster turns up first in English in 1607 as a new name for what had been called the German rat. The name comes from German Hamster, in Middle High German hamastra, which probably was borrowed from Old Church Slavonic chomestoru "hamster" -- the animal is native to southeastern Europe. The Slavic word is perhaps a blend of Russian chomiak and Lithuanian staras, both meaning "hamster."

*****************************************

 たかがハムスター、されどハムスター。私ったら一人で何やってるんでしょう・・・。アホな奴だと思われてしまいますよね、きっと。昨日今日と仕事もなく、のんびりしながら過ごしました。mit Nickerchen♪ 明日からまたお仕事に入ります。秋は映画祭シーズンでワクワクドキドキ♪

|
|

« hamstern (買い占める、買い出しに行く)の語源が知りたい! | トップページ | Thomasevangelium (トマスによる福音書) »

「ドイツ史がらみのこと」カテゴリの記事

「ドイツ語」カテゴリの記事

コメント

おほほ。嵌まりましたね。
でも、楽しんで勉強になりました。
ハムストリングは、関係ないですよね。

投稿: 尚休 | 2007年9月 1日 (土) 20時50分

☆尚休さん

こんにちは~。昨日はコメントをありがとうございました。急に涼しくなって、なんだか変ですね。あれだけ暑かったのがウソのよう・・・。

ハムスター話、大変失礼いたしました。一人で盛り上がってバカみたいですね。でも、どのサイトを見ても「(ドイツやベルギーに生息するハムスターは)気が荒くてペットには不向き」といった記述が書いてあるのです。記事でご紹介した、グリム兄弟が編纂した辞書にも「怒りっぽい動物」みたいな説明が載ってまして・・・。いったい、どんなハムスターなのか逆に興味があります。日本でメジャーなハムたちはどれもおとなしいですもんね。

ハムストリングって何か分からなかったので、思わず検索してしまいました~。太ももの裏側の筋肉なんですね。検索で出てきた説明を読んでたら肉離れを起こしそうになりました・・・

投稿: ありちゅん | 2007年9月 2日 (日) 18時57分

知的好奇心の旺盛な方、大好きです!
特に重箱の隅をつつくような、ある意味一般の方からは「そんなことどーでもいいじゃない」と思われるようなことに熱意を燃やす方が大好きです(失礼)、よーく理解できます。(そんな方はジャンルを問わず意気投合できそうです。)

また、ドイツ、ドイツ語についてお尋ねすることがあると思いますので、その時はよろしくお願い申し上げます。

投稿: バンケン | 2007年9月 3日 (月) 01時43分

☆バンケンさん

コメントありがとうございます。で、お怪我は大丈夫でしょうか…?

ハムスターに一人でハマってしまい、一人で騒いでいたようでなんだか恥ずかしくなっていたところでしたので、コメントいただけて嬉しかったです。ありがとうございます。

言葉ってその国の歴史や文化を反映していますよね。「ハムスター」という言葉をちょっと調べただけでも、ドイツにはでっかいハムスターがいて、農作物を荒らしていたこととか、穀物を食い荒らす昆虫という意味もあるとか、様々なハムが棲んでいるスラブ地方の言葉からの借用らしいこととか、ほお袋に「これでもか、これでもか」と詰め込む仕草から「買いだめ」という言葉が生まれたとか、そういった昔のドイツの様子が垣間見られますもんね。たった一語にこれだけの情報が詰まっているわけですから、言葉って本当に魅力的だと私は思ってしまいます。

バンケンさんのお陰で楽しませていただきました。ありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします♪

投稿: ありちゅん | 2007年9月 3日 (月) 07時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« hamstern (買い占める、買い出しに行く)の語源が知りたい! | トップページ | Thomasevangelium (トマスによる福音書) »